やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮城・大満寺「萬灯供養会~東日本大震災被災物故者慰霊」

蒼龍寺さまでコンサートをさせていただいた翌日、わたしは仙台に向かいました。
大満寺さまよりご依頼をいただき、萬灯供養会の法要の前にコンサートをさせていただくことになっていたのです。
今回写真はあまり撮れませんでしたが、自分にとっては、一生忘れることのできないご縁になりました。

チラシ↓
img065_convert_20121228181611.jpg

垂れ幕↓
PAP_0101.jpg

法要前なので、会場は広間です↓
PAP_0100.jpg

ステージ↓
PAP_0099.jpg


こちらのお寺のご住職さまもまた、震災でいろいろな悲しみを背負うことになったと聞きました。
しかし、自分のことで泣いている場合ではないと、今回の法要を営まれたそうです。
仙台市の内陸部とは言え、檀信徒の皆さんもご家族ご親戚、お友達などを亡くされている方々も少なくありません。和尚さまは、檀家さんの悲しみに寄り添っておられるのでした。

どういうお気持ちでご依頼くださったのか、よくよく知っていたものですから、コンサートは自分の気持ちが前のめりになってしまうほど、力を込めてお届けしました。
いや、ほんとうに。
ちょっと力が入り過ぎたかもしれません。
すみません。

コンサート終了後は、わたしも本堂に移動して、萬灯供養会にお参りしました。
なぜか
泣けて
泣けて
涙が止まらなくて
ご住職さまのご挨拶の
最後の最後のひとことまで
せつなくてかなしくてたまりませんでした。

早坂文明老師の詩に

 わたしはずっと祈ります
 忘れません

という一節がありましたが
今日は心から
そう思った一日でした。

燃え上がり
天に昇った願いは祈りは
彼の人のもとへ
きっと
きっと
届いたに違いないと思います。



ご住職さま
寺族さま
お檀家さん
駆けつけてくださった、近隣のお寺の寺族の皆さん
ありがとうございました。

わたしには、皆さんの苦しみがわかる
とは
到底言えません。
でも
こうしてただ
ただ共に手を合わせたい
それだけは確かに思っているのです。






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2012-06-17 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT