やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

≫ EDIT

出演者紹介⑦~室内合奏団THE STRINGS

5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のリリースを記念して
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。
コンサートまであと4日となりました!
リハーサルにも熱が入っております!素敵な時間をお送りいたしますので、是非お越しくださいね!

ブログでは、コンサートの予告編として、ミュージシャンのプロフィールを順番にご紹介していこうと思います。
7組目はこの方々(*^^)

室内合奏団 THE STRINGS より/ストリングス
第一バイオリン:森菜月
第二バイオリン:串田えがく
ビオラ:白石雅也
チェロ:森左介
THE STRINGS 森菜月 串田えがく 白石雅也 森左介 - コピー

◆THE STRINGS Profile
特定非営利活動法人 室内合奏団THE STRINGS(オーケストラ)

神戸初、特定非営利活動法人(NPO)の法人格を持つプロフェッショナルのオーケストラ常設団体。
楽団オリジナルの編曲ストックを持ち、小編成アンサンブルで活動している。
デュオから室内楽、またオーケストラまでスイッチする室内合奏団。

2007年チェロ奏者の柳田耕治をミュージックアドヴァイザーに招聘、また指揮の小田野宏之、デイヴィッド・ハウエル、佐藤俊太郎、有田正広各氏のほか、著名なアーティストとの共演で幅広い音楽性と視野を学ぶ。
音程と和声そして様式感を重んじ均衡ある調和を作り出すそのアンサンブルはバロック音楽を中心に古典から現代音楽、 映画音楽、ポピュラー音楽と幅広く、バロック奏法とその楽曲解釈、通ずる現代奏法までの啓蒙を目標としている。
楽団結成からミッションとして行ってきた老人ホーム訪問公演は600施設になる。
主催公演、依頼演奏、運営から公演までを全て団員で行う新感覚の合奏団。
2015年、古楽器を使用したバロック音楽専門の演奏団体「THE STRINGS Baroque Bande」を結成し、専門演奏家を招聘し活動を展開している。

★THE STRINGS ホームページはコチラ


昨年のアルバム『夜が明けるよ』収録の表題曲「夜が明けるよ」のレコーディングで、サウンドプロデューサー・ミムラシンゴさんが弦楽器・管楽器のパートの演奏を依頼されたのが、室内合奏団THE STRINGSでした。

オーケストラのような、大編成でレコーディングをすること―
それはわたしの憧れであり、長年の夢のひとつでした。
ただ、時間的にも金銭的にも、余程の余裕がない限り、弦楽器の生演奏に依頼なんてできません。
昨年のレコーディングの際にも、もちろん打ちこみでやるものだとミムラさんも含めた周囲の人は予想していたようですが
いやいや
ここでやらなかったら、ずっとできないだろうし。

それに、前にブログに書きましたが
わたしはもう
「待てない」
のです。
夢なんて、誰かに叶えてもらうもんじゃないのです40代。
今やらなくて、いつやるのか!
自分がやらなくて、誰がやるのか!

ということで、お越しいただいたのが、森左介さんを代表とするTHE STRINGSさんでした。
前にライナーノーツでも書きましたが、何度も何度も同じフレーズを弾いていただいて収録し、それを重ねて、大編成のような雰囲気を創り上げてくださったのです。
ここは長時間録音に携わってくださった弦・管楽器の奏者の皆さんだけでなく、、ミムラさんも、そしてエンジニアの三輪さんも、とっても大変だったと思いますし、作業的には最も苦労をかけたかもしれません。

そして完成したのが「夜が明けるよ」という曲でした。
自分が作曲した時のイメージを遥かに超える、素晴らしい出来上がりだったと感じています。


ただ―
アルバム全体を振り返っても、これはコンサートでは再現できないだろうということは、わかっていました。
こんな大編成のコンサート
まず、会場がある程度広くないと難しいし
それこそ予算的にも、時間的にも
無理無理無理無理
無理…
いや
ほんとうに無理なのか?

ミックスダウンやマスタリングといった、CDにするための作業をしていたスタジオで
「夜が明けるよ」を聞き直していたら
このままコンサートをあきらめて終わるのが
とても惜しくて
もったいなくて
もうやるしかないと思い、ストリングスの皆さんにも参加していただくコンサートを企画してしまった、というわけでした。
残念なのは、レコーディングの全てのパートの参加はさすがに無理だったという点ですが…


コンサート開催を決めた後、THE STRINGSの森さんは快諾してくださって、宣伝にも多大なる協力をしていただきました。
レコーディングのとき、演奏の合間にボーカルパートを唄っておどけていた森さん
歌を気に入ってくださったんだな、と勝手に感じてうれしくなり
これで終わりなんてさみしい、という内容のつぶやきを見て、これまた勝手にうれしくなり
それらが今回の依頼の背中を押してくれたとも言えます。


リハーサル中
生の弦楽四重奏を一番前で聞かせていただきながら、唄いました。
ほんとうに美しい音色に感動。
そして、せっかく作ったにも関わらず、長らく人前で演奏することすらできなかった過去のオリジナル曲たちも、新しく生まれ変わって皆さんにお届けできます。
この日を迎えるために、曲たちもずっと待ってくれていたんだなあ、と思うと、胸が熱くなります。

本番はまだだけど
今はただただ
しあわせです。



★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-02-01 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

出演者紹介⑥~後藤英見さん

5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のリリースを記念して
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。
ブログでは、コンサートの予告編として、ミュージシャンのプロフィールを順番にご紹介していこうと思います。
6人目はこの方(*^^)


後藤英見/キーボード
Keyboards 後藤 英見 - コピー
◆Profile
キーボーディスト

4歳からクラシックピアノ、6歳から作曲を始める。
14歳の頃エレクトロニックダンスミュージックに衝撃を受け、シンセサイザーやプログラミングに興味を持つ。

音楽大学在学中より演奏活動を始め、TV ・AM/FMラジオなどに多数出演。
卒業後は音楽スクール講師や音源制作なども始める。

1999年ユニット"DEEP7"のセルフプロデュースによるミニアルバム「Wild Life」をリリース。
2002年頃から主にベルリンなどへ度々渡欧しテクノミュージックの影響を受け始める。
2006年から"A Hundred Birds Orchestra"に加入。
2011年より音楽事務所"桃山社中 MUSIC CREATIVE"に所属
キーボードプレーヤーとしてもSoul,Black,RnB,JazzFunk,SoothJazz,Gospel,Houseなどをはじめ様々なジャンルのアーティストのサポート・レコーディング・セッションなどで国内外の活動を続け現在に至る。

★後藤英見 インスタグラムはコチラ


昨年のアルバム『夜が明けるよ』のレコーディングで、サウンドプロデューサー・ミムラシンゴさんがキーボード奏者として依頼されたのが後藤さんです。
ただ、その時は作業内容とスケジュール等の都合で、後藤さんとはスタジオでお会いすることが叶いませんでした。
今回のコンサートリハーサルの際に、遅ればせながら初顔合わせとなりました。

かわいらしい雰囲気だったので、結構年下なのかなあと思っていましたが、ばっちり同年代!一気に親しみが湧きました(笑)
さらに、初めてのリハーサル後、こんなブログ(★コチラ)を書いてくださったのでした。

本文より
-------------------------------------------------
たまたまある曲の背景を事前に知り衝撃を受け、その曲を先日リハーサルで耳に入ってきた時、泣きそうで泣きそうで顔を紅潮させながら堪えていました。リハなので同じ曲を2回続けて演奏したのですが、2回ともそんな感じ。リハ後もずっと胸がいっぱいでした。
-------------------------------------------------
読んだ時は、あまりにもうれしくて飛び跳ねてしまいました。
後藤さんのように素晴らしいミュージシャンに、こんなふうに言われるなんて、光栄過ぎて悶絶です。

11252015_729055293869833_8764087666251811763_o.jpg
わたし自身、初共演なので、めちゃくちゃ楽しみでリハーサルに臨んでいます♪




★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ


後藤さんのキーボードが聞けるMV「タロー」



こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-01-30 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

出演者紹介⑤~古賀和憲さん

5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のリリースを記念して
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。
ブログでは、コンサートの予告編として、ミュージシャンのプロフィールを順番にご紹介していこうと思います。
5人目はこの方(*^^)


古賀和憲/ギター
koga - コピー
◆Profile
ギタリスト
兵庫県出身。
15歳の時、ギターを手にする。スティービー・レイヴォーン、ラリー・カールトン、デビット・T・ウォーカー、ジョージ・ベンソン、スティーブ・ルカサー等に影響を受ける。

音楽専門学校ギター科を特待生で卒業。
その後、ギタリスト岸本耕誌氏に師事。

20歳よりプロ活動を開始。数多くのセッション、レコーディング、撮影、歌手のバックバンド等に参加。
スタジオミュージシャン、セッションミュージシャンとして、メジャー、インディーズのアーティストのLIVEサポート、レコーディング、テレビ出演等、多数参加。

2013年5月、ロサンゼルス在住のシンガーソングライターJeanne Newhallの20枚目のアルバム「SKY」のレコーディングメンバーに招集、抜擢され、渡米。
ベースの神様、Abraham Laboriel、ドラム、パーカッションWalter Rodriguezらと全曲に渡り収録に参加。
また、同メンバーと共にロサンゼルスのジャズクラブ「Catalina Bar & Grill」に出演。
2014年、2015年と3年連続、ロサンゼルスに招集され、Jeanne NewhallとのDuoによるアメリカ西海岸LIVEツアーを成功させる。

また、CM、ドラマ、有線放送などのスタジオワーク、アレンジ等の活動も。

R&B、Soul、Jazz、Bossa、Latin、Fusion、Funk、Blues、Rock、Pops、シャンソン、昭和歌謡、演歌など、幅広いジャンル、フィールドのミュージシャンと共演。

ギターインストラクターとしてのキャリアは15年以上。
音楽専門学校、音楽教室GT科で後進の育成にも力をそそいでいる。

★古賀和憲 オフィシャルサイトはコチラ


ピアニストの大山りほちゃん同様、音楽スタジオのエンジニアさんから、素晴らしいギタリストがいるよ、と前々からお名前は聞いていたのが古賀さん。
とにかく大人気で、お仕事の依頼はうーんと早めに出さないとスケジュールを押さえられない、引っ張りだこのプレーヤーです。

わたしとは、昨年のアルバム『夜が明けるよ』のレコーディングに参加していただいたことで、初めて共演することができました。
サウンドプロデューサー・ミムラシンゴさんの要望に応えるため、凄まじい集中力と超絶技巧で、演奏に臨んでくださったのでした。
今作はギターが全体の要になる曲が多く、素晴らしい音をたくさん残してくださいました。
12795261_971043812990425_481351727405715338_n.jpg


私生活ではとても子煩悩なパパさんのようで、Facebookにはしばしば微笑ましい息子さんとの時間が投稿されています。
その“パパ”のイメージと、演奏されているときの雰囲気から、貫禄のある人、という印象を持っていますが、実際はわたしよりずっと歳はお若いのでした…(笑)。確かに、時折見せる笑顔は、とてもお茶目です。





★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-01-27 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

出演者紹介④~大山りほさん

5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のリリースを記念して
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。
ブログでは、コンサートの予告編として、ミュージシャンのプロフィールを順番にご紹介していこうと思います。
4人目はこの方(*^^)


大山りほ/ピアノ
riho.jpg
◆Profile
ピアニスト
天理大学入学と同時に「天理大学ALSジャズ・オーケストラ」に加入。
ジャズ・ピアノ奏法及び作編曲法等を学びながら演奏活動開始。
卒業後は、ポップス、ジャズ、ラテンなど様々なバンドのライブ・レコーディングへ参加。
関西初のラテンセッションにてホストバンドを務める。

現在、多岐にわたるジャンルの音楽のライブ・レコーディングシーンで活躍する他、CMやアニメの楽曲提供、USENの作編曲録音を行うなど、精力的な活動を続けている。
安定感抜群の演奏や、キャッチーな作編曲能力が、関西の音楽業界にて高く評価されている。



りほちゃんとは、音楽スタジオのエンジニアさんの紹介で出会いました。
スタジオで、初めてわたしのオリジナル曲を弾いてもらったとき、あまりにも美しい音に衝撃を受けました。聞きながら、まるで、さわやかな風が吹いたように、心がすーっと癒されたことを覚えています。

楽器が弾けず、楽譜も読めないわたしの拙い要求を、全て完璧に理解してくれる勘の良さ
詩の世界を高い技術によって表現してくれる感性
そして、意外と80年代あたりの日本の歌ものポップスが好きなところ(笑) などなど
どこを取っても本当に素晴らしい、大好きなピアニストです。

スタジオではまるでゆるキャラのような、ほんわかした空気をかもし出し、誰とでも仲良くなれる明るい性格。
りほちゃんがいると、空間がほっこりして、リハなどもピリピリしなくなるので、そういうところもまた共演者から人気が高い理由のひとつでしょう。

『夜が明けるよ』のアルバム発売後は、全てのライブに同行してくれて
特にデュオ形式の演奏は、皆さまから大好評をいただくことができました。
15139278_688977384611386_424662692_n.jpg
今年もふたりでのライブを継続したいと考えていますが
そんなりほちゃんは大編成の演奏でも、さまざまな面で要となる存在なのです。




★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ


「線香花火」ピアノデュオバージョン



こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-01-26 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

出演者紹介③~池田安友子さん

5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のリリースを記念して
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。
ブログでは、コンサートの予告編として、ミュージシャンのプロフィールを順番にご紹介していこうと思います。
3人目はこの方(*^^)


池田安友子/パーカッション
Percussion 池田 安友子 - コピー
◆Profile
パーカッショニスト
大阪芸術大学演奏学科打楽器専攻卒業。
クラシックからアフリカン、ラテン、中国琵琶や津軽三味線、筝との共演など、ジャンルを問わない演奏スタイルで活動中。
また、様々なアーティストのレコーディングやサポート参加、ラジオドラマの音楽などのスタジオワーク、ミュージカル作品や海外公演にも多数参加。
また小・中・高校のクラブ指導やクリニック、学校公演も積極的に行う。
クラシックパーカッションを奥村隆雄、細田真平の両氏に、コンガ・ジェンベを横沢道治氏に師事。
パーカッションパフォーマンス「Beat JACK」、ラテンバンド「Diez Puntos」、雑食性ブラスバンド「三田村管打団」メンバー

★池田安友子 オフィシャルサイトはコチラ


安友子さんは、今回の共演者の中で最も古いお付き合いになります。
10年ほど前からライブでの演奏を何度かお願いし、2009年発売のアルバム『願い』や、2013年発売の『春の雪』の収録曲でもレコーディングに参加していただいています。
ayuko - コピー

共演者からの信頼が絶大で、すごく人気があるプレーヤーなので、ライブ等の演奏をお願いするときは取り合い状態(笑)
曲の本質をつかみ、風景を描くかのように音を選んでくださる演奏スタイル、わたしも大ファンです。

演奏中の表情がとても素敵な安友子さんですが、ステージを降りても全く変わらない印象の人だとわたしは感じます。
いつもニコニコと音楽への愛にあふれ、真摯に演奏に向き合い、周囲の共演者への細やかな気づかいを忘れない、素敵な女性なのです。


★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-01-24 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

出演者紹介②~北航平さん

5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のリリースを記念して
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。
ブログでは、コンサートの予告編として、ミュージシャンのプロフィールを順番にご紹介していこうと思います。
2人目はこの方(*^^)

北航平/ドラム
Drums & Percussion 北 航平 - コピー
◆Profile
打楽器奏者/アーティスト/作曲家
音楽学校を首席で卒業後、関西を中心に様々なセッション、レコーディング、ツアーなどに携わる。
拠点を東京に移し、ドラマー・パーカッショニストとして多数のアーティストと共演した後、活動の中心を音楽制作に移行。
音楽制作においては、ナチュラルでアンビエント系な癒しのメロディと、斬新でキレのあるエレクトロニカ系のリズムの対比が特徴。

2012年末に京都に戻り、音楽制作会社studio guzli【スタジオグズリ】を設立し、ワールドビジョンジャパン・プロアクティブ・フジ医療器・シュウウエムラスペシャルコンテンツなどを始め様々なCM音楽やドキュメンタリー番組の音楽、前衛系舞台の音楽やアプリ開発の音響効果、京都市と造形芸術大学の共催アートイベントのBGMなど幅広く手掛け、放送業界最高の栄誉と言われる第51回ギャラクシー賞CM部門選奨受賞作品の音楽も担当。

また、studio guzli【スタジオグズリ】では、「アーティスティックで斬新、おしゃれなロイヤリティーフリーの音楽素材(BGM・効果音など)」をダウンロード販売するオンラインショップ BGM・著作権フリー音楽ダウンロードサイト studio guzli【スタジオグズリ】も運営し、映像制作、キャラクターイラスト、ショッピングサイトのデザイン、プログラミングに至るまで全般に携わり、制作楽曲は700曲近くにのぼる。

2015年、世界デビュー盤となる1stアルバム『endless cycle of rebirth』、2016年、2ndアルバム『akashic records』が、多種多様なリズムと個性に特化した作品を多く手掛ける「LANTERN」レーベル(NatureBliss)よりリリース。日本をはじめ、アメリカ、イギリス、ノルウェー、スペイン、ポルトガル、ドイツ、オランダ、イタリア、オーストラリア、アルゼンチン、チリ、アジア諸国など全世界10カ国以上で発売され各地で反響を呼ぶ。



上記のプロフィールはオフィシャルサイトから、一部引用させていただいたものです。
アーティストとして世界的に活躍され、くるりの岸田繁さんを始め(※参考記事はコチラ)ミュージシャンからも高い評価を得ておられる北さん。
そんな素敵なアーティストさんが、やなせななのアルバム『夜が明けるよ』のレコーディング、そして発売記念のコンサートで演奏してくださったご縁は、サウンドプロデューサー・ミムラシンゴさんの学友だったからです。
同じ音楽学校に学び、共に練習をして技を磨き合い、青春時代を共に過ごしたとのこと、いわば盟友だったのですね。

というわけで、北さんもわたしと同年代です。
1976年生まれ、京都市出身。人当たりのやわらかい、温和な人です。
スタジオでは常にミムラさんと意思確認をして、お互いに信頼し合っていることがわかります。
レコーディングの際には、ミムラさんの頭の中にある「これ」という音を出すために、何時間も根気よく、ねばり強く演奏し続けてくださった姿が忘れられません。

リハーサル中の1枚↓
1485012351195.jpg

1485012341415.jpg


★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ

北さんのドラムが聞けるMV「タロー」↓




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-01-22 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

出演者紹介①~ミムラシンゴさん

5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のリリースを記念して
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。

このコンサートは、やなせななのソロ公演で、基本的にはわたしのオリジナル曲を、アルバム『夜が明けるよ』収録曲を中心に演奏する予定です。
ミュージシャンの編成は
ドラム、パーカッション、ベース、ギター、ピアノ、キーボードのバンド6名に
バイオリン、ビオラ、チェロのストリングス4名
そしてゲストにアコーディオンとコントラバス、もう一人のバイオリンという3名をお迎えし
合計13名。
このブログでは、コンサートの予告編として、ミュージシャンのプロフィールを順番にご紹介していこうと思います(*^^)v

ミムラシンゴ/音楽監督、編曲、ベース
mimura.jpg
◆Profile
作曲家/編曲家/サウンドクリエイター
音楽専門学校を特待生で卒業。
舞台、遊戯機器、ゲーム、企業用PV等映像向けBGM、効果音多数制作
ノンバーバルパフォーマンス『Gear』楽曲制作
首都高山手トンネルLED点灯式楽曲制作
やなせなな5thアルバム『夜が明けるよ』サウンドプロデュース


ミムラさんは1975年生まれ、兵庫県のご出身です。
一昨年アルバム『夜が明けるよ』の制作に当たり、知人の知人の知人の知人という(笑)関係でご紹介いただき
アルバム収録12曲のうち、8曲のアレンジと、全体のサウンドプロデュースをしてくださいました。
今回はそのアルバムの発売記念ですので、コンサートでも企画段階から関わっていただいて、音楽の監督と、コンサート用のアレンジを担当してくださる他、当日はベーシストとして演奏に参加されます。

わたしと同い年のミムラさんは、静かでやさしく、おおらかな雰囲気の人です。
すぐに感情的になるわたしとは全く対照的で、常に冷静に、じっくり時間をかけて物事に取り組むタイプ。
きちんとまとめ、それを改めて俯瞰し、順番に積み上げてゆくような物づくりの姿勢は、今回のレコーディング現場で、これまでになかったような素晴らしい作品を生み出す礎になりました。

でも、冷静と言っても、クールなわけではないのです。
とても熱い心を持っておられて、常に音楽に感動し、共に演奏したいと思うミュージシャンには、自分の足でその人のライブ会場へ赴いて依頼をされるほどの情熱です。

また、見た目も仕事ぶりも落ち着いているのですが、
実は話すとコテコテの関西弁を使うおもしろい人なので、クラスメイトのような錯覚にとらわれることもしばしばです。
気取らない性格も、皆さんに好かれる所以でしょう。


こちら↓は、昨年のレコーディング中の風景。
1459421453222.jpg


★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ



こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-01-18 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

やなせなな初のスペシャルなコンサート

新年明けましておめでとうございます。
旧年中はあたたかい応援をありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

…っていいつつ、もう17日!!!!
ほんとうにすみませんm(_ _)m
今年もこんな感じですが、お許しください。


今年は、2016年にリリースしたアルバム『夜が明けるよ』の発売を記念し
2月5日(日)に大阪でコンサートを開催いたします。
このブログでは、これからスペシャルコンサートについて予告編として、カテゴリーを“スペシャルコンサート”と題して、いろいろ書いていきます。
もう既にチケットをお買い上げの皆さまは、わくわくしていただければ幸いですし
そして、まだチケットをお求めでない方々には、ぜひお越しいただきたいと思っています(^人^)


このコンサートを企画したのは、わたし本人です。
デビューからこれまで、自分で企画・運営をするライブは何度か開催してきました。
規模も様々で、20~30名のカフェライブから、100~400人という小ホール公演まで。

今回も5枚目のアルバムを発売するに当たり、各地でのリリース記念ライブを計画しましたが、
どこかのタイミングでホール公演をしたいなと考えるようになりました。
いろいろ検討し、やはり地元・関西での開催が良いだろうと、アレンジャーのミムラシンゴさんと共に会場のリサーチを始めたのは、アルバム発売のずっと前、4月頃だったと記憶しています。アルバムのミックスダウンという作業をしているスタジオで、話し合いが始まりました。

最初は、過去に実績のある300名ほどのホールを検討していましたが
これがなかなか。
適切なキャパのホールが見つからないのです。

どうしようか…と悩んでいる中、ミムラさんが大阪のホールの諸条件を一覧表にしてまとめてくださいました。
それを見て考えた結果、半ば勢いに任せて、クレオ大阪中央大ホールでのコンサートを決定したのです。

1000人もの人を収容できる場所で
できる限りレコーディングのイメージに近い大編成でのコンサートを
だなんて
それは正直なところ、わたしの現在の実力や知名度では無謀とも言える挑戦です。
やめておこうか、と何度も躊躇しました。

でも
40歳を過ぎてから思うようになったのは
もう「待てない」ということ。

夢を見たら、夢として終わらせずに、叶えるために動くしかないし、
そのためには、自分がやらずに誰がやるのか、という気持ちで
がむしゃらにがんばるしかありません。

いつか大ホールでコンサートを…と思いながら
誰かを、何かを待ち続けて
結局できずに死んでしまうのは嫌だ(笑)



ということで
集客に何の当てもないのに開催を決定し
一体これでどうするのかという会計案を見つめながら
ギリギリカツカツの運営がスタート(笑)


選曲は、まず新しいアルバム『夜が明けるよ』から
そして、これまでに発表した作品の中から、お客さまの人気の高いものをチョイスし
新しいアレンジを施して演奏することにしました。
アルバムのサウンドプロデューサーであるミムラさんに引き続き音楽面の監督をお願いし
アレンジを返していただいたときは
イメージが頭の中に広がって、胸が熱くなりました。


実際の運営には、いろいろな問題が生まれますが
ミムラさんを始めとする出演ミュージシャンの方々のご厚意や
長年活動を共にしてきた音響スタッフ
新たにチームに加わってくださった照明スタッフ
舞台裏を支えてくれるスタッフ
集客に協力してくださった多くの人々
地元の人や檀家さん
すごく遠方からチケットを買ってくださった人々
などなど
それはそれはたくさんの人の想いに支えられています。

お越しくださった方々には
必ず「来て良かったな」と思っていただける自信があります。

どんなステージにも言えることですが―
これが最初で最後になるかもしれないし

今のわたしの全てを注いで作るステージにしたいと思っています。


★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| スペシャルコンサート | 2017-01-17 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年もありがとうございました。

早いもので、2016年も終わりに近づいてきました。
お休みの方も、そうでない方も
皆さま、どうぞ良き年末をお過ごしください。


今年を振り返りますと、やなせななにとってはアルバム制作に始まり
アルバムリリースに終わった
そんな一年でした。

多忙だった数年間がひと段し
2015年に制作したものを、ようやく形にした今年は、あっと言う間でした。
こんなにも一年が短く感じられたのは、人生の中でも今年が初めてです。

制作も、販売も、一生懸命取り組みましたが
いろいろなことがありました。

信頼していたスタッフとの認識の違いと別れ
思うように進まないライブ活動、伸びない売り上げ
全てを自分で行っているミュージシャンとして、突き付けられた現実と課題の多さ
そんなつらいこと、苦しいこと

一方で
これまでの作品リリースの時とは明らかに違う手ごたえ
12年の重みと覚悟
届いているという実感と喜び

落ち込む気持ちと、前向きになる気持ちの間を、行ったり来たりの不安定な感情の中
それでもがんばれたのは
デビュー当時からずっと支えてくれているスタッフ
新たに一緒に音楽を作り出したミュージシャンたち
いつもわたしの音楽が好きだと言い続け、明るく支えてくれた家族
CD制作に携わってくれた皆さん
プロモーションに走り回ってくれた番組スタッフ
ていねいに取材をしてくださった記者さんたち
MV制作に協力してくれた企業の方々や役者さんたち
そして
何度でもライブに足を運んでくださるお客さま
ライブに行けなくても、遠くから応援してくださっている方々
わたしを信じてお仕事を依頼してくださった方々

そんな、皆さんのおかげでした。


わたしは思います。
何かしたいとき、絶対に自分一人で立ち向かってゆく覚悟が必要だと。
誰かが何かをしてくれるのを待つのではなく
誰かの何かを頼るのではなく
まずは、自分から動く。
たとえ、思い通りに行かず、自分一人になっても、動く。
その気概がなければダメだと。
その孤独な努力をし尽くした上で、やっと誰かの力を借りることができるのではないでしょうか。
そんなことを痛感した年でした。

これからも、まずは誰よりも自分が、「やなせなな」のためにがんばる姿勢を貫きたいと思います。
そして、たくさんの人の力をお借りして
決して何かに流されず
自分の信じることを続けたい。

同年代の人の死に触れた今年
あとどれだけ唄えるだろうか、と考えるときもありました。
だから
やりたいことはやる
全部やる
でも
子どもじゃないので夢ばかりを追わず
感謝を忘れず堅実に。

来年も、可能な限り、いろんなことに果敢にチャレンジしていきますので
応援よろしくお願いいたします。



2017年は、まずはアルバム『夜が明けるよ』リリースライブの集大成
スペシャルなコンサート開催が決定しております!!!
絶対良いものをお届けしますので、ぜひお越しください!!!

★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ
※チケットのご予約受付は、12月30日~1月3日までお休みです。



それでは、良いお年をお迎えください。




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| ごあいさつ | 2016-12-30 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライナーノーツ・番外編 印南敦史さん『遠い約束』

このところブログでは、8月24日にリリースした5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のセルフライナーノーツを書いて来ましたが
実はプロのライターさんにもライナーノーツを書いていただきました(★コチラ)。

執筆者は、印南敦史さん。
JxhSpkpy.jpg
****Profile**************************************************************
作家、ライター、編集者。
最新刊「遅読家のための読書術」(ダイヤモンド社)が発売1ヶ月で4刷3万部超。
書評家として「ライフハッカー[日本版]」「ニューズウィーク日本版」「Suzie」などに寄稿。
************************************************************************
対談形式のインタビューも掲載しておりますので、よろしければ是非読んでくださいね(*^^)v


そんな印南さんとの出会いは、9年前の2007年10月。
当時、ON Gen~USEN MUSIC SERVERというサイトでCD評“インナリコメン”を連載されていた印南さんが、わたしのアルバムを取り上げてくださったことがきっかけでした。

2006年に所属事務所を離れてひとりになったわたしは、初めてセルフプロデュースでアルバム『遠い約束』をリリースしました。
ちょうど子宮体がんの闘病中という苦しい時期ではありましたが、制作環境には恵まれており、今聞き直しても悔いのない作品を作ることができたと言えます。
しかし一方で、それを販売するための活動は全くうまくいかず、せっかく作ったアルバムはほとんど誰の耳にも届かない状況でした。

ひとりでも多くの人に聴いてもらいたいと願ってアクションを起こしましたが
当時は行く先々で結構ひどいことを言われたものです。
「そろそろ才能がない、ということに気付いた方がいいよ」
と言われて大笑いされたことや
「(CDは)善し悪しで言えば、まあ悪くはないけど、誰がこんなもの聞きたいと思う?」
と言って追い払われたことなどが、今でも忘れられない悔しい想い出です。

暗い、地味、わかりづらい、遅い(テンポが?)、眠くなる(退屈?)…etc
そんな言葉をぶつけられる日が続くと、自信はどんどんなくなり
シンガーソングライターなんて続けられないかも、と、次第に思いつめるようになりました。

そんな時です。
わたしもよく楽曲をダウンロードしていたOnGenという人気サイトの中で、わたしのアルバムを取り上げてくれている人を見つけました。誰かに頼んだわけではなく、否、頼む人すらもいなかった状況で、なぜOnGenに?!と、最初は信じられませんでした。
しかし文章を読み進めると、一度も会ったことがないライターさんなのに、表面だけを取り上げたのではなく、わたしの作品に深く心を傾けてくださっていることがわかる内容が書かれていたのです。

― 聞いてくれている人はちゃんと聞いてくれているんだ

確かな形で知ることができ、胸が熱くなりました。
つらい想いを味わった分だけ喜びも大きく、この先どんなに笑われても、歌をやめないでがんばろう、と決意できたのも、あのリコメンドとの出会いがあったからだと思います。
その意味では、印南さんはわたしの恩人とも言える存在です。

今はもうこのサイトがなくなり、あの時のCD評も読めなくなりましたが、
ちゃんとプリントアウトして残しておいたので、今ここでご紹介したいと思います。


『OnGen~USEN MUSIC SERVER』
「インナリコメン~印南敦史の選ぶオススメの1枚」より
2007/10/10

地味だけど心の深いところに入り込んでくる、
本当の意味での「いい音楽」

感じる前に、「これは、いいのか?(あるいは、いいと思わなくちゃ)」みたいなことを考えさせる音楽が、いつの間にか増えた気がする。
“悪い音楽”が蔓延しているということではないですよ。その証拠に、たいていの音楽は繰り返して聴けば好きになれたりするものだ。けど、それ以上食い込んでくるものが少なくなったというか。なんでもかんでも時代のせいにする気はないけど、行きすぎた時代の必然としてそういう傾向はある気がするわけです。
でも本当にいい音楽って、派手さのようなものとは無縁だったとしても、むしろ地味だったとしてもしっかり心に貼りついてくれるんですよね。やなせななさんの新作『遠い約束』を聴いた7月以来、ずっとそのことを考えている。おおたか静流さんとか村上ゆきさんのように、時流に流されることなく自分のスタンスで淡々と歩む人の音楽に惹かれる傾向が僕にはあるので、その影響だといえなくもないかもしれない。
だけどそれでも自信を持っていえるのは、心のひだにすっと入り込むような、それで気持ちを楽にさせてくれるような効果がこの人の音楽にはあるということだ。
この3ヶ月ほど、きついことがあったりしたときに何度も、このアルバムに助けられた。という表現は大げさかもしれないけど、少なくとも気持ちを落ち着かせることはできた。だから僕にとって、これは大切な作品。
あまり知られていない人かもしれない。事実、静寂を基盤とした音楽性と同じように、本人の立ちまわり方も決して派手なものではない。というより、はっきり地味。なにせ、ふだんは実家である浄土真宗のお寺で尼僧として働いているというのだから。学生のころ能に感化されて学び、舞台に立ったこともあるらしい。そして同じようなスタンスで、シンガー・ソングライターとしても活動している。おそらくこの人のなかでは、浄土真宗も能もシンガー・ソングライターとしてのスタンスも、同一線上にあるんじゃないかと思う。
とはいっても当然ながら、宗教的だったり不必要に日本の伝統を打ち出しているわけではないですぜ。そんなものだったら絶対におすすめしません。そうではなく、ひとりの生活者の視点から“ふつうの日常”を表現しているだけなのだ。だから響く。「シチュー」とか「さよなら夏休み」とか、タイトルからもそういったニュアンスはなんとなくわかるんじゃないかな。
たとえば彼女のあり方を端的に言い表しているのが、アルバムの最後の方にひっそりと収録されている「青空ピアノ」という曲。ここでは大切な人を失った男性の立場に立っているのだけれど、情景描写が淡々と進んで押しつけがましくないので、よけい心に残るのだ。
ピアノを軸として、必要に応じてギターやパーカッションが加わるミニマルな構成も、この人の表現にぴったり。寒くなっていくこれからの季節にも似合う、長く聴ける作品じゃないかな。疲れた夜とか、なにもしないでぼーっとしていたい休日とか、そういうシチュエーションにも最適なのではないでしょうか。
淡々としているからこそ、強烈なインパクトを投げかけてくる。その証拠に、聴き流していたとしても、いくつかの言葉が強烈に飛び込んでくる瞬間がある。つまり、確実に“なにか”を感じさせてくれる、地味ながらもすばらしい音楽。自信を持っておすすめできます。

印南敦史(Atsushi Innnami)
1962年東京出身。雑誌、ラジオなどで活躍中のエッセイスト/フリーライター/編集者/DJ。
音楽を中心としつつ、食からバカネタまでに広く精通。すべてのカテゴリーにおいてマニアックに暴走することなく、独自の語り口でわかりやすく伝えることを信条としている。最新刊は『音楽系で行こう!』(ロコモーション・パブリッシング)。その他、『あの日、ディスコが教えてくれた多くのこと』『ブラックミュージックこの一枚』(知恵の森文庫)など著作多数。
『TLTLe』(文芸春秋)『ラピタ』(小学館)『BRIO』(光文社)『モノ・マガジン』(ワールド・フォト・プレス)『月刊PLAYBOY』(集英社)など、多くの雑誌に執筆。TBSラジオ『ストリーム』出演中。

※2007年10月当時のプロフィール、原文ママ

img_album2l1.jpg


そんな『遠い約束』からの楽曲も、文中に取り上げていただいた「シチュー」を始め多数演奏する予定の
スペシャルなコンサート開催が決定しております!!!
ぜひお越しください!!!

★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ
※チケットのご予約受付は、12月30日~1月3日までお休みです。


当時のライブ映像↓





こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| ライナーノーツ | 2016-12-23 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT