やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大分・西念寺「別府南無の会 特別講演会」

福井県の梅花奉詠大会から帰ったわたしは、来た時と同じように敦賀から特急サンダーバードに乗り、京都で新幹線に乗り換えて、次のコンサートに備えるため、小倉を目指しました。
この日は小倉駅前で宿泊。
明けて翌日の11月19日、小倉からソニックという特急で大分県の別府を目指しました。

ちなみに
小倉(泊)→ソニック号にて朝移動
という行程は、ちょうど一週間前に行橋に行ったとき(※その時のブログはコチラ)と全く同じです。
小倉から行橋まではすぐでしたが、別府までは1時間20分かかります。
快適な特急なので、朝弱いやなせはやはり爆睡…(´□`)ZZZ

あっという間に着きました↓
111119_0951+01_convert_20120214183057.jpg
別府駅。
おおっと!駅名の札に温泉マークが!
さすがは日本でも屈指の温泉地ですね (o^-')b

ここからお迎えの車で10分弱くらいでしょうか。
本日の会場である、浄土真宗本願寺派・西念寺さまに着きました。

お寺すぐの道には、通りから見えるように、大きな看板が↓
111119_1205+01_convert_20120214183538.jpg
今回は、超宗派でお寺さまが集い、活動されている「別府南無の会」さまにお招きいただきました。
浄土真宗本願寺派だけでなく、会員は日蓮宗・黄檗宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗などさまざま。いろいろな宗派の方々のお説教を皆で味わい、聞かせていただこうという会なのです。

今回は、発足25周年特別講演会でのコンサートという大役。
以前からやなせの歌を聞き、ファンになってくださっていた会員のお坊さんたちがご尽力くださり、ご縁が叶いました(*^人^*)
これまで、こういった特別講演会はホールで行われていたようですが、今回はお寺という場所が良いだろうということで西念寺さまが会所となりました。

山門↓
111119_1204+02_convert_20120214183519.jpg

掲示板です↓
111119_1205+02_convert_20120214183601.jpg

横の門からは、山門と本堂がこのように↓見えます。
111119_1205+03_convert_20120214183643.jpg

とても美しいお庭↓
111119_1202+02_convert_20120214183334.jpg

本堂と山門↓
111119_1202+01_convert_20120214183247.jpg

本堂外観です↓
111119_1203+01_convert_20120214183307.jpg
あたたかい日でした。

中はこんな感じ↓
111119_1059+01_convert_20120214183134.jpg
広いです!

垂れ幕もこうして↓作ってくださっていました。
111119_1153+02_convert_20120214183446.jpg

本日のご本尊↓
111119_1153+01_convert_20120214183210.jpg

前卓がなんともめずらしい形ですね!
111119_1101+01_convert_20120214183151.jpg
初めて見るものでした(*^^)

この日は、最初に別府南無の会会長・日蓮宗本光寺ご住職の田口学正さまからご挨拶があり、その後すぐやなせのコンサート&トーク。最後は閉式の辞という流れです。
本番の写真はありませんが、今日新聞というコチラのサイトには写真が掲載されています。どうぞご覧ください(*^_^*)

コンサートでは、オリジナル曲とお話、唱歌をお届けしました。
地元の腕の良い音響さんに支えられ、のびのびと力を出すことができる環境。
皆さんとても熱心に、しかも明るい和やかな雰囲気で聞いてくださったので、こちらも良い感じで集中力を保つことができ、悔いのない精一杯のコンサート&トークをお届けできたような気がしています。

そんな中、うれしかったことは、客席で子どもたちが一生懸命聞いてくれたことでした。
知っている唱歌をわたしと一緒に歌ってくれたことにも感激しましたが、
「まけないタオル」を歌う際に語った被災地支援の話に、熱心に耳を傾けてくれていたのです。
ある男の子からは後日手紙も届き、震災への想いや、「まけないタオル」を気に入ってくれたこと、歌の力への感動を知らされて、うれしくて涙が出ました。
あどけなさが残りつつも、しっかりとした筆跡。
被災地の人を想うその子の心に、わたしは胸打たれました。

子どもの前で歌うことは、決して得意な方ではありません。語りも大人向けですから、難しいと思います。しかし、こちらが必死で語れば伝わり、歌えば反応しくれる。うれしかったです。
オリジナル曲の中でも、支縁歌「まけないタオル」は、2011年多くの子どもに愛唱していただきました。
今回は、別府にも届けることができてよかった。聞いてくれた子どもさんの心に、助け合い支え合う心を育てる種となってくれることを願っています。

コンサートが終わり、西念寺ご住職から挨拶があり
最後は合掌して、みんなで
「なあむ」
とお称えします。
南無のあとには、何も続きません。

それぞれのいのちを包み
こころに生きる
大いなる存在 に
帰依します―

それは、宗派という垣根を超え、手を合わせる気持ちを大切に育てて来られた会の、決意にも似たひとこと。
じーんと胸に響きました。
皆さんの合掌の姿、美しかったです。
お御堂は、やわらかい光に満ちているように感じました。


終演後は、CD・書籍もたくさんお買い上げいただき
大好評・まけないタオルも多大なるご協力を賜りました。
販売のお手伝いから
いろいろな準備をしてくださった別府南無の会の皆さん
そしてお越しくださったお客さま
ほんとうにありがとうございました!!!


夜は超宗派で打ち上げの夕食会をしてくださいました。
飲みながら語ったいろいろなお話の中、最も興味深かったのは、会長さんの修行のお話です。これまで日蓮宗の和尚さんから、こんなにたくさんお話を聞かせていただいたことがなかったので、聴くこと全てが衝撃!!!
会長さんは一見少しコワモテなのですが、実はほわほわとしてとっても面白い、気さくな和尚さまでした。やなせ、何度もツボにはまって大笑い(*^▽^)ノ
他の皆さんも個性的で、明るく、そして親切。
とっても良い会でした。
別府もまた訪れたいな、と強く感じる町となりました。


最後にお知らせです。
別府南無の会は、毎月喫茶説法を開いておられます。
宗派に関係なく、気軽に仏教に触れて欲しいという願いで行われているそうです。
場所は、別府市にある茶房信濃屋さん。
111119_1708+01_convert_20120214183709.jpg
わたしも終演後、連れて行っていただきましたが、古民家をレトロモダンな雰囲気になさっていて、とっても素敵。落ち着く空間でした。甘いものを何か…いただいた記憶がありますが、おいしかったですよ!!!
毎月第二土曜午後3時から。
会費はお茶代込500円だそうです。
詳しくは、別府南無の会ホームページ(※コチラ)をご覧ください。
お近くの方はぜひぜひ♪


なあむ!(*^人^*)









こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2011-11-21 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT