やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

山形・「東日本大震災復興・被災者支援コンサート~今、最上から、東北に音の風を吹かせて」

宇陀市文化会館でのコンサートの翌日は、山形県最上郡最上町の最上町中央公民館大ホールでのイベントに参加しました。
東日本大震災復興・被災者支援コンサートで、題して「今、最上から、東北に音の風を吹かせて」です。
821_convert_20110916025424.jpg

構成は三つに分かれています。
まずは池田弦さん(カウンターテナー)、池田敏美さん(ヴァイオリン)、渡邉敦子さん(ソプラノ)、淵本祐子さん(ピアノ)、佐藤由佳さん(ピアノ)によるクラシックコンサート。
第二部は「まけない!タオルプロジェクトの特別鼎談」で、三部義道代表と、作詞の早坂文明さん、そしてやなせのトーク。その後やなせのミニコンサート。
最後は合唱プロジェクトということで、今回は何と「まけないタオル」を合唱していただけるのです!!!(≧▽≦)
指導は、カウンターテノール歌手の池田弦さん。
合唱は、久喜児童合唱団・東京こどもオペラ合唱組・女声合唱団ヴェネーレ・もがみ町少年少女合唱団・コーラス最上・まけないタオル最上町コーラス隊の皆さんです。

池田さんのお知り合いの奥田祐さんという方が、合唱曲としてアレンジして下さったとのこと。
やなせは、自分が作曲したものが合唱になるなんていう経験がありません。
初めて、自身のオリジナル曲が合唱曲として歌われているのを聞きました。
110821_1220+01_convert_20110916025443.jpg
リハーサルを聞いた時点で、涙。
感激です。

そうして公民館の大ホールは、いろいろな仕掛けや準備で、その中身を変えてゆきました。
準備中です↓
110821_1223+01_convert_20110916025522.jpg

110821_1222+01_convert_20110916025503.jpg

三部義道さんと、池田弦さん、早坂文明さんと楽屋で打ち合わせ。
110821_1315+01_convert_20110916025601.jpg

リハーサル・打ち合わせが終わったら、お食事です。
今回は手作りのお蕎麦と、今が旬の最上町特産アスパラガス!!!
110821_1252+02_convert_20110916025542.jpg
めちゃ美味でした(*^_^*)


いよいよ本番。会場は満員になりました。
最上町に避難されている方々や、石巻市の被災者の方々100名も招待されているとのこと。
110821_1400+01_convert_20110916025621.jpg
以前石巻で、わたしのお寺コンサートをご覧下さった方もいらっしゃって、うれしい再会でした。


クラシックのコンサートをわたしも客席で楽しませていただき、その後は鼎談です。
img157_convert_20110916025837.jpg
まけないタオルプロジェクトのおかげで、やなせとすっかり仲良くなった(と、勝手に思っています)三部さんと早坂さん。息もぴったりで、自然体でお話できました(*^_^*)

その後、ミニコンサート↓
img155_convert_20110916025747.jpg
「まけないタオル」「千年眠れ」を歌いました。

池田弦さんともお話します↓
img156_convert_20110916025810.jpg
明るくて、とってもエネルギッシュな弦さん。楽しいトークとなりました(*^_^*)

そしてラストは感動の「まけないタオル」大合唱!!!
110821_1408+01_convert_20110916025639.jpg
老若男女100余名のコーラス、素晴らしかったです。


終演後は子どもたちに囲まれて、サインや握手をせがまれました。
「まけないタオル、気に入ってます」
なーんて言われちゃったりして。
そんな経験も初めてなので、やなせはうれしかったです。照れましたが…(*^m^)


忘れられない出会いもありました。
わたしと同年代のあるお母さん。
彼女はお子さんといっしょに、福島県から避難されて来たそうです。原発の被害を受けて、ふるさとを着の身着のままで出て行かなければならなかったのです。
そうして最上町に来られて5ヶ月。
お子さんと共に、まけないタオルの合唱に参加されたそうです。
終演後、わたしの手を握り、彼女は号泣しながらこう言ったのです。
「この歌に出会えてよかったです。何度も何度も励まされて、支えられました。」
わたしは、涙をこらえて笑顔で頷きましたが、胸がいっぱいになりました。

 この歌と 出会えてよかった

誰かの心の痛みに、そっと寄り添う歌を書くことが、わたしの夢でしたから
彼女の涙は、すごくうれしかった。
でも
でも
「もう二度とふるさとへは帰れないかもしれない」
と言って泣き崩れた姿を目の当たりにし
その現実を思うと
ただただ、せつなくてたまりません。

彼女は、ご主人が東京でお仕事を見つけられたことから、一家で東京へ引っ越されるとのことでした。
最後には、合唱の良い想い出ができました、と、笑顔でおっしゃっていたのが印象的でした。

どうか
どうか
まけないでくださいね。



涙と笑顔に出会った今回のコンサート
最上にいる時間は
何だか夢のようでした。

この日のことを忘れず
これからも
こころをひとつに
支援を続けたいと思います。

今回のイベントを作って下さった大勢の方々
そして合唱して下さった皆さん
お越しになったお客さま
ご縁をつないでくださった和尚さま
ほんとうにありがとうございました。
img154_convert_20110916025715.jpg

10月には、再び最上町を訪ねます!!!



合掌(*^人^*)






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2011-08-22 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT