やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セルフライナーノーツ・その12 星のパパへ


8月にリリースした5枚目のアルバム『夜が明けるよ』のセルフライナーノーツも、残すところあと2回
やっとここまで来ました。
12回目は、ある親子の姿を描いたこの歌です。


Tr.11 星のパパへ

この歌は、以前発売したアルバム『願い』に収録した、「さくら」「ありがとう。」という2つの曲の続編とも言える作品です。
「さくら」は“あなた”を亡くした“わたし”の心情を
「ありがとう。」は“君”を残して死んでゆく“僕”の心情を
相聞歌のように、対になっている曲として作りました。
わたし自身の実体験ではなく、友人夫婦をモデルにしています。

「星のパパへ」は、そんな“あなた”を亡くした“わたし”の10年後を描いています。
タイトルでも表現しているように、「パパ」という言葉で、ふたりだった関係性を「家族」へと変化させています。

きっかけは友人のSNSでした。
10歳になった息子が、亡くなったご主人の幼い頃に似ているということを、二つ並んだ写真で投稿していて
1つは息子さんの現在の写真
もう1つはご主人の子どもの頃の古い写真
それが同じポーズを取っていたのでした。

なぜかそれを見た時、涙が出ました。
なぜ泣いてしまったのかは、うまく言葉にできません。
ただ、亡くなったご主人のいのちが今も母子の間で生きていることを感じ
それと同時に、母子はお父さんを亡くしてからの日々を、ふたりぼっち、肩を寄せ合って必死で生きてきたんだなと感じ
―ふたりきりで生きているけれど三人で生きている
その相反する現実を、あたたかい歌で描きたくなったのでした。

イメージは紺色の星空
そこに、影絵のように浮かぶ親子の姿です。

アレンジは武藤良明さん。
ほんとうに星空を飛んでいるような素敵な編曲で、デモを聞いた時もまたちょっと泣きました。
これまた「春待つペンギン」に続き、スタジオのローズが大活躍。
シンプルですが、参加したプレーヤーのそれぞれの演奏が光る作品になりました。



そんな「星のパパへ」が収録されたアルバム『夜が明けるよ』
2016年のレコ発ツアーは
大阪(2回)、宮城(2回)、香川、北海道、東京、栃木と
全国8か所で開催し、無事終了しました。
各地ご来場下さった皆さま
ほんとうにありがとうございました(^人^)

来年2月には、その集大成とも言える、大ホール公演が決定しております。
レコーディングメンバーを中心とした13人の音楽家と共に送るコンサート。
ぜひお越しください。


★スペシャルコンサート特設ページはコチラ

夜が明けるよ~スペシャルコンサート
日時:2017年2月5日(日)
時間:開場/13:30 開演/14:30 終演予定/17:00
会場:クレオ大阪中央 大ホール(地下鉄谷町線夕陽ヶ丘駅1、2出口から徒歩3分)
〒543-0002 大阪市天王寺区上汐5丁目6-25 ☎06-6770-7200
料金:(全席指定)前売/3800円  当日/4000円
◆チケット購入方法
1・お電話での受付(9:00~18:00)
やなせななコンサート チケット受付/06-6734-4488
2・やなせなな ライブ・コンサートチケット販売ページより
こちら(←クリック)からどうぞ
※チケットのご予約受付は、12月30日~1月3日までお休みです。








こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| ライナーノーツ | 2016-12-19 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT