やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

京都・文化博物館「ジュスカ・グランペール 千年の戀 レコ発ライブ」

4月28日は、京都市にある文化博物館に行って来ました。
今回は、ジュスカ・グランペールさんの新しいアルバム『千年の戀』の発売記念ライブに、ゲストとしてお招きいただいたのです(*^_^*)
120507_1554+01_convert_20120507161042.jpg

ジュスカ・グランペール(Jusqu'à Grand -père)とは?
ギターの高井博章さんと、ヴァイオリンのひろせまことさんによる、京都出身のインスト・アコースティック・デュオです。
「ジュスカ・グランペール」とは、フランス語で「おじいさんになるまで」という意味だそうで、おふたりが「白髪になるまで、共に音楽を続けて行きたい」という気持ちをこめて命名されたのだとか。
ジプシージャズ、ミュゼット、ラテン、タンゴ、クラシックなど幅広い要素を吸収した“ジュスカ・サウンド”は、情熱的で美しいメロディが特徴。心に響くサウンドと魅力あふれるライブパフォーマンスは、ほっこりとしたお二人のお人柄と共に、年齢や性別を問わず幅広い人々に愛されています。
代表曲は「Gypsy Dance」。お化粧品ブランド「SK-II」のCMソングとして、皆さんもおなじみかと思います(*^^)v
120507_1554+02_convert_20120507161151.jpg
CDジャケットの中から↑

ギターの高井さんはやなせの大学の部活(軽音楽部)の大先輩で、10年くらい前には、いっしょにバンド活動をさせていただいた時期もありました。今回はそんなかつてのご縁からつながって、お二人のインスト曲に歌詞をつけ、歌うことになったのです。
ジュスカは素晴らしい音を奏でるので、その作品に参加させていただけるなんて、夢のようでした。
難しい楽曲ではありましたが、受けた印象・イメージをたいせつに、心を込めて詩を書かせていただきましたよ(*^_^*)

今回はその「永久の君」という歌と、CDの中では相川理沙さんというボーカリストが歌っておられる「恋の花」の2曲をステージでご一緒することになりました。


事前に京都でリハーサルをしましたが、その日はとっても良いお天気でした。
出がけに撮った、自坊の境内のお花。八重桜↓に
120424_1121+01_convert_20120507160605.jpg

ハナミズキ↓
120424_1122+01_convert_20120507160636.jpg

駅までの道すがら、かわいいワンちゃんにも会いました。
120424_1131+01_convert_20120507160735.jpg
ソラくんという名前だそうで、シベリアンハスキーです。
ふさふさの毛は美しく、たいせつに育てられていることがよくわかりました。賢そうで、なでなでしても嫌な顔もせず、じっとしてくれていました(*^_^*)

きれいなお花に、かわいいわんことの出会い。何か良いことありそうな(*^^)
ソラくんとお別れをして、電車に揺られて1時間と少し。
ライブの成功を願って立ち寄った、伏見稲荷大社の鳥居です↓
120424_1607+02_convert_20120507160828.jpg
その後、リハーサルはばっちりでした。


迎えた本番当日。
京都文化博物館の外観です↓
120428_1320+01_convert_20120507160853.jpg

中の様子↓
120428_1340+01_convert_20120507160922.jpg
レトロで趣があります。

そしてリハーサル。
120428_1339+01_convert_20120507161117.jpg
ジュスカのお二人の他、素晴らしいサポートメンバーと、ゲストミュージシャンが出演されていました。
緊張感の中にも、明るさや音楽への愛情あふれる現場に、やなせのテンションも上がりました。

120428_1515+01_convert_20120507160946.jpg
通しのリハーサルも素晴らしく、わくわくしながら本番を迎えます。

会場は300人ほどの人で満席でした。
大人の方のための音楽、といった雰囲気でしょうか。本番が始まると、皆さん熱心に聞き入っておられるようでした。やなせも後方の影から拝見し、出演を忘れて感激してしまいました。
いやいや、素晴らしい。
そのひとことに尽きるライブでした。
曲良し、演奏良し、構成良し、音良し、照明良し。
ミュージシャンの想いも、ジュスカのお二人にぴったり寄り添って1つの世界を作り出し、お客さんの心もひとつになってゆく―
それはそれは、すごいステージでした。
このようなコンサートを作れることこそが、ミュージシャンの夢でしょう。

わたしにとっては憧れであり、目標ともいえる先輩方を身近で見ることができ、大いなる刺激をいただきました。
また、なんとその夢のようなライブに関わらせていただくことができて、今でも信じられないような気持ちです。あの夜は、興奮で胸が熱くなりました。

ジュスカの音の中にいると、自分の中から何かが湧き上がって来るような気がしました。
忘れたくない、“音楽”の感覚です。
貴重な経験を、ありがとうございました(*^人^*)


わたしもジュスカの大ファンになっちゃったぜよ。
120507_1554+03_convert_20120507161218.jpg

絶対にまたいつか必ず、ごいっしょできますように。
それまでにボーカリストとして腕を上げるべく、精進しようと固く心に誓ったのでした。





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-29 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・やなせななソロライブ「満ち欠けのうたvol.1」

4月27日は大阪市にあるライブハウス・アナザードリームでソロライブでした。
これはどなたかにお招きいただいてお届けするコンサートとは違って、自分で開催している企画ものです。会場をアナザードリームさんに決めた2010年春以来、9回目の自主公演となります。
ずっとバンド編成でお届けしていましたが、今年は墨絵のような世界、静かで繊細な雰囲気を作りたくて、ピアノとのデュオにしました。
ソロライブは毎回100人前後の方々にお越しいただくことができ、その半数はリピーター。ほんとうに有り難いです。


ライブハウスでの自主公演では、
自分のやりたいことに挑戦できます。
今回は、語りよりも、歌。
歌に力を入れたい
音楽を聴いていただきたい

切望していました。

もちろん、語るという要素は、わたしの中でとても大きなものです。
でも
最近語りの比重が大きくなりすぎているので
ミュージシャンとして、
歌い手として、
音と声と自分と向き合ったライブをお届けしたいと思って、今回は取り組みました。


イメージに合わないカバーを感情的に聞こえる声で
英語のスタンダードをピアノ1本で
なつかしいポップスを、ていねいなアレンジで
いのちがテーマでないオリジナルを
なおかつ
やっぱり
いのちの歌を―

ピアノの黒石純子さんとは、伴奏をしていただいてから13年の付き合いになります。
あうんの呼吸も生まれ
いろいろなところが夫婦のように合ってはいますが
それでもむき出しの音と音
真剣勝負で緊張しました。

今できることを精一杯。
悔いはありませんが
まだまだ
まだまだ
改善する余地がたくさんあると感じさせられました。


今年の自主公演は
次回夏ごろに同じくアナザードリームさん
そして奈良県内のはじめの一歩さんというライブバーで、同じく夏に
さらに冬
奈良でも大きな挑戦をする予定です。


お越しくださった皆さま
いつもあたたかい応援をくださる皆さま
見守ってくださる皆さま
ほんとうにありがとうございました。


これからも
がんばります(*^_^*)

150777_289662107785848_100002261833494_641048_1234198326_n_convert_20120505200406.jpg











こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-28 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛知・江南市民文化会館「JA愛知北女性部会 やなせななコンサート」

4月26日は愛知県へ行って来ました。
JA愛知北女性部さまの会合にお招きいただき、コンサート&トークをお届けすることになったのです。

近鉄と名鉄を乗り継いで、自坊から3時間弱。
初めて降り立つ江南駅です。
120426_1041+01_convert_20120428171735.jpg

本日の会場は、江南市民会館↓
120426_1214+01_convert_20120428172205.jpg

外観です↓
120426_1214+02_convert_20120428172008.jpg
この日は雨が降っていて、少し肌寒かったです。

中に入ると、ちょうどやなせが到着した頃、舞台上では式典のリハーサルが行われていました↓
120426_1053+01_convert_20120428171805.jpg

舞台から客席を見て↓
120426_1115+01_convert_20120428171841.jpg

足元の悪い中でしたが、開始時刻になると大勢の人がお越しになっていました。
120426_1216+01_convert_20120428172050.jpg
↑受付ロビー付近の様子。

まず式典などがあり、その後やなせのトーク&コンサート。
毎年講演会をなさっていたそうで、コンサートというのは初めての試みだったそうです。
IMG_0360_convert_20120504125354.jpg

終演後は、大勢の人がまけない!タオル募金にご協力くださいましたし、CD・書籍も追加でご注文いただくほどの売れ行きでした。
IMG_0376_convert_20120504125550.jpg
ありがとうございました(*^人^*)

即売会のとき、ほんの短い時間ではありますが、コンサートの感想と共にご自身の人生について話をされる方は少なくありません。今回お聞きして最もつらかったのは、わたしと同じ子宮ガンで、ご家族を亡くされた方の言葉でした。年齢もお若い人だったようです。
かなしみや涙―想いをたいせつに受け止めて、歌える限りは歌ってゆこうと思っています。


岐阜県や愛知県にも、少しずつご縁が育って来ました。
以前○○でコンサートを見ましたよ、と声をかけていただくと、とてもうれしいですし励みになります。これからもこつこつがんばります p(^_^)q







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-27 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良・西念寺「親鸞聖人750回大遠忌法要記念コンサート」

4月22日は奈良県香芝市にある、浄土真宗本願寺派・西念寺さまにお招きいただき、お寺コンサートでした。
120422_0956+02_convert_20120428141453.jpg

今回は親鸞聖人750回大遠忌法要という記念の場でのコンサート。
ご住職と親しい布教使の先生が、わたしが幼い頃から自坊にもご法話に来てくださっていて、先生からのご紹介でつながったご縁でした。ありがとうございます、F先生(*^人^*)

山門を通りから↓
120422_1357+01_convert_20120428141652.jpg

告知のためのポスターも作ってくださいました↓
120422_0956+01_convert_20120428141415.jpg

本堂外観です↓
120422_0955+01_convert_20120428141334.jpg

中の様子↓
120422_1358+01_convert_20120428144807.jpg

本日のご本尊↓
120422_1625+01_convert_20120428144903.jpg

お勤めは、宗祖讃仰作法の音楽法要。750回大遠忌に合わせて、本願寺派で新しく制定されたものです。
たくさんのお坊さんがお参りになり、豪華なお勤めでした(*^_^*)
120422_1410+02_convert_20120428144550.jpg

その後、やなせのコンサート。
今日は仏教讃歌も織り交ぜ、真宗門徒として感じることもお話ししました。
やはり特別法要ですからね(*^^)ふふ。
P2012_0422_150511_convert_20120428144947.jpg
もちろんオリジナル曲とお話もお届けしました。
終演後は、書籍CDもたくさんお買い上げいただき、まけないタオル募金も皆さんに好評でした。
西念寺の皆さん、本当にありがとうございました!


最後に。
今回、お寺の一室にあった掲示板に、こんな絵を見つけました。
120422_1237+01_convert_20120428141532.jpg
ご門徒さんのお嬢さまの絵だそうです。彼女は、10代のときに事故に遭って、首から下が不自由になってしまったとのこと。口にペンをくわえて描かれたそうです。

120422_1238+03_convert_20120428141613.jpg
印象的だったのは、絵の中の人や動物が、みんな笑っていること。表情がとても豊かであること。
とても心に残る、躍動感あふれる素晴らしいイラストでした。
現在は治療のため、創作はお休みされているそうです。いつか新しい作品を見たいなと感じる、素敵な絵との出会いでした(*^_^*)


なもあみだぶつ(*^人^*)







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-26 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良・教専寺「永代経コンサート」

4月21日は大和高田市にある浄土真宗本願寺派・教専寺さまでコンサートでした。
120421_1009+02_convert_20120427111015.jpg
同じ宗派の同じ教区(エリア)ですので、以前からいろいろコンサートなどを見て、知っていただいていたようです。
副住職さんはやなせの大学の少し上の先輩で、何と軽音楽部!やなせ1年生のときの4年生なので、直接は知りませんでしたが、年も近くて盛り上がってしまいましたよ~(*^^)v


通りからお寺を↓
120421_1010+01_convert_20120427111033.jpg

山門です↓
120421_1011+01_convert_20120427111054.jpg

ポスターも作ってくださっていました↓
120421_1009+01_convert_20120427110959.jpg
今回は永代経法要ということで、昼・夜2座コンサートをさせていただくことに。
二座来て下さることを前提にするのではなく、どちらか一座だけお越しになった方にも、同じメッセージ・同じ印象を抱いて帰っていただけるように、今回は工夫してプログラムを組んでみました。

本堂の中の様子↓
120421_1006+01_convert_20120427110931.jpg

120421_1004+01_convert_20120427110858.jpg

客席↓
120421_1004+02_convert_20120427110915.jpg

本日のご本尊↓
120421_1003+01_convert_20120427110841.jpg

本番の様子です↓
120421_143801_convert_20120427111131.jpg

どちらの写真もお昼の座のもの↓
120421_143828_convert_20120427111153.jpg

夜は若い方もお参りになっていました。
やなせのお友達・和太鼓奏者の夕田敏博さんも、ご近所とのことでご家族皆さんで見に来てくださって、やなせ感激でした(*^_^*)

まけないタオルやCD書籍も人気で、皆さんご協力・お買い上げくださいました。
ほんとうにありがとうございました!


最後に。
控室の机に、若坊守さんが飾ってくださったお花です。
120421_1145+01_convert_20120427111112.jpg
この日の奈良はあたたかくて、一足お先に初夏を感じさせていただいたような。
お気遣いありがとうございました。


なもあみだぶつ(*^人^*)








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-25 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

岐阜・法勝寺「仏教婦人会 春の法要コンサート」

4月20日は、岐阜県にある浄土真宗本願寺派・法勝寺さまでコンサートでした。
岐阜県でのコンサートは、昨年の8月以来です(※その時のブログはコチラ)。
近鉄と名鉄を乗り継いで、やって来ました岐阜↓
120419_1905+01_convert_20120423232914.jpg

岐阜駅から車で10分くらいでしょうか。
山の手にお寺が見えて来ました↓
120420_0919+01_convert_20120423232933.jpg

120420_0939+01_convert_20120423232950.jpg

大きな看板と↓
120420_0939+02_convert_20120423233009.jpg

ポスターを作って待っていてくださいました↓
120420_0944+01_convert_20120423233155.jpg

参道↓
120420_0940+02_convert_20120423233031.jpg

本堂外観です↓
120420_0941+01_convert_20120423233054.jpg

山のお寺の鐘が鳴る↓(*^_^*)
120420_0942+01_convert_20120423233115.jpg

本日のご本尊↓
120420_0943+01_convert_20120423233135.jpg

あいにくの雨模様でしたが、大勢の方がお参りくださいました。
この日は、仏教婦人会の春の法要ということでしたが、一般の方もご来場いただけるよう、ご住職は新聞にまで案内を出してくださったそうです。
このように↓
120420_1025~010001
おかげで、岐阜県内に住んでいる古くからのファンの方も「新聞を見て」と言ってお越しくださいました。実はそのお方、クリスチャンなのです。でも、7年ほどのお付き合いになるお客さま。お寺でコンサートを聴いていただくなんて、不思議でうれしいご縁です(*^人^*)

まずはお勤め↓
120420_1328+01_convert_20120423233219.jpg

その後婦人会の会議など、総会があり、やなせのコンサートです。
CA3F06850001_convert_20120423233304.jpg
皆さんとても熱心に聴いてくださいました。
CA3F06840001_convert_20120423233242.jpg
今回はCDや書籍もたくさんお買い上げいただき、在庫がすっからかんに。追加もいただき、うれしい悲鳴です。
そしてまけないタオル。多大なるご協力をいただきました。
ほんとうにありがとうございました!!!
img026_convert_20120611165059.jpg


終演後、地元中日新聞さんの取材を受けました。
とっても体の大きい記者の田中さんは、国立大学出身ということで話題となった舛名大という四股名の元力士!!(ウィキペディアにも載ってます。コチラ
話をしている中で、どんな人生を送ってこられたのか興味が湧き、取材のあと逆取材をさせていただきました(*^_^*)
なんでも、もともと相撲をなさっていたわけではなく、名古屋大学在学中に始めたのだとか。
体と体をぶつけ合い、勝つか負けるか。自分の持つ力が、何にも隠されることなく真っ直ぐ表れる世界。その面白さに、いつしかはまってしまったとおっしゃっていました。
卒業後は千賀の浦部屋の力士になったそうですが、三年ほど経ったあるとき、稽古中に首を怪我してしまいます。そのまま続けると命にもかかわるというお医者さんの判断が下り、術後に引退。自分の人生全てをかけて取り組んでいた、大好きな相撲の道を諦めざるを得なくなったのだそうです。
その辺りの話は、自分の経験とも重なるところがあり、何とも胸が痛かったですね。
でもその後、ぱっと心が切り替わった瞬間があったそうで、新聞記者に転身。
かつてインテリ力士として取材を受けて来た話題の人は、今ではメモを取り、取材をする側へと変わっておられました。
img028_convert_20120611165157.jpg
わたしよりうんと年下の田中さん、でも波乱万丈の人生。
いろんな道があるのですね。

img027_convert_20120611165136.jpg
記念に写真を撮っていただきました(*^^)


印象深い出会いのあった岐阜・法勝寺さま。
実はまた再来年、ご縁をいただきました。
ありがたいことです。
パワーアップしてお会いできるよう、これからもこつこつがんばります!

なもあみだぶつ(*^人^*)




追伸
この日のコンサートの様子は、4月21日の中日新聞と岐阜新聞に掲載されました。




こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-24 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・寝屋川青年会議所「4月度例会~やなせなな講演会」

このところ講演のお仕事が続きます。
4月17日は、大阪府の寝屋川青年会議所さまより依頼をいただき、お話に行って参りました。

京阪寝屋川駅↓
120417_1721+01_convert_20120421171750.jpg
大学生の頃、京都に住んでいたこともあったので、京阪電車はよく利用したのですが…最近は縁がなく、久しぶりに乗りました。寝屋川で降りるのは初(だと思う)。大阪府は隣県とは言え、知らない場所もまだまだたくさんあります。

本日の会場となる公民館や図書館が入った市の施設↓
120417_1736+01_convert_20120421171841.jpg

青年会議所さまの例会は、会議室で開かれます。
会場を後方から↓
120417_1750+01_convert_20120421171922.jpg

春らしい垂れ幕も作ってくださっていました↓
120417_1820+01_convert_20120421171956.jpg

約70分間、お話と、youtubeを使った動画(歌)で講演をさせていただきました。
青年会議所といえば、40歳未満の方々が会員です。つまりほとんどはやなせと同年代。意識して一生懸命話さなければ、と、かなり肩に力が入ってしまいました。結果、未熟な話っぷりで申し訳なかったです。

やはり、関西中央高等学校・蘭友会に続き、「お話」だけの会をやらせていただくには、まだまだ勉強しなくてはならない点がたくさんあることを、今回痛感しました。反省再び、です。

でも、終演後にはいろいろと応援のお声をかけてくださる人もあり、とても励まされました。
ご縁をいただくことができてよかったです。
ほんとうにありがとうございました。

がんばる同年代はたくさんいますね。
今が人生がんばり時!
わたしも自身の仕事に改善を重ね、地道な努力を続けて参ります(*^_^*)

一部携帯からはご覧いただけませんが、ふと浮かんこの日のナンバーは、ケツメイシ「三十路ボンバイエ」!!!









こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-20 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良・関西中央高等学校「蘭友会 講演会」

吉野の浄徳寺さまで、おめでたい法要のご縁をいただいた翌日、4月15日は、同じく地元奈良県内で講演会に出させていただきました。ご依頼くださったのは、関西中央高等学校(旧・桜井女子高等学校)の卒業生・蘭友会の皆さんです。
120415_0930+01_convert_20120419144846.jpg

120415_0927+02_convert_20120419144823.jpg

校舎外観です↓
120415_0930+02_convert_20120419144905.jpg
実は今、大がかりな建て替え工事を行っておられます。
来年あたりには、とっても美しい校舎が出来上がる予定だそうですよ(*^_^*)

こちらの関西中央高等学校さまは、冬木学園グループの学校です。
冬木学園というと、昨年8月に畿央大学の「やまとフォーラム」でコンサートをさせていただきました(※その時のブログはコチラ)。学長であり、理事長でもある冬木智子先生には、本当にお世話になっています。
今回は畿央大学でのコンサートのご縁もきっかけのひとつでしたが
職員の方の中に、2004年頃からずーっと応援してくださっているTさんもいらっしゃったことから、ご依頼が叶いました。企画やお世話をしてくださったTさん、本当にありがとうございます(*^^)

ちなみに
冬木先生は、なんとお歳は卒寿、つまり90歳!!!
でも美しくて、お元気で、卒業生の皆さんにも大変慕われている、現役の学長先生なのです。
女手ひとつで幼稚園から大学までの総合学園を作り上げられるには、相当なご苦労があったことと拝察いたします。でも、そんなことは全く感じさせない、物腰は柔らかで優雅な雰囲気のお方でした。
誰もが憧れる存在ですが、到底こんな生き方はできません。すごい。すごいお方です。

本日の会場を後方から↓
120415_0927+01_convert_20120419144808.jpg

今日は講演会です。
年齢層は幅広かったのですが、若い方も多かったことから、挫折や夢、努力などをテーマの中心に据えて話しました。今回、仏教的なことはほとんど語っていませんが、被災地支縁・まけないタオルのことは、動画で歌を聴いていただきながらお届けしました。

皆さん熱心に聞いてくださって、まけないタオルにもたくさんご協力いただきました。
ありがとうございました(*^人^*)

でも
やっぱりお話だけっていうのは
難しいです。
反省。

その後、やなせは大阪府太子町に向かいました。
光福寺カラビンガ・月に一度のコーラスレッスンの日です♪
120415_1537~010001

皆さんイキイキ歌ってくださいます。
120415_1738+01_convert_20120419144924.jpg
最近お顔もすっかり覚えて、メンバーも定着しました。
皆さん大きな声で歌ってくださるし、何よりもこのコーラスを楽しみに足を運んでくださっているのです。
その笑顔や元気なお声に、わたしがパワーをいただいています。

明るい光福寺さまの雰囲気。
レッスン中も、何度も大笑いが起きます。
お寺はご住職の人柄を映す鏡のようなもの。光福寺さまには、肩に力の入らない雰囲気と、癒しが確かにあるような気がします。

今日も皆さん、ありがとうございました。
120415_1802+02_convert_20120419144939.jpg
帰りの背中を見送っていると、遠くに山や村の夕暮れが見えました。
なんだかきゅんとします。

ありがたいご縁だなあと、しみじみ。
これからもがんばろう。




合掌







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-19 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良・浄徳寺「親鸞聖人750回大遠忌法要」

4月14日は、奈良県下市町にある浄徳寺さまでコンサートでした。
この日は、親鸞聖人750回大遠忌法要と、本堂内陣修復落慶法要という、とてもおめでたいお勤めです(*^_^*)
120414_1148+02_convert_20120419134208.jpg

山門です↓が、門の前にさらにアーチのようなものが作られています。
120414_1152+01_convert_20120419134314.jpg

正面から見ると…
120414_1150+01_convert_20120419134251.jpg
こんな感じです!すごい!(≧▽≦)
こちらは、檀家さんがこの日のために作られたのだそうです。

さらにこちら↓
120414_1149+01_convert_20120419134231.jpg
周囲は銀杏で、中はもち米と小豆なんです。横にして作ったのではなく、米粒豆粒ひとつひとつを立ててはめ込んでゆくそうですよ!こちらも檀家さんの男性方が、皆さんで作られたと聞きました。
いやいやいや~すごいな~。素晴らしいですヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

本堂外観↓
120414_1148+01_convert_20120419134147.jpg

120414_1147+01_convert_20120419134126.jpg

今回は畳も入れ替えられ、お内陣など中身が全て美しく修復されていました。
120414_1019+01_convert_20120419133948.jpg

120414_1107+03_convert_20120419134105.jpg

本日のご本尊↓
120414_1020+01_convert_20120419134007.jpg
生け花も素晴らしいですね!!!

そして本日の主役・我らがしんらんさま↓
120414_1107+01_convert_20120419134026.jpg

ご覧下さい、このお餅↓
120414_1107+02_convert_20120419134047.jpg
こういったお供えは、自坊ではしておりません。また、歌いに行った先のお寺さまでも滅多に見かけなくなりました。伝統的なお供えの方式です。きちんと伝承されているのだな、と思うと感激しますね。

この日はまず、一般参列者の献灯・献花、そして子ども達の献花。
120414_1321+01_convert_20120419134400.jpg

献花用のお花の色も鮮やかですね↓
120414_1153+01_convert_20120419134336.jpg

献花のあとは、式典です。写真↓はご本山からの祝辞を代読されているところ。
120414_1323+01_convert_20120419134427.jpg

その後、お務めは750回大遠忌に合わせて新しく制定された「宗祖讃仰作法~音楽法要」。
メロディが美しいので、読んでいるとつい力が入ってしまうのでした。

お勤めのあとはやなせのコンサート&トーク↓
CA3F0674_convert_20120419134458.jpg
仏教讃歌やオリジナル、唱歌とお話をお届けしました。
皆さんとても静かに熱心に聴いてくださり、唱歌も大合唱。うれしいです(*^_^*)

最後にご住職さまから短い法話があり、檀家さんのご挨拶で、法要は無事に終わりました。
午前中は雨が降っていましたが、午後からは雲間から光が差し、お天気がとってもよくなったのです。
何だか、遠くにいらっしゃるしんらんさまが、ニコニコされているような気がしました。

この日を迎えるに合わせて、お寺では修復などの計画が進められたそうです。
大変なこともいろいろとあったようですが、何よりも門徒さんが熱心で、お寺のために皆さんが心をひとつに成功に向けて取り組まれたのだとか。
ご住職は、美しくなった満堂の本堂で胸がいっぱい、というご様子でした。坊守さまも泣いておられました。
自坊も三年前~二年前にお内陣を修復し、住職継職法要をお勤めしたのですが、その時の想い出と重なり、皆さんの姿を見ると心打たれるものがありました。

一生に一度の、喜びに満ちたお念仏の場に立ち会わせていただけたこと、
心より感謝申し上げます。
ほんとうにおめでとうございました。
そして、ありがとうございました。

なもあみだぶつ(*^人^*)





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-14 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良・浄教寺「花まつりコンサート」

山形県・隆勝寺さまでのコンサートを終えた翌日の4月8日は、奈良市にある浄土真宗本願寺派・浄教寺さまで開かれた花まつりコンサートに出演させていただきました。
120408_1340+01_convert_20120418235630.jpg

こちら浄教寺さまは、わたしにとって親戚のお寺さんになります。先々代のご住職が、わたしの祖父と実の兄弟だったのです。そのためもあって、やなせななを早くから応援してくださっていました。

9年前。
やなせにとって初めてとなる「お寺でのコンサート」をご依頼くださったのも、この浄教寺さまです。先代のご住職は、まだ経験も浅く未熟だったわたしに、自由にコンサートをさせて下さいました。

いやあ、今思うと、いろんな歌を歌いましたよ。ほんとうに。
ゴスペルも歌いました。
ジャズも歌いました。
歌詞を何年も連続で間違ったこともありますし、
その年ごとに歌詞を書き変えて推敲し続けたオリジナル曲もありました。

何をしても、決して咎めたりなさらず、じっと見守ってくださいました。
そしていつもおっしゃったのです。
「ななちゃんの歌は、こころの歌やなあ」と。

たとえわたしが大きな声で「かみさま~」と歌の中で叫んでも、その言葉で表現しようとする「心」を理解してくださって、決して叱ったりなさいませんでした。お念仏や仏教讃歌を強要することも、ありませんでした。
自由に、のびのびと。お好きなように、やりなさい―

いっしょに笑って、時には泣いてくださって、
成長を見守ってくださった浄教寺の皆さん。
今ではいっしょに手を合わせ、お念仏申し上げています。

育てていただいたこの場所こそが、
わたしにとって、お寺コンサートの原点、と言えます。


この日は快晴でした。
120408_1338+01_convert_20120418235529.jpg

看板↓
120408_1339+01_convert_20120418235547.jpg
浄教寺さまの花まつりコンサートは、何と今年で30周年!
昭和57年からスタートしたというのです!!!今でこそめずらしくないお寺でのコンサートですが、当時はまだほとんど開かれていなかったでしょう。草分け的な存在ですね。すごいなあ。

山門の前には、美しい花御堂が↓
120408_1340+02_convert_20120419000826.jpg
このコンサートは、道行く人どなたでもご自由に入れるようになっています。
甘茶も皆さんに振る舞われます。
親子連れの方も、お釈迦さまに甘茶をかけておられました↓
120408_1339+02_convert_20120418235609.jpg
微笑ましいですね(*^_^*)

門を入ると、たくさんの人で賑わっています↓
120408_1341+01_convert_20120419000927.jpg

お抹茶券を購入すると、お茶とお菓子もいただけるようになっています。
120408_1340+03_convert_20120419000850.jpg
着物姿の女性が、お抹茶を運んでくださるようです。

裏では、男性のお坊さんを中心に、皆さんお茶を点てておられました。
120408_1347+01_convert_20120419000947.jpg
大忙しですね。

15時から、やなせのコンサートでした。
DSC01438_R_convert_20120419001027.jpg
ピアノは黒石純子さん。

満員の皆さん、お外とは思えないほどの静寂の中、じっと耳を傾けてくださっていました。
DSC01436_R_convert_20120419001008.jpg

まけないタオルも、歌います。
DSC01458_R_convert_20120419001109.jpg
浄教寺さまには、プロジェクト立ち上げの頃から、既に多大なるご協力をいただいています。

DSC01441_R_convert_20120419001046.jpg

この日は、宮城県東松島市から、竜笛奏者の山下進さんも駆けつけてくださいました。
DSC01465_R_convert_20120419001218.jpg
山下さんとは、震災を機に出会い、お友達になりました。
今回のコンサート前後の旅のお話を、山下さんもブログに書いておられます(※コチラ)。
前々日に宮城県を訪ねたこともあり、胸にこみ上げるものがありました。
お忙しい中、遠方から足を運んでくださり、本当にありがとうございます。

最後は皆さんといっしょにお念仏。
DSC01470_R_convert_20120419001243.jpg
仏教徒のひとも、そうでないひとも…(*^人^*)

終演後は、タオル募金とCDの販売でしたが、長蛇の列!でした。
DSC01471_R_convert_20120418235713.jpg
心よりお礼申し上げます。

最後に記念撮影↓
DSC01479_R_convert_20120418235649.jpg
30周年、おめでとうございます。
そして、ありがとうございました!!!

合掌


ちなみに
奈良のキャラクターといえばせんとくん。
でも、こちら↓
120408_1125+02_convert_20120418235445.jpg
ご存じですか、なあむくん。

奈良には他に「まんとくん」という鹿さんのキャラクターもあって
120408_1125+01_convert_20120418235427.jpg
↑こういう状況なのですよ。

せんとくんがリーダー。
だからといって
あんまり偉そうにしてはいけませんね。
120408_1126+01_convert_20120418235510.jpg
なあんてね。













こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-04-09 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT