やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮城・清涼院「成道会~やなせななコンサート」

25日は宮城県気仙沼市にある、曹洞宗・清涼院さまでコンサートでした。
PAP_0012_convert_20121225175420.jpg

PAP_0013_convert_20121225175348.jpg
清涼院さまは境内にSVAの気仙沼事務局があったり、地域の避難所になっていたこともあって、今年の6月にまけないタオルをお渡しに伺いました(※その時のブログはコチラ)。
今回は成道会の後のコンサートというご縁です。

本堂外観↓
PAP_0011_convert_20121225175615.jpg

庫裏・広間も素晴らしい建物です↓
PAP_0010_convert_20121225175636.jpg

本堂の中の様子↓
PAP_0008_convert_20121225175656.jpg

本日のご本尊↓
PAP_0007_convert_20121225175757.jpg

そしてポスターも作ってくださいました↓
PAP_0006_convert_20121225175830.jpg
新聞にも広告を出してくださったそうです。

でも、寒いこともあり、会場は本堂ではなく大広間です。
本番の写真はないのですが、避難所で暮らしていた小学生の女の子NちゃんにDSのカメラで撮ってもらって、それをさらにわたしの携帯電話で撮って↓
PAP_0005_convert_20121225175901.jpg
雰囲気だけでも…f(^_^;)

今回は清涼院のお檀家さんだけでなく、以前、別の避難所で家族が聴いていた、とおっしゃる人もお越しになっていたり、新聞をご覧になって来て下さった人もあり、いろいろつらい想いを聞かせてくださる方もあったり。震災から9カ月と少し、避難所は閉所になったとはいえ、雰囲気は決して明るいと言い切れないものもありましたが、再びご縁をいただけて良かったと思っています。


そして今回はせっかく気仙沼まで来たので、
震災前からお付き合いのある少林寺さま(※その時のブログはコチラ)にも連れて行っていただきました。
所長さん、住職さん、保母さんたち…皆さんと笑顔の再会です。

まけないタオルは6月に手渡ししたのですが、その後少林寺さまの保育園の秋の運動会でお遊戯にして皆さんで踊ってくださったことを知りました。
良い子たちのダンスの様子↓
PAP_0002_convert_20121225180042.jpg

PAP_0003_convert_20121225175947.jpg
とってもうれしいです!!!(≧▽≦)
実際、この運動会のあと、父兄の方々からメールなどいただきました。
子ども達の姿を見て、歌を聴き、元気づけられました、というメッセージ。
有り難いです!

そんな運動会の話やら何やら、いろいろ語りながら、みんなでお茶をしました。
6月に訪ねた時(※その時のブログはコチラ)とは明らかに異なり、皆さん元気を取り戻しておられて、ほっとします(*^_^*)


その後、28日には気仙沼市の介護老人保健施設・はまなすの丘へ慰問コンサートに行きました。
PAP_0001_convert_20121225180027.jpg

施設外観↓
PAP_0000_convert_20121225180010.jpg

本番の様子を写した写真はありませんが、はまなすの丘の職員さんのブログに、コンサートの様子が記されています(※コチラ)。よろしければご覧くださいね。


この時、入所者のおばあさんから

 唄うよりも、海に向かって祈ってくれ
 たくさんの人が死んだんだぞ

と言われました。
認知症の人ですが、だからこそほんとうの気持ちをぶつけてくださったようにも思えました。
わたしはおばあさんの深い悲しみと憤りに触れてはっとして、
曹洞宗の檀信徒の方が多い中、お念仏をお唱えしました。
すると

 なんだそれは
 呪文みてだな

と言われてしまったのです。
笑い声まで起きたので、これはいかんと思い、せいいっぱい説明したところ
ざわざわしていた皆さんが
ひととき
しん
となられました。

 あみださまは
 いつもそばにいてくださいます


あの時、施設から見えた海の色は
太平洋にしては濃い色だったような気がします。
3月のように、ちらちら粉雪の降る、冬の海でした。
かなしみと共に、忘れることができない光景です。


後に「春の雪」という追悼曲を書いたとき
このおばあさんのことを
施設のことを
何度か思い出しました。
ここ本吉町には長く滞在したこともあり
 ふるさとの海
という言葉が浮かびました。
かんたんなワードですが、
とてもとても深い意味を持って選んだひとことです。
おばあさんのおかげなのかもしれません。


その後、風邪をひいてしまったやなせでしたが
29日は白石市カフェミルトンでのライブ。
2011年
何度も何度も宮城県に足を運んだわたしの
最後のしめくくりは
やはり原点・ミルトン。
ミルトンとの出会いがなければ
何もかもなかった
今ある縁のすべての始まり
そんな気がしています。

写真は
ありませんが!m(__)m

結局風邪でへろへろになり
そのまま一泊だけしてすぐ広島へ。
まずはダウン
からの
2012年になりました、とさ。

でもでも
皆さん
今年もお世話になりました。
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします!


合掌(*^人^*)





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2011-12-31 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT