やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

カバー曲第四弾は「神田川」

このところ、動画サイトのyoutubeにカバー曲をちょこちょこアップしています(^-^)
これまでに

  中島みゆき「糸」
  オフコース「秋の気配」
  BEGIN「涙そうそう」

を投稿しましたが
今回は、かぐや姫の名曲中の名曲「神田川」をアップしてみました。



カバーと
コピーは
当然ながら違います。
コピーは、原曲に忠実に、ほんの少しでも似せたいと思って再現するものですが
カバーは、原曲を愛する気持ちを自分の中で消化し、解釈をして表現するもの

この「神田川」は、あまりにも原曲のイメージと異なるため、
これは違うんじゃないの?と聞いて違和感を抱かれた人もあるかと思います(ゴメンナサイ)
でも、カバーしたいと思い立ってから
かなりの時間(数年)をかけて、自分の中で歌詞をかみしめて
何度も歌って声色を確認しながら
やなせの解釈で歌いまわしなどは大幅に変更し
ここはこういうことを伝えようとか
拙いながらも考えまして
「カバー」してみました。

曲ももちろん素晴らしいですが
歌詞が
ほんとうに素敵なうただなあと思います。

 ちいさな石けん カタカタ鳴った

というフレーズがとても好き。
心細くてふるえている女性の想いが
これ以上ないほど美しく
そしてリアルな音と共に表現されていて
お互いに好きなのに、どうしても心がすれ違ってしまって
いっしょにいるのにさみしくてたまらない
そんな恋人同士の描かれ方が
たまらないなあと思うのです。

これらのカバー曲の伴奏をしてくださっているのは
奈良県在住のピアニスト・大山りほさん。
来月仙台市内でライブを開催する予定です。
youtubeにアップしていないカバー曲や
やなせななオリジナル曲を
トークと共にお届けする70分間♪
また、地元関西でも、近々デュオライブをお届けしたいと思っていますので
そちらもどうぞお楽しみに!(*^▽^)


仙台でライブ詳細です↓↓↓
ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

チケットまだまだ好評発売中です!
皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| うたのこと | 2015-03-31 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

カバー曲第三弾は「涙そうそう」

このところ、動画サイトのyoutubeにカバー曲をちょこちょこアップしています。
これまでに
  中島みゆき「糸」
  オフコース「秋の気配」
そして
  仏教讃歌「恩徳讃」
を投稿しましたが
仏教讃歌を除くカバー曲第三弾ということで
今回は「涙そうそう」をアップしてみました。
BEGINの楽曲で、夏川りみさんが歌ったことで大ヒットしましたね。

歌詞の解釈は人それぞれだと思いますが
遠く遠く、二度と会えない場所へ旅立ってしまった大切なひとを
なつかしみ、慈しむ想いを
はらはらと流れる涙と共に描いている名曲で

 あなたの場所から わたしが見えたら
 きっと いつか 会えると信じ 生きてゆく

という歌詞の一節は
別れの先に開かれる世界を描いているという意味で
とても仏教的だなあと感じます。



これらのカバー曲の伴奏をしてくださっているのは
奈良県在住のピアニスト・大山りほさん。
来月仙台市内でライブを開催する予定です。
youtubeにアップしていないカバー曲や
やなせななオリジナル曲を
トークと共にお届けする70分間♪
また、地元関西でも、近々デュオライブをお届けしたいと思っていますので
そちらもどうぞお楽しみに!(*^▽^)


仙台でライブ詳細です↓↓↓
ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| うたのこと | 2015-03-24 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんてかわいい!仙台弁こけし!

4月12日(日)仙台でライブがあります\(*^▽^*)/
詳細です↓↓↓

ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333



わたしは奈良県在住ですが、縁あって現在宮城県でライブを開催したり、ラジオ番組をやらせていただいたりしております(*^^)v
宮城県は、デビュー間もない2004年から、年に何度かライブのために訪れていた場所で
2011年3月11日の震災後は、それまでの縁もあり、毎月のように宮城県へ通うようになりました。
その中で再会や、新たな出会いが重なって
生きている今・今が「はじまり」なんだという新たな気持ち、そして願いを込めて
週の始まりの月曜日に『やなせなな はじまりの日』をスタートさせることになりました。

なんということもない、エッセイのような語りは奈良弁で
皆さんからのお手紙を読んだり
やなせななの曲やら好きな曲やら
いろいろとランダムに音楽をかけてのゆるゆる20分間
番組のおかげで
さらにさまざまな出会いが生まれて感謝しております(*^人^)

そんな中、今日は、仙台弁で話すこけしさんをご紹介しました。

わたしが“仙台弁こけし”さんを知ったのは、ツイッターです。
偶然、どなたかがリツイートしているのを見て、あまりにもかわいい、表情豊かなこけしのイラストに目が止まりました。
さらに、そのこけし、すごくなまっているのです(*^▽^)
仙台弁は、奈良県民にはわからない部分もありますが、語感がとてもかわいくて、ほっこりしました。
そして番組でご紹介したいとお願いしたところ、テーマソング「はじまりの日~あいのうた」の四コマ漫画を描いてくださったのでした。
コチラです↓↓↓
あだりめの日々_4コママンガ

作者は、宮城県在住のイラストレーター・jugo(ジュゴ)さん。
震災を機に、当時住んでいた東京から地元宮城へ戻り、田舎にあるご主人の実家で、ご家族8人でわいわいにぎやかに暮らしておられるとのこと。

そもそも仙台弁こけしを描き始めたきっかけは、
LINEスタンプを作ってみたいという興味からスタートし、
どんなスタンプを作ろうかと思ったときに、
家族の日常会話で使う訛りが面白いと感じていたこと、
また、こけしが好きで、東北の伝統工芸を応援したい
という気持ちがあって、仙台弁こけしが生まれたのだそうです。
仙台弁の面白さやあたたかさを伝えていきたいという、jugoさんの願いがこもっているとお聞きしました。

ちなみに、仙台弁こけしのLINEスタンプも大好評発売中です(40種類1セットで100円)

◎仙台弁こけしホームページはコチラ


番組テーマソング「はじまりの日~あいのうた」のライブ動画です↓↓


こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-03-23 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

カバー曲第二弾は「秋の気配」

こちらのブログでもお伝えしておりますが
4月に仙台でのライブがあります\(*^▽^*)/
詳細です↓↓↓

ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333


今回のライブをご一緒するピアニストの大山りほさんと
「いろいろなカバー曲にぼちぼちと挑戦してみよう企画」を、やっています(*^^)v

前回は第一弾として
わたしが子どものころから大好きだった中島みゆきさんの「糸」を(※コチラ
そして第二弾は
これまた子どものころから大ファンで
初めて“コンサート”なるものに足を運んだアーチストである
オフコースの「秋の気配」をカバーしてみました。

失恋の歌は数あれど
別れを告げる側の男性の心理、そのせつなさを描いているのが独特です。
さらに魅力は曲で
たとえば全ての歌詞を「ラララ」だけで唄ったとしても
心象風景が伝わるほどのせつなさ、美しさ、はかなさ、激しさ
とても素敵ですよね。

お聞きいただけるとうれしいです♪(*^_^*)





追記
産経新聞夕刊(関西)で連載中の『新・関西笑談』というインタビューコーナーに、本日よりやなせななが登場します。
金曜までの5日間、よろしければご覧ください!
sankei kannsai yuukan 1 - コピー










こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| うたのこと | 2015-03-16 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

伝えたいことがあるのです。

こちらのブログでもお伝えしておりますが
4月に仙台でのライブがあります\(*^▽^*)/
詳細です↓↓↓

ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333


ライブのリハーサルでスタジオに入ると
いろいろな発見があります。
カバー曲だけでなく
自分が作詞作曲した歌であっても
伴奏してくださる人によって、新たな意味が見え
こんな解釈があるのか、と気づいたり

スタジオでのリハーサルはしっかり録音して
帰って聴き直すのですが
思ったような歌い方になっていないことがわかったり
思いが入りすぎて大げさになっていたり
逆にさらりとしすぎていることに違和感をおぼえたり

伝えたいことがあり
伝えるために試行錯誤して
自分 というこの声の範囲内で
なにができるのか、を改めて考えさせられる時間です。
こういった作業は
とにかく楽しい。


そんなこんなで
4月のライブは
当初の予定をちょっとだけ変更して
初公開のうたも唄うかもしれません。
伝えたいことが
あります。

どうかどうかお楽しみに(*^^)

出演者の大山りほさんとのカバー曲です。
お聞きいただけるとうれしいです♪









こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| うたのこと | 2015-03-12 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

タヌキが出た!

こちらのブログでもお伝えしておりますが
4月に仙台でのライブがあります\(*^▽^*)/
詳細です↓↓↓

ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333


おしゃれなカフェでのライブ告知をしていますが
わたしが住んでいるのは、そういうものとは縁遠い奈良県の田舎町です。
うしろは小山、前は田畑という環境。
kyouonnji.jpg

つい先日、うちのお寺で法要があり
つつがなく終了してほっと一息ついたころ
天井からものすごい足音がしました。

ドスドスドスドタドタ
ガリガリドスンドスン

我が家もネズミには長年悩まされてきましたが
明らかにネズミではない音です。
もっと大きな
うちのネコほどはあるだろう、という感じの「なにか」。
でも、まあいいかな、と無視していましたが、
あまりにも大きな音でドタドタガリガリ
しまいには天井か壁をぶち破って出てくるんじゃないか、というくらいになり
きわめつけは

チャ~ジョロジョロジョロ~

と水音まで
まさか何者かが天井で小便をしているのでは…と恐ろしくなったので
出入りに大工さんに見ていただきました。

天井にしみ
屋根裏に枯葉を集めたような痕跡
イタチでしょうね、もしくは大きなネズミという可能性も捨てきれません
という答えをいただき
そうか、と納得しつつ
ネズミかもと言われるとなぜか安心してしまって
さてどうしたものかなあと
わりとのんびり考えていたところ
事態は急変しました。

夜中に家の小さな中庭(※ほぼ家の中のような場所)に
タヌキが出たのです。
威嚇しているからなのか、冬の終わりだからなのか
ふっくらして、毛がふさふさのタヌキ。
このあたりの道端で、全く見かけないということはありませんでしたが
こんな至近距離で会ったのは初めてです。

ネット上にあったタヌキの写真を拝借↓
thumb5.jpg

ガラス越しでしたが
我が家のネコがじーっと見ていました。
うう~と唸ることもせず、茫然と。怖かったのでしょうね。

タヌキはそんなわたしとぎんじろう・こゆき(ネコ)を見て
すっくと立ち上がりました。
二本足で立つタヌキ
しっぽも太く
そりゃあ怖いです。

こんな感じ↓
1425541728064.jpg

その後、ガルルルとも聞こえる声を残し、床下へと消えたタヌキさん。
床下か、天井か、壁か
どこかわかりませんが
まあ、近くに今もいると思います。
ときどき
誰もいない方向からトコトコガサガサと音がするし。
ああどうしたものか。

そして、ふと思いました。
日本の昔話には、頻繁にタヌキが出てくるなあと。
ただしこの場合の「狸」は
ハクビシンやテン、イタチ、アナグマ…いろんなタヌキっぽい動物を、ぜんぶ「狸」と呼んでいたようなのですが…
里にもよく下りてきて
家の天井や床下に共存し
あいているお寺があれば住まいし
人間が近づくと怖がって二本足で立つ
その姿が、昔むかしの暗闇の中で見ると、人間に化けているように見えたのかもしれません。
信楽焼のタヌキさんも、そういう姿をヒントに作られたのかもしれませんし
ムジナ入道 なんていうお話もありましたよね(笑)

人間の身近にいる動物、タヌキ。
改めていろいろ考えさせられます…(ー_ー)








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-03-05 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

カフェ というものへの憧れ

こちらのブログでもお伝えしておりますが
4月に仙台でのライブがあります\(*^▽^*)/
詳細です↓↓↓

ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333


「ななcafe」と銘打って宮城県でスタートしたカフェライブ
実はわたしが学生だったころは、巷にまだ「カフェ」はとても少なくて
昔ながらの、おじさんがひとりでやっているような喫茶店の方が多かったですね。

それが一気にカフェブームを迎えたのは17、8年ほど?前でしょうか
わたしのふるさとである、田舎の奈良県にも、かわいくてオサレーなカフェがどんどんできてゆきました。
カフェのBGMはボサノバが主流で
それがまたかっこいいというか心地よくて
当時音楽活動に夢中だったわたしは思いました。
わたしも、こんな素敵な「カフェ」でライブしてみたい と。
そして、単純なもので、ボサノバという音楽にもはまり、CDを買いあさって、意味のまるでわからないポルトガル語のうたをカタカナで書き起こし、歌おうと挑戦したこともありましたね(※もちろんすぐ挫折しましたけど、笑)

そして
いざカフェライブをしようと思って行動してみましたが
これがなかなか
決してかんたんではないことを思い知らされることになりました。

まず、カフェにはライブができるような音響機材が、必ずしもそろっていません。
防音面でも不十分で、ご近所迷惑を考えて、演奏を禁止されているお店も、もちろんあります。
ライブハウスやコンサートホールと違って、そもそもは音楽を提供するために空間が作られていないわけです。

でも、すごく素敵なカフェで、素敵な音楽演奏を聴く機会もあり
わたしもやってみたいです、と
アプローチしてみたことも何度もありましたが
営業の時間との兼ね合いや
お客さんへの対応や
集客力や
わたしのイメージとお店のイメージやら
なんやかんや
うんぬんかんぬん
クリアしなくてはならない課題が山積みになり
結局のところ、丁重にお断りされることも少なくありませんでした。
それでもぽつ、ぽつ、と地元奈良ではカフェライブを単発でやったこともありましたが
残念ながらそれっきり。むずかしいものなんだな、と思いましたね。

それでも心のどこかで「カフェライブ」への憧れを捨てきれないままのわたしが
仙台で出会ったのが、カフェ・モーツァルト・アトリエさんでした。

定期的にいろいろな方のライブを開かれているお店で
なんとグランドピアノまである!
でもここはライブハウスでもないし、ライブカフェでもない
ふだんは全き「素敵なカフェ」なのです。

木のぬくもりが感じられる家具
クリーム色の味わい深い壁に、緑の植物の色が鮮やかに映え
なつかしい感じのインテリア
ちょっとヨーロッパっぽいオサレー感
カフェオレ片手に何時間でも、ゆっくり好きな本を読んでいられそうな
こんなところでライブをするのが夢でした
という感じの、まさにそんなお店。

カフェ というと、
慣れていないと喫茶店より入りづらかったり
チェーンのコーヒーショップより敷居が高いと感じられるかもしれませんが
でもでも
きっとゆったり素敵な時間をお過ごしいただけると思います。

わたし自身、その空間にいるしあわせをかみしめつつ
春の宵を味わいながら
あんな曲やこんな曲を
お届けしたいなあと思っています。

ほっこりゆったり、
そしてほろりのななcafe
よろしければ是非是非お越しくださいね(*^▽^*)


090709_1724~01
あっ
これは奈良のレコーディングスタジオでいただくコーヒー。
おいしいのですよ(*^^)






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| うたのこと | 2015-03-03 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |