やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セルフライナーノーツ・その3 なないろの朝に

CD『夜が明けるよ』のセルフライナーノーツ。
3回目です。

Tr.2 なないろの朝に
創作は、よく出産にたとえられますが、曲づくりにも“難産”があります。
このうたは、まさにその難産。

当初、まったく違う歌詞とメロディを元に、推敲に推敲を重ね、一度は曲として仕上げたのですが
どうもイマイチだったため
全てを破棄し、リセットして作り直すことにしました。
なぜそうまでしなければならなかったのかというと
曲を作る時間帯に問題があったのです。

わたしは根っからの夜型人間です。
許されるものならば、昼12時に起きて、明け方4時~5時ころに寝る、という暮らしを送ることが理想。
なので、曲作りの重要な部分に取り組むのも、必ず深夜です。23時くらいから始めて、朝5時頃までがゴールデンタイム。
周囲はみんな寝ているので静かだし、集中できるんですよね。

というわけで、この歌も、深夜に制作していました。
朝、動き出す人々を描く、と決めていたので
朝・朝・朝…とイメージを抱いていたのですが
これがなかなか
自分の周囲は完全に夜なので、
実感を持って朝を描くことができなかったのです。

深夜にできたものを一度ボツにしたあと
朝起きて書いてみようか、と思い直し、
昼夜逆転を一生懸命矯正したところ
ある日の朝、6時に起きることができました。
目覚めもすっきり。

カーテンを開けると、その日は快晴で
青空に光がきらきら輝き、窓から見える山の木々が青々して見えました。
うわあ
と思ったとき、
この歌の最初のフレーズがぽん、と出ました。

おっ
いけるかも

そこからすぐ机に向かい
外の景色を見ながらAメロを歌詞と共に書きあげ
あとはゆっくり作ってゆきました。

あの「ぽん」と出る感じ
曲を作るときには重要なんですよね。
これが掴めれば、後はだいじょうぶ。
もう作るべきものが見えているので、ゆっくり追いかければよい、という感じの。


で、何を作りたかったかというと
これもまた、「夜が明けるよ」に続き、アルバムのテーマを1枚の絵にしているのです。

歌詞の意味がよくわからない
と言われることもありましたが
そうなんです、これは切れ切れの風景で、つながっていないのです。
いろんな 誰かの 朝。

娘を想うお母さんの朝
お母さんの大きな愛を当たり前だと思っている無邪気な娘
夢を失くしたサラリーマン
たいせつな人を失いつつも夢をかなえようと奮闘する喫茶店のマスター
病に倒れた子ども
見守る母親

唄っているわたしの朝
聞いている誰かの朝

いろんな想いが交差する中
それぞれの毎日を生きている、全く無関係の人々がいて

さみしかったり
かなしかったり
苦しかったり
それぞれの痛みがある

でも
よく見ると、そのバラバラの、それぞれの朝はつながっていて
誰かが誰かを想うことで
いのちは輝いてゆく。

たった一度しか巡ってこない「朝」
そのことに気づけば
記念日はいつだって「今」なんだ

とまあ
そんなような
お話です。


歌詞では
「なにかいいことあったらいいな」
と、それぞれが自分の幸せを願っていたんですけど、最後だけ
「君に いいことあったらいいな」
というふうに変わっていて

なんて言うんでしょうか
それが
生きる喜びが湧き上がる根底にあるのではないか、と思っていますと表現したかったのでした。


そしてサウンド面でのこだわりは
なんといっても
初共演した
スティールパンです!!!

スティールパン
ああ
その名前を呼ぶだけでうっとり。
そして
なんとしあわせな音色の楽器なのでしょうか。
おひさまのように明るく、
南国の風のようにやさしい。
長年ずっといっしょに演奏することを夢見ていました。

その点を含め、南国っぽく、ハワイアン的でもあり…
と勝手なイメージを、アレンジのミムラシンゴさんにばんばん伝えたところ
きらきらした朝の雰囲気で
ギターがクリアに鳴っていて
スティールパンもコロコロと響き
さらにコーラスまでもが入っているという

これ、素敵!
と一発で感じてしまうアレンジを返してくださったのでした。

ちなみに、デビューから12年、やなせななのオリジナル曲でコーラスの入ったものは
この歌が初めてなのです!
ずーっとひとりで唄って来たのでね…
上新友祐さんと堤沙織さんのコーラスにより、南国感と、ふわ~っとしたやわらかな広がりが出ました♪

そしてスティールパンは、関西を代表する名プレーヤー・村治進さんにお願いし
めでたく、わたしの夢は叶ったのです。

ちなみに上新さんも堤さんも村治さんも
みんな南国ラテン系!の性格で
どちらかといえば北国(っぽい)人見知り系のわたしは、タジタジでしたけど…(笑)

そんなこんなで
これまでにない明るさを持つ

の歌が完成したのでした。

そしてこの曲
11月上旬に
これまたやなせの長年の夢だった
CD絵本として発売されることが決定しています!!!!!
実はもうデザインはほぼできており
素晴らしいイラストも完成しており
ああ、早く皆さまに見ていただきたい。

詳細は、後日発表いたしますので
お見逃しなく!!!!!

発売記念ライブの情報も含めて、スケジュールページに随時アップしておりますので、是非お越しください!!!
このあとは、函館、大阪、東京、宇都宮、白石などが決定しています(*^^)v


そして「なないろの朝に」は
CD特設ページの試聴コーナー(コチラ)で一部をお聞きいただけるほか
ダイジェスト映像でも少し流れますので、ぜひぜひ聞いてくださいね♪


そして全部聞いてみたい!という方は、CD『夜が明けるよ』(DDCZ-2103)をご購入いただけるとうれしいです。
amazonなどのwebショップでお取り寄せができるほか
全国のCDショップどちらからでも、時間はかかりますが、お取り寄せは可能です。
また、iTune Storeなどで、単曲ダウンロードもできますので、ぜひぜひお聞きください。

アルバムの特設ページは★コチラ





こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| ライナーノーツ | 2016-09-24 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT