やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29

2012年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

兵庫・楊林寺「梅花流特派師範有志講習会」

自坊の報恩講が終わった翌日、今度は朝5時に家を出て、兵庫県宝塚市へ向かいました。
朝が弱いやなせ…でもそんなことは言ってられません!気合い p(*^へ^*)q

27日は、曹洞宗・楊林寺さまで開かれたご詠歌の師範の先生方の講習会にお招きいただいたのです。
ご縁のきっかけは、宮城県石巻市の洞源院さま。
楊林寺のご住職さまは永平寺で典座というお役を務められた、精進料理のスペシャリストです。ですから、震災後はその腕でもって炊き出しに行かれたそうですよ。その様子は、楊林寺さまのブログで読ませていただくことができます。
その時に訪ねられた先の洞源院さまで、やなせのお寺コンサートの写真をご覧になったのだとか。
遠く東北を経由して、関西の曹洞宗のお寺さまから初めてご縁をいただくことになりました。うれしい不思議です(*^_^*)


音響スタッフの車で、自坊からちょうど2時間。
やって来ました
120227_0655+02_convert_20120302003425.jpg
楊林寺さま。

120227_0655+01_convert_20120302003355.jpg

とっても寒い日で、宝塚市は粉雪が降っていました。
120227_0740+01_convert_20120302003536.jpg
灯篭の上にも、うっすら積もっています。

本堂外観↓
120227_0654+02_convert_20120301230511.jpg

120227_0657+01_convert_20120302003505.jpg

本日のご本尊↓
120227_1032+01_convert_20120302003631.jpg

そしてご本尊を囲むのは、十六羅漢さま(?)
120227_0652+01_convert_20120301225913.jpg

120227_0652+02_convert_20120301230339.jpg

禅宗だなあと感じます↓
120227_0652+03_convert_20120301230416.jpg


朝7時から機材のセッティングとリハーサルをして、9時からは受付が始まるので、わたしたちは待機。
参加者の先生方は全国からお越しになっているのですが、雪で遅れた方々も少なくありませんでした。
しかし、時間通り、10時頃からお勤めが始まります↓
120227_1022+01_convert_20120302003609.jpg

その後、ご詠歌の講習↓
120227_1041+01_convert_20120302003706.jpg
浄土真宗にはご詠歌をお唱えする習慣がありません。ですから、よくわからないのですが、こういった講習を聞けるチャンスも滅多にないので、こっそりと後ろの方から聞かせていただきました。今回はご詠歌を指導する特派師範の先生方の講習ですから、レベルが高いです。専門的な知識がないと、ちんぷんかんぷんなところももちろん多々ありましたが(>_<)「声」を扱うお話ですから、興味深い点があったのも事実です。
言葉を大切にすること、節付けや音程、拍を正しくできること、とらわれ過ぎないこと…
指導の先生の声は、ハッとするほど力があり、キレがあり、美しいものでした。
リズムや声をコントロールし、自由自在に操れることが、奉詠指導では不可欠なのだと知らされます。
それにしても、コロコロと細かく回るこぶしのような節、あれは難しいですね~
解説を聞くまで、何となく耳にしていたご詠歌。奥が深いです。


ふむふむ
と聞いているうちに
だんだん緊張して来ました。
ご詠歌を指導されている、こんなにも耳の良い先生方を前に
コンサート…どうしよう(>_<)


その後、お昼ご飯を挟んでいよいよやなせのコンサート&トークです。
P1030374_convert_20120302003837.jpg
今日は久しぶりに、菊の柄のドレスを着ました。
こちらはアンティークといいますか、大正時代の着物をリメイクしたものです。柄に一目惚れして買いました(*^_^*)

CA3F05110001.jpg
声のコントロールについては、いつもより緊張して、前半はやや硬くなってしまいましたが、お話を挟んでいるうちにだんだん調子をつかんで来ました。皆さんとても熱心に聞いてくださったおかげでもあります。こちらも全力でお届けできたような気がしました。

終演後の質疑応答や、CDの販売の時には、以前わたしのコンサートを聞いたことがあるという方や、CDを既に持っているという方にも出会いましたし、この先ご依頼を受けている地域からお越しの方もありました。
皆さん「まけない!タオル」にも多大なるご協力をいただき、追加が出るほどの大人気。
あたたかい応援に、胸が熱くなりました。
ほんとうにありがとうございました。


それにしても
最近接する機会が多くなった
ご詠歌。
ちょっと
勉強してみようかな
って
ふらふら~っと思ったんですけど
その前に!
浄土真宗の声明でも
勉強しなくちゃいけないことが
いっぱいあるでしょうに!
と、自己ツッコミ(-_-)

でも
何かひとつでも
覚えたいなあと
思ったりしています。

それもまたご縁ということで。


合掌!(*^人^*)







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-02-28 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都・聞法会館「仏教スカウト指導者研修会」

静岡から帰ったあとは、自坊の報恩講(お寺の法要)でした。浄土真宗ではこの「報恩講」という行事が最もたいせつなので、何やらかんやらと大がかりな準備もあり、どうも気が休まりません(+_+)
バタバタしていたのですが、そんな中でもご依頼をお受けしました!気合い p(*^へ^*)q
自坊の報恩講・初日の夜のお座と、二日目の昼のお座の間を縫って、京都へ行って来たのです。
向かったのは本願寺(西)の隣りにある宿泊研修施設・聞法会館。
120226_0738+01_convert_20120301205614.jpg

26日は、超宗派の仏教ボーイスカウト・ガールスカウトの、指導者研修会なる場にお招きいただきました。
この研修会は、全国から仏教系ボーイスカウト・ガールスカウトの指導をされる方々が集まられます。その年ごとに各宗派が担当となるそうで、今回は浄土真宗本願寺派でした。担当のお坊さんがたまたま以前からお世話になっている奈良県のH先生で、今回の主旨にやなせのコンサート&トークが合うだろうと考えてくださったようです。
テーマは「寄り添う心とスカウティング」。
やはりここでもまけない!タオルのお話をさせていただこうと思い、歌とお話に加えて、パワーポイントによる画像も使いました。


早朝の聞法会館↓
120226_0737+01_convert_20120301205532.jpg
朝は7時半入りでした…朝弱いやなせ、眠いです…(-_-)

会場↓
120226_0830+01_convert_20120301212230.jpg

垂れ幕↓
120226_0829+01_convert_20120301205652.jpg

ステージから客席を見ると、こんな感じです↓
120226_0829+02_convert_20120301205729.jpg
本番の写真はありません m(_ _)m
「まけないタオル」「春の雪」などオリジナル曲の他、「永遠のスカウト」というスカウトの定番ソングも歌いました。H先生のリクエストでしたが、皆さんこの歌には強い想い入れがあるようで、会場は合唱になりました。ありがとうございます!

参加者の中には、以前お寺コンサートでお世話になった他宗派の和尚さんもいらっしゃいました。うれしい再会です(*^_^*)
また、「まけない!タオル」を語る上で外せない曹洞宗の寺族さまや、宮城県からお越しの方もあり、こちらも熱が入りました。
皆さん大変熱心に聞いてくださったので、全力を尽くして語り歌うことができたと思います。
終演後、まけないタオルへの協力者は後を絶ちませんでした。いろいろとあたたかい言葉をかけていただき、心よりお礼申し上げます。
また、今回ご縁をつないでくださったH先生、本当にありがとうございました。

わたしは、ボランティア活動とか、奉仕活動とか、そういったことは正直言って苦手です。ですから、ずっとノータッチで生きて来ました。
でも怠惰で弱いわたしの中にも芽生える感情はあって、恩ある人・縁ある人が悲しい想いをしていたら、寄り添いたいという気持ちが湧き上がることもあります。そんな時には、気持ちに素直に行動しようと思っています。
誰にでもやさしく親切で、あたたかい人には到底なれません。
でも、縁に導かれ、誰かの痛みに寄り添う時もあるのだと知りました。否、知り始めたばかりだとも言えます。
これからも、自分なりに出会いを大切にして、学びを深めて行きたいという想いを新たにした研修会でした。


合掌(*^人^*)







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-02-26 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

静岡・曹洞宗静岡県第四宗務所「梅花流詠讃歌奉詠大会」

山形県でのコンサート(※その時のブログはコチラ)のあとは奈良に戻らず、宮城県を回ってから次の会場を目指しました。
22日は曹洞宗静岡県第四宗務所さま主催のご詠歌の大会にお招きいただいたのです。宮城県の徳本寺・早坂文明老師の法話とコンビ。青森・香川・愛媛に続き、4度目のタッグになります。


新幹線を使って、向かったのは静岡県浜松市。
途中、富士山がきれいに見えました。
120221_1533+01_convert_20120301194234.jpg

浜松駅↓
120221_1624+01_convert_20120301194526.jpg
浜松には親しかった大学時代の先輩が住んでいるので、一度だけライブハウスでセッションをしたことがありました。でも、きちんとコンサートをお届けするためにやって来たのは、今回が初めてです。もちろん、お寺コンサートとしても初上陸の土地(*^_^)v

会場はグランドホテル浜松。
鳳中の間という会場ですが、まるで大ホールのようです↓
120221_1740+01_convert_20120301195057.jpg

本日のご本尊↓
120221_1722+01_convert_20120301195323.jpg

全体像はこんな感じ↓
120221_1723+01_convert_20120301195509.jpg

この日は、まず開会式とお勤め、その後皆さんの登壇奉詠。
お昼ご飯休憩を挟み、まずは早坂さんの講演があって、やなせのコンサートです。テーマはやはり震災のこと、そして被災地支援「まけない!タオル」でした。
本番の写真は、現時点ではありません m(_ _)m 送っていただくようにお願いしたので、届いたらまた追加でアップしたいと思っています。
今回も約40分間、「まけないタオル」「千年眠れ」、新曲「春の雪」などをお届けしました。
また、この公演に関連した法話「根っこのこころ」が、早坂さんのお寺のホームページにアップされています(※コチラ)。また、10日までは徳本寺テレホン法話(0223-38-1717)でもお聴きいただけるそうですので、是非お電話してください(*^_^*)


主催者である静岡県第四宗務所さんは、震災直後の昨年4月以降、宮城県気仙沼市本吉町へ何度も継続して炊き出しに行かれたそうです。そういったご縁から、昨年から折に触れ震災について考え学ぶ機会を設けておられるとのこと。行事のたびに、震災に関連する講演などを企画されているようです。
というのも、浜松もまた、東海地震・東南海地震が起こる可能性が高いと言われ続けている場所で、皆さん地震対策には高い意識を持っておられるのでした。
「次はお願いしますねっていう感じですよ」
宗務所の和尚さま方は、少し冗談っぽく笑って話しておられましたが、被災を他人事として捉えることなく、縁のあった土地への支援を長く続けようとされている姿勢には感銘を受けました。

本吉町へは、やなせも何度か行きました。
人が明るく親切で、海と夜空の星が美しい。とても良いところです。
新曲「春の雪」を書いたときも、何度も何度も大谷の海を思い出しました。
第四宗務所の皆さんとは、支援という名のもとで、別々に同じ風景を見ていたのだなあと思うと、不思議でした。
出会うべくして出会い、共有させていただいた時間だったのかもしれません。
尊いご縁を、ほんとうにありがとうございました。



合掌(*^人^*)









こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-02-25 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

山形・サハトべに花「やなせなな 命の支縁コンサート」

19日は、山形県西村山郡河北町でコンサートでした。
今回はお寺ではありません。河北町の婦人会の方々が主催の町の行事で、サハトべに花というホールでの公演です。
とはいえ、きっかけは地元にある曹洞宗・宿用院のご住職・三部義道さんとのご縁です。以前三部さんがご住職を務めておられるもう一つのお寺・松林寺でコンサートをさせていただいた折に(※その時のブログはコチラコチラ)、河北町婦人会の方々も見に来てくださったのだとか。そして是非に、ということになりました。
いやいやほんとに、ありがとうございます(*^人^*)


2月の山形は、雪・雪・雪。
辺り一面大雪です。
120217_1519+01_convert_20120224201148.jpg

本日の会場・サハトべに花ホール↓
120219_1144+02_convert_20120224201405.jpg

120219_1144+01_convert_20120224201344.jpg

実はこのホール、2009年の秋に一度立たせていただいたことがあるのです。その時は、山形県第一宗務所さま主催のご詠歌の大会でした(※その時のブログはコチラコチラ)。しばしば訪れる山形、応援してくださる方も多い土地です。

ポスターも作っていただきました↓
120219_1142+02_convert_20120224201322.jpg

被災地支援・まけないタオル他、物品販売や募金のブースの準備もばっちり↓
120219_1142+01_convert_20120224201258.jpg

客席をステージから臨むと↓
120219_1226+01_convert_20120224201427.jpg
こんな感じ。

今回は
「いのち紡いで こころ結んで~歌う尼さん・やなせなな いのちの支縁コンサート」
と、題していただき、昨年ずっと歌って来た被災地支援歌「まけないタオル」や鎮魂歌「千年眠れ」の他、新曲「ほんとうの空の下で~フクシマを想う時」や「春の雪」などを、唱歌と共にお届けしました。
DSCN2297_convert_20120224201926.jpg

DSCN2300_convert_20120224202224.jpg
会場には約500人ものお客さまがご来場になったそうです!

DSCN2298_convert_20120224202019.jpg

DSCN2299_convert_20120224202112.jpg
終始なごやかな雰囲気で、皆さん熱心に聞き入ってくださいました。
笑って泣いて、自分で言うのもなんですが、悔いの残らない、とっても良いコンサートをお届けできたような気がしています。

曲と曲の間のお話の中で、「ここは第二のふるさとです」と言わせていただきました。
2009年の6月以来、何度も訪れている山形県。
ごはんやお酒が美味しくて、素晴らしい温泉が各地にたくさんあって、
何より人があったかくて。
皆さんとの出会いがあったから、今日までがんばって来ることができました。それは間違いありません。
ありがとうございました。

終演後のCD販売では、以前サハトべに花でわたしの歌を聞いたよ、と声をかけてくださるご婦人と出会ったり、
別の街でコンサートを聞いてくださって以来(※その時のブログはコチラ)、ずっと応援してくださっていたお客さんと再会できたり、
ご病気のお母さんといっしょに聴きに来てくださった方からリクエストで、並んで写真を撮ったら、お母さんが笑ってくださったり
そんな
うれしいことが
いっぱいありました。

ここに来ることができて、
ほんとうに良かったなあ。


足元の悪い中、こんなにも盛況だったのは、
何よりも河北町婦人会の皆さんが、東奔西走して会を盛り上げてくださったおかげです。
最後に記念撮影↓
DSCN2301_convert_20120224202923.jpg
おそろいの赤いTシャツで、皆さん元気いっぱい!
本当にほんとうに、ありがとうございました!!!(*^人^*)

その後、宿用院さまで、皆さんと打ち上げ。
120219_1633+01_convert_20120224201610.jpg
夜遅くまで飲みました。騒ぎました。笑いました。
こういった時間を分かち合えるからこそ、一期一会のコンサートの旅、いいんですよね。

でもでも
この河北町
一期一会では終わりませんのよ。おほほ(*^m^)ノ
今年は再び訪れる予定です。次回は初夏!もう今から楽しみ!


この日のことは、三部義道和尚さまのブログにも書かれています(※コチラ
婦人会の方々とのご縁も、和尚さんあってのこと。
当日はスタッフとして、作務衣姿で走り回ってくださいました。
やっぱり師匠には、頭が上がりません。


合掌(*^人^*)









こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-02-24 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

堀下さゆりさん『スマイル』~福島の子ども達に笑顔をプロジェクト

昨年8月、やなせは福島県南相馬市のフレスコキクチ東原町店で「復興応援ライブ」に出演させていただいたのですが(※その時のブログはコチラ)、その時にとってもかわいらしい雰囲気の女の子とご一緒しました。

彼女の名前は、堀下さゆりさん
相馬市出身のシンガーソングライターで、NHKみんなのうたで放送されていた「カゼノトオリミチ」をお聴きになっている方々は多いのではないかなと思います。ポップなメロディはどこかなつかしくて、やさしくキュートな歌声が魅力的。

そんなさゆりさんは、昨年12月24日に、16トラックのフルアルバム『スマイル』をリリースされました。
相双地区の幼稚園から高校まで、全22校の子どもたち・生徒さんたちが参加し、さゆりさんの作った歌の数々を歌い、演奏されています。こちらは、「福島の子どもたちに笑顔をプロジェクト(コチラ)」という取り組みです。

 未来をになう子ども達には、いっぱい笑っていてほしい。
 その想いだけでこのCDをつくりました。
 子ども達といっしょに。
 
 堀下さゆり


CDを再生すると、明るい子ども達の声が聞こえて来て
まず、それだけで胸がいっぱいになりました。
聞き進めると、おもちゃ箱をひっくり返したようなわくわく感や、やさしさにあふれています。
ここには、絶望なんて、ありません。


CDを自分で作る、というのは、ただでさえ決して楽なことではありません。
ミュージシャン業以外の方々が想像している以上に、ほんとうに大変なことがたくさんあるのです。
ですから、
これだけの数の曲を書き、
子ども達を巻き込んで指導し、
地域や学校を説得して協力者を見つけ
何とか人の手に渡り伝わる形を作ってゆく
その労力は察するにあまりあります。
さゆりさんは、ふるさとの未来を想い、
このアルバムにいのちをかけたのだと思うのです。

― その想いだけで このCDをつくりました

短いひとことの中に、どれほどの決意があったことだろうと考えると、泣けて来ました。

福島の、日本の、抱える問題は、決して単純なものではありません。
人ひとりずつにできることなんて、何もないに等しいのかもしれません。
でも
ここには、こんなにも明るくてやさしくて、せいいっぱい強い
キラキラ輝く歌の数々があるのです。

どうかどうか
福島県や相馬市と遠く離れている方々も
これまでご縁がなかったという方も
このブログでさゆりさんの『スマイル』を知ってくださったなら、
応援してください。

★福島の子どもたちに笑顔をプロジェクトはコチラ
サイト内では、ニュース映像も見れます。
お問い合わせは、社団法人相馬青年会議所(0244-36-4411)まで。
ラジオや有線放送などでリクエストをしていただきますと、皆さんの町でも聞くことができます。


どんなに
どんなに離れていても
あなたを想うことは、できる。


(*^人^*)

120217_0801+01_convert_20120217080837.jpg









こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-02-17 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

情報解禁!CDリリースのお知らせ

今日は新しいCDリリース情報をお伝えします。

このたびやなせななは、Jusqu'à Grand -pèreさんの新作アルバム『千年の戀』に参加させていただくことになりました。
「永久(とこしえ)の君」という楽曲で作詞・歌を担当したのです(*^_^*)

Jusqu'à Grand -pèreは
ギターの高井博章さんと、ヴァイオリンのひろせまことさんによる、京都出身のインスト・アコース ティック・デュオ。「ジュスカ・グランペール」とは、フランス語で「おじいさんになるまで」という意味だそうで、おふたりが「白髪になるまで、共に音楽を続けて行きたい」という気持ちをこめて命名されたそうです。
ジプシージャズ、ミュゼット、ラテン、タンゴ、クラシックなど幅広い要素を吸収した“ジュスカ・サウンド”は、情熱的で美しいメロディが特徴。心に響くサウンドと魅力あふれるライブパフォーマンスは、ほっこりとしたお二人のお人柄と共に、年齢や性別を問わず幅広い人々に愛されています。
代表曲は「Gypsy Dance」。
お化粧品ブランド「SK-II」のCMソングとして、皆さんもおなじみかと思います(*^^)v


実は高井さんはやなせの大学の部活(軽音楽部)の大先輩。
10年以上前になりますが、いっしょにバンド活動をさせていただいた時期もありました(※バンドは2000年頃解散)。
その後は、それぞれの道で音楽活動を続けていたものの、ご一緒することはなかったのですが、このたび偶然が重なり合い、ひょんなことから再会。ジュスカのお二人がたいせつに演奏されていたインストのオリジナル曲に、歌詞をつけ、歌わせていただくことになったのです。


ご連絡をいただいたのは、去年の夏でした。
久々に会って、これまでのジュスカの歩み、曲への想い、新しいアルバムへの情熱など、いろいろな話を聞かせていただきました。
そして最終的なご依頼は
「自由なイメージで“恋”の詩を書き、歌って欲しい」
というもの。

謹んでお受けしました。

とはいえ
やなせ自身は8月以降、毎月約15本のコンサートを抱えていましたので、じっくり机に向かう時間がなかなかとれず、作詞作業は難航しました。
しかも、他の人が作った曲に詩をつけるのは、生まれて初めてのことだったのです。
公演に向かう移動の電車の中でもパソコンを開いては、疲労と眠気と闘いながら、曲の世界と向き合う日々。

そんなある時
ふと浮かんだ風景がありました。
静かな月の夜
ひとり歩く誰かの背中
道には長い影が伸びています。

この人の「恋」を描きたい―
浮かんだ世界に耳を澄まし、高井さんが作った美しい音の並びを崩さないよう、ことばを探して書き留めていきました。


その後、迎えたレコーディング。
わたしの一番リラックスできる環境で、ということで、録りは大和郡山市のNMG Studioで行いました。
NMGさんは、いつもお寺コンサートやレコーディングでもお世話になっている、いわばチーム・家族のようなスタジオです。
信頼できるエンジニア・三輪卓也さんのもと、集中して歌うことができ
せつなくも、あたたかい世界を紡ぎ出すレコーディングとなりました。

10月に録音そのものは完了していたので、
ほんとうは皆さんにお知らせしたくて
ずっとウズウズしてたんですから(*^m^)ノ


そしてそして
ミックスなのですが、
今回のアルバムの音を手掛けているのはmonk beatさん。
11月13日に、千葉県館山市・那古寺さまでの「もみじコンサート」(※その時のブログはコチラ)でも音響を担当してくださり、演奏をご一緒して、打ち上げではすっかり仲良くなったyasuさんが担当してくださったのです。
お互いそれまで全く知らなかったのですが、偶然この同じ時期に、コンサートとアルバム制作というふたつの道でつながりました。
いやあ、ご縁って不思議。
そしてうれしかったです(*^_^*)


ひとりでも多くの方々に聞いていただきたいと思っています!
発売は2012年3月28日!
詳しくは、Jusqu'à Grand -pèreのホームページ(※コチラ)をご覧くださいませ。


2011年10月、奈良県大和郡山市のNMGStudioでのボーカルレコーディングの折に。
左がひろせまことさん、右は高井博章さん↓
111027_1358+01_convert_20120213160705.jpg








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-02-13 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

奈良・さざんかホール「第20回大和高田市人権教育推進協議会研修会」

2月3日は、地元奈良県の大和高田市でトーク&コンサートでした。
主催は大和高田市人権教育推進協議会様。
会場は、さざんかホールです。
120203_1148+02_convert_20120207171816.jpg

120203_1149+02_convert_20120207171856.jpg

会場は小ホール。客席後方から↓
120203_1145+02_convert_20120207171950.jpg

本日の演題です↓
120203_1145+01_convert_20120207171932.jpg

ステージから客席を臨んで↓
120203_1144+01_convert_20120207171914.jpg

式典のあと、90分間のトーク&コンサートをお届けいたしました。
img016_convert_20120210175333.jpg

img017_convert_20120210180002.jpg

お話の緩急(テンポ)や構成など、90分で、講演会の色合いが強い時は大変です。お寺とは関係のない会場というのも、対象者が広がって、やはり難しいですね。毎回悔いのないよう、全力を尽くそうとは思っているのですが…まだまだ勉強勉強。

こんなとき、ふと思うのは、ステージは格闘技かスポーツの試合に似ているということです。
攻撃の手順を考え、あらかじめ流れを考えておく。
しかし、
本番は毎回違います。
時と場合と相手によって、繰り出すものは変えてゆかなければなりません。その判断は、瞬時に求められます。
どんな場合でも、いつも同じクオリティで技を出せてこそ。そのために訓練を重ねていますが、たとえば、衣装のボタンひとつが気になって、それが引き金となって集中力が乱れることもあるのです。それが、単位にしてほんの数ミリ程度の心の狂いでも、小さな誤差が積み重なってしまうこともあります。
最も良くないのは、そのことがテンポに影響してしまうこと。
時間を操ることができないければ、あっという間に劣勢になります。もちろん立て直そうと努め、それがうまくいくこともありますが、悔いが残る場合もありますね。

とにかく
難しいです。
img015_convert_20120210175313.jpg

そんな反省と自戒の中にあって
あたたかい応援と、感想を寄せてくださった参加者の皆さん
主催者さま、スタッフの方々
大変お世話になりました。

大和高田市は、これまでに何度かお寺コンサートで訪れたり、地元の小学校PTAさんのお招きで講演をさせていただいたこともあります。そのため、以前コンサートを見たことがあると言ってくださったお客さんもあり、地元のつながりを感じてうれしく思いました。
まけないタオルはいつも大好評ですが、この度も多くの方々から募金にご協力をいただきました。
本当にありがとうございました(*^_^*)
これからも、会心の舞台を作ってゆけるよう、地道な努力を重ねて行きます!


この日は奈良県内も冷え込み、さざんかホールの前の池は凍っておりました。
120203_1149+01_convert_20120207172023.jpg

寒い毎日が続いております。
どうぞ皆さんお体には気をつけてくださいね。








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2012-02-04 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |