やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

愛媛・ひめぎんホール「禅をきく会」

(※前回のつづきです。)

1月14日に香川県高松市での公演を終えたわたしたちは、翌日曹洞宗四国管区教化センターさんのお世話で、愛媛県松山市に移動しました。
「禅をきく会」二日目は、ひめぎんホールサブホールでの公演です。
120115_1042+02_convert_20120123174038.jpg

エントランス↓
120115_1108+01_convert_20120123174411.jpg
きのうとはまた違った雰囲気の、こちらも立派な施設です。

ステージから客席を臨んで↓
120115_1100+01_convert_20120123174126.jpg
サブホールといえども、1000人収容の大ホールです!

客席で様子を見る、ご講師・徳本寺ご住職早坂文明さん↓
120115_1050+01_convert_20120123174106.jpg

受付の準備も万端です↓
120115_1107+03_convert_20120123174256.jpg

エントランスホールでは、震災の被害などを伝える映像が、「千年眠れ」(作詞:早坂文明、作曲:やなせなな)と共に放映されていました↓
120115_1103+01_convert_20120123174145.jpg

その隣りには、見おぼえのある大漁旗とハンモックが…
120115_1107+01_convert_20120123174211.jpg
宮城県気仙沼市で作られている、「漁師のハンモック」です!
船を失い、港を壊された漁師さんたちが、網を作る技術で制作しているハンモック。昨年夏ごろから売り出されて話題となり、全国から注文が殺到した商品です。
この販売のお世話をなさっていたのも、曹洞宗僧侶の三部義道さん。まけない!タオルプロジェクトの代表を務めてくださっています。
ハンモック制作現場には、わたしも以前おじゃましました。
被害の大きかった気仙沼市。でも、皆さんがんばっておられたのが印象的でした。

もちろん、まけない!タオルもたくさん準備されています。
120115_1107+02_convert_20120123174231.jpg


実は今日、地元の劇団・みかん一座の子どもたちが、「まけないタオル」に合わせてダンスを踊ってくださることになっていました。
120115_1206+01_convert_20120123174438.jpg
振付や指導をしてくださったのは、座長であり、本日の司会を担当されるRNB南海放送のアナウンサー・戒田節子さんです。

さあさあ、青年僧侶の方々もごいっしょに!
120115_1221+01_convert_20120123174538.jpg

リハーサル中↓
CA3F04580001_convert_20120123174716.jpg

これまでに「まけないタオル」の歌は、合唱曲にしていただいたり、ピアノで弾いていただいたり、吹奏楽のバンドで演奏していただいたり、幼稚園のお遊戯で使っていただいたり…と、いろいろな形で広がって来ましたが、ダンスというのは初めてです。いやあうれしいな(≧▽≦)


そうこうしているうちに開場です。たくさんの人が足を運んでくださいました。
DSC02571_convert_20120123175123.jpg

公演の内容は高松と同じく、まず第一部は椅子坐禅↓
DSC02569_convert_20120123174933_convert_20120123175158.jpg

そして第二部は早坂文明さんの講演↓
DSC02570_convert_20120123175017.jpg

第三部はやなせのコンサート↓
DSC02575_convert_20120123175247.jpg

途中、早坂さんと対談もあります。
img025_convert_20120419023304.jpg

最後は「まけないタオル」のダンスです!
みかん一座の皆さんを舞台にお呼びし、客席にもタオルを振ってくださいね~と呼びかけます(*^_^*)
img023_convert_20120419023200.jpg

DSC02576_convert_20120123175405.jpg

DSC02583_convert_20120123175938.jpg

皆さんといっしょに楽しく歌って、踊りました。
867_1.jpg

CA3F04620001_convert_20120123174745.jpg

DSC02582_convert_20120123175823.jpg

拍手に包まれた会場では、タオルがたくさん揺れていました。
気がつくと、みんなとびきりの笑顔・笑顔。
あたたかい空気が、広いホールいっぱいに満ちてゆくのを感じた一日でした。
おかげさまでタオル募金は、多くの人のご協力を得ることができたそうです。


終演後、
被災地と遠く離れていても、
心はつながっているような気がした、
と話してくださった人があり
わたしは、ふと考えました。

「まけない!タオル」は、昨年の初夏に、被災地支援活動として始まりました。
わたしも活動に参加し、たくさんの賛同者を募り、募金を集め、タオルと歌をお届けして各地を回りましたが
その後、いろいろな場面でタオルと歌が広がっていくのを知りました。
被災した経験を持たない人の心にも、タオルと歌は元気を届けてくれるようです。

誰かが誰かを想う気持ちは、
どんなに離れていてもつながるものであると
知らされて元気づけられるのは、
被災した方々だけではないのです。

みんな誰も代わることのできない苦しみや悲しみを背負って
それぞれの毎日を生きています。
その中で孤独を感じる場面は、いくつもいくつもあるでしょう。
そんなとき
元気づけてくれるタオル。

タオルで世界は変えられません。
それどころか、中途半端な丈のタオルなんて、何の役にも立たないかもしれない。
でも
支え合う心をつなぐシンボルとしてタオルを手にすることで
どんなに絶望していても
もう少しだけ
生かされている今を生きてみよう

思えるきっかけを得ることができるかもしれないのです。
また、自分は一人ではないのだと実感する瞬間を、誰かと共有できるかもしれないのです。

どう考えても
ひとは、ひとりぼっちで生きるより他ないのに
なぜ
誰かの痛みに泣き
誰かの笑顔に喜びを見出すのか
何と不思議な尊さよ。

これが
仏性
と呼ばれるものなのかもしれません。


タオルが担う役割を
改めて感じた二日間の「禅をきく会」でした。

お世話になった曹洞宗四国管区教化センターの皆さん
香川県・愛媛県内のお寺さま、和尚さま方
そして会場に足を運んでくださった方々
スタッフの皆さん
素晴らしい教えをお聞かせくださった早坂文明老師
ほんとうに
ほんとうに
ありがとうございました。

涙を超える想いと祈り
そして笑顔
わたしはずっと
忘れません。


合掌


※今回のことは早坂文明さんのテレホン法話でも紹介されています。
img024_convert_20120419023220.jpg



こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2012-01-19 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT