やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都・龍谷大学「協定型インターンシップ」

6月18日は、わたしの母校・龍谷大学よりご依頼をいただき、京都の本願寺のお隣りにある大宮学舎へ行って来ました。
今回はコンサートではありません。
「協定型インターンシップ」という職業体験の講義の受講生を対象に、事前学習の一環として企画されたパネルディスカッションに、卒業生のひとり(パネラー)として出席するためです。
このディスカッションのテーマは

― 私にとっての職業 職業を通じて考える人生 ―

最初このお話が来た時は、
無理無理無理無理
だと思いました。
その理由は
わたしは「職業とはこのようなものですぞ~」と
堂々と言えるような感覚で
社会人をしているわけではない、と咄嗟に思ったからです。

今、お寺の住職です、なんて名乗っていますが、
うちは本当に小さな小さなお寺で、
代々兼業しないと生きていけなかったのです。
曾祖父も祖父も父も、みんなお坊さん一本道の人生ではありませんでした。僧侶となっても常に在家の立場で迷い、悩んでいたように思います。そしてわたしもまた、その姿を継いでいるわけです。

では、住職以外の仕事は何か?というと
歌手。
ってこれまた曖昧な職ですよね。

資格を取ったわけではありません。
とにかくがむしゃらに
しつこく
地道に
やめるにやめられないままやって来て
なんとかシンガーソングライターとして歌う尼さんとしてやっている現状。
今もしょっちゅう迷いながら
時に深く悩みながら
どうにかこうにか続けている、という感じ。

ほんとうにこんなんですけど、学生さんの参考になるのですか?大丈夫ですか?
と大学側に尋ねたところ
いいのです、との返答。
ならば、と心を決めて
県庁の立派な方(75年卒)や、会社の社長さん(79年卒)と共に
このディスカッションに臨むこととなりました。

そして久しぶりにやって来ました
110618_1214+01_convert_20110720002402.jpg
龍谷大学。

110618_1214+02_convert_20110720002426.jpg
大宮学舎は明治時代に建てられたもの。
今は重要文化財なのです!

なつかしい学び舎の廊下↓
110618_1306+01_convert_20110720002507.jpg

まずは先生方や他のパネラーさんと、教室で打ち合わせがてら昼食。
でも、やなせは自分が思っている以上にすごく緊張してしまって、全く食欲が湧きませんでした…すみません(T_T)

そして向かった教室↓
110618_1305+01_convert_20110720002448.jpg
ついこの間、ここで講義を受けたような気がしてしまいますが、もう15年近く前になります。
あの時、教壇に立っていた先生のうち、少なくとも2人は亡くなられました。
もっときちんと勉強しておけばよかった、と
今さらながら後悔してしまい、胸が痛みました。

そんななつかしの教室で教壇に立ち
目の前の学生さんを見ると
うへー
怖い
それが第一印象です。
イマドキの若者が
若者がああああああ
鋭い視線でこちらを見ています。
それだけでもちびってしまいそうでした(失礼)。

でも
他のパネラーのお二人は違います。
さすがだなあ
と思う、若者の心のつかみ方。
人を惹きつける話。
そこに立っているだけで、オーラが出て来るというかね。
いやースゴイ。スゴイなあ。
長らく社会で働き、多くの人を指導して、夢を追いかけ仕事を成し遂げて来た人のオーラ。
勉強になるなあ、と、隣りで感動してしまったのですから、
わたしはまだまだ、心を学生側に残しているんですよね。
それを痛感しました。
痛感しながらも
せっかくのお役目ですから
自分なりの話をさせていただきました。

学生さんの目は、最後まで何だか怖かったです。
どこかに
もうひとりの自分がいて
こっちを見ているような気がして。


役不足だったかな、と
ちょこっとへこんで帰ったのですが
その後、
何人かの学生さんの感想を、間接的に聞かせていただきました。
中に

 「あきらめきれないことがあるなら、あきらめなくていい」
 と言っていたのが、とても印象に残った

という一文がありました。
おお
わたしが言ったことを
おぼえていてくれたんだね。
ことばが届いていたんだなあと、感激。

でも
実はね
これ
わたしのことばじゃないのです。
ゴメンナサイ。
この名言は
甲本ヒロトさんの歌の一節。
ブルーハーツの「泣かないで恋人よ」という名曲の中に

 あきらめきれぬことがあるなら
 あきらめきれぬと あきらめる
 あきらめきれぬことがあるなら
 それは きっといいことだ

という歌詞があって、
わたしはこの歌に、めちゃくちゃ支えられてここまで来ました。
だからこそ、言ったのです。
それが届いて、うれしいかったなあ。
とっても。

とはいえ
ヒロトの言葉を引用しているわたしは
やっぱり
まだまだ
道の途中なんだなあ。


良い勉強をさせていただきました。
先生方
パネラーの先輩方
そして学生さん
ほんとうに
ありがとうございました(*^_^*)
 

長くなりました。
最後に、youtubeで見つけた「泣かないで恋人よ」を貼っておきます。
携帯電話からは見られないようですけど…ゴメンナサイm(__)m












こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2011-06-18 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT