やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大阪・観念寺「永代経法要コンサート」

5月14日は、大阪の南河内郡にある観念寺さまに行って来ました。
観念寺のご住職さまとは、昨年別のお寺で知り合い、今回お招きいただくことになりました。

高校の頃、毎日通学で使っていた近鉄南大阪線に乗り、途中で乗り換えて
やって来ました富田林駅。
110514_1632~010001
大阪芸術大学の近くです。
若い頃、大阪芸大の学生さんともいっしょにバンドをしていたことがあるので、このあたりにも来たことがありました。もう10年以上前なので(月日経つの早っ)うっすらとした記憶ですが…

駅から車で15分ほどでしょうか。
昔ながらの町の中に、観念寺さまはあります。
110514_1657~030001

110514_1656~010001
めずらしいのは、2階建ての本堂。
下が集会所(ホール)になっていて、上には本堂があるという形式です。

こちらが入口↓
110514_1657~020001

通りに面した掲示板には、やなせのポスターも貼っていて下さいました。
110514_1657~010001

今日は、上の本堂でお勤めのあと、ご門徒の皆さんには階下に移動していただき、ホールでコンサート&トークということになっています。
会場内はこんな感じ↓
110514_1721~010001

ご本尊↓
110514_1721~020001

このご本尊の前で歌わせていただきました。
震災に対して思うことを中心にいろいろと。
音響はいつものNMGスタジオ三輪さんで、良い音を作ってもらいました。
が、本番の写真はありません。。。

ちなみに2階の本堂は、こうなっています↓
110514_1723~010001

本堂のご本尊↓
110514_1722~010001

この観念寺のご住職・宮本直樹さんは、実は紙芝居法話で有名なお坊さんです。
110514_2146~010001
ご経歴も実にユニークで、もともとはお寺のお生まれではありません。
でも、いのちのことに関心があり、お坊さんになられたとのこと。
一時期は、別の職業と僧侶の二足のわらじで、人生を思い悩むこともあったとか。
でも、お坊さんになるぞと決意され、それまで全くゆかりのなかった河内のお寺へ入られました。
それからは、地域の方々との交流に力を注ぎ、明るくて人が集うお寺を作り上げられたそうです。

さらには、ご自身で絵を描き、紙芝居でいろんなお話を作られて、各地で紙芝居ご法話を行っておられます。
その活動は、新聞やテレビなどでもよく取り上げられています。
最近は、津波の被害から復興した物語をお描きになり、各地で演じておられるそうです。この物語は、江戸時代に実際にあった復興物語で、今の時期だからこそ勇気づけられると話しておられたのが印象的でした。
110514_2148~010001

紙芝居は100を超えるストックがあり、大きな作品もたくさんありました。
いやいやすごい。
これは宮本さんにしかできないことですね。
素晴らしいです。

うちのお寺にも
いつか
ご法話に来ていただけないかなあ。


ユニークなご住職の
あたたかいお寺
ご縁をいただき
ありがとうございました(*^人^*)


力をもらった翌日は
福島県へ
れっつらごー








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
関連記事

| 未分類 | 2011-05-17 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT