やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

まけない!タオル配布ツアー in 福島&岩手・その1

9月2日~5日まで、やなせは「まけない!タオル」配布ツアーで、福島~岩手へ行って来ました。
今回は、6月に宮城県内20カ所を回ったハードなツアー(※その時のブログはコチラなど)ではなく、ピンポイントで避難所や仮設住宅を回りました。


まずは飛行機で仙台空港へ。
そこから車で向かったのは、福島県南相馬市です。
実は南相馬は、8月8日に訪れたばかり(※その時のブログはコチラコチラ)。
お世話をしてくれたモリタミュージックの森田さんは、おっさんなのに(失礼)子どもみたいな人なのです。まっすぐで、どこかしら無邪気というか、かわいらしいというか…(*^_^*)
会っているときは関西人もタジタジのふざけっぷりですが、ブログを読むと…
心の内を知り、胸がいっぱいになります。
ぜひ読んでください。

★森田さんのブログはコチラ


閑話休題。

今回のタオル配布&コンサート会場は、原町第二中学校避難所です。
110902_1729+01_convert_20110916083215.jpg
音響は、石巻市・洞源院さまのお檀家さん・内海さんが担当して下さることになりました。
内海さんは、職人肌の素晴らしいエンジニアです。
6月の宮城県タオルライブでは、ずいぶんと助けていただきました(※その時のブログはコチラ)。
今回またごいっしょできるなんて。うれしいなあ(*^_^*)


三部義道代表の住む最上町から、山形県を代表するB級グルメ・冷たい肉そばの炊き出しを行っておられたのですが、今回も山形名物・芋煮の炊き出しがありました。
110902_1719+01_convert_20110916083200.jpg
実はやなせもいただきました。美味しかったです(*^m^)


体育館でのコンサート↓
110902_1823+01_convert_20110916083252.jpg

110902_1732+01_convert_20110916083235.jpg

「千年眠れ」「まけないタオル」の他、オリジナルや唱歌、そしてお話を。
20110902_191724_convert_20110916084219.jpg

コンサート後は、タオルとCDをお配りしました。
皆さんサインも求めて下さって、お話する機会もあり、応援のことばをたくさんいただきました。
ありがとうございました(*^_^*)


この日は南相馬市内に泊まって
翌日は早朝に岩手県大槌町へ。

やなせは、この機会にお会いしたくて、宮古市に住む和尚さんに連絡をしました。
慶徳さん↓
110903_1359+01_convert_20110916083356.jpg
2年ぶりの再会です。
タオルライブでは、いろいろとお手伝いをして下さって、助かりました。
110903_1515+01_convert_20110916083449.jpg
それにしても
震災がなければ、慶徳さんとは、もっと長い間お会いしていなかったかもしれません。
ご縁って、不思議です。

今日の会場は、吉里吉里中学校。
110903_1346+01_convert_20110916083332.jpg

SVAの移動図書館といっしょに動きます。
コンサートのすぐそばで、図書館を開いてくださるので、人がたくさん集まります(*^_^*)
110903_1506+01_convert_20110916083432.jpg

ステージに仕立てた場所(野外)は、ちょうどこんな感じでした↓
110903_1503+01_convert_20110916083414.jpg
図書館からの流れで、人が集まって下さり、まけないタオルも好評でした。
CDとタオルをお配りし、サインもたくさん書かせていただきました(*^▽^)


大槌町から、今度は遠野市に移動。
今夜の宿は、SVAの事務局です。
110904_0900+01_convert_20110916083507.jpg

途中の道で見つけた、看板↓
110903_1337+01_convert_20110916083314.jpg
大槌町の被害は大きく、町はまだまだ壊れたままの姿を呈していました。
目を覆いたくなるような町の風景の中、かつてその場所にあった美容室が、少し離れた別の場所で再開するというお知らせの看板を立てていたのです。

この度の震災で、亡くなられた人は大勢いらっしゃると思います。
かなしみは、多くの人の心に深い影を落としていることでしょう。
でも
いのちある人々が
新しい1歩を踏み出そうとしています。

がれきの撤去に、たとえ時間がかかっても
かなしみの傷が、この先もずっと癒えなくても
尊い傷跡を踏みしめて
あしたを生きようとする人々の暮らしが、
ここには確かにありました。




つづく

こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2011-09-06 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT