やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

龍笛とお話~東松島市より山下進さんをお迎えして

山形から戻ったその日、わたしは最寄駅である人と待ち合わせをしていました。
宮城県東松島市在住の龍笛奏者・山下進さんです。
山下さんとは今年知り合いになり、岩手のお寺で一度お会いしたことがありました。今回は、たまたま関西に演奏旅行に来られるとのこと、せっかくなので自坊にも寄っていただくようお願いしたのです。

声をかけると、門徒さんやご近所の皆さんは、遠く宮城県からのお客さんとのことで、駆けつけてくださいました。
111016_1616+01_convert_20120202191214.jpg

まずは龍笛の演奏と、曲にまつわるお話をしていただきました。
初めて耳にする曲もありましたが、どこかなつかしい「越天楽」や、皆さんおなじみ「荒城の月」なども聞かせていただき、なごやかな雰囲気。
その後は、被災された経験を語っていただきました。
111016_1617+01_convert_20120202191235.jpg

山下さんのお宅は野蒜にあり、辺り一帯津波に襲われてしまったそうです。
お家を流され、街を流され、取るものもとりあえず車に乗って逃げ、死と隣り合わせになったご経験。
奈良に住んでいると、なかなか直に聞かせていただくことができません。この日集った縁ある人々も、テレビや新聞ではない生の語りに、みんな静かに耳を傾けておられました。


この日、夜は家族といっしょにお食事をしていただき
本堂の縁側で月を見ながら
さらにアンコールで龍笛を吹いていただきました。
少しだけ肌寒い秋の夜
静かな境内に、空気を含んだ音色が響きます。
時の流れが緩やかに感じられました。

ふと、不思議なご縁だなと思いました。
山下さんは「震災がなかったら、関西に来るのはもっと先になっていたかもしれない」と話しておられました。確かに、わたしとも出会うことがなかったかもしれません。そういう出会いや再会が、震災を機にたくさんたくさんありました。
それがよかったと単純には言えず、出会いを喜ぶことさえできないほど、
今回の犠牲は大きく、悲しみは深いです。
でも、自坊の境内に、宮城県から届いた音が流れた月夜の不思議を、
忘れたくないなあとしみじみ思いました。

山下さん、本当にありがとうございました。



合掌(*^人^*)






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2011-10-18 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT