やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宮城・清涼院「成道会~やなせななコンサート」

25日は宮城県気仙沼市にある、曹洞宗・清涼院さまでコンサートでした。
PAP_0012_convert_20121225175420.jpg

PAP_0013_convert_20121225175348.jpg
清涼院さまは境内にSVAの気仙沼事務局があったり、地域の避難所になっていたこともあって、今年の6月にまけないタオルをお渡しに伺いました(※その時のブログはコチラ)。
今回は成道会の後のコンサートというご縁です。

本堂外観↓
PAP_0011_convert_20121225175615.jpg

庫裏・広間も素晴らしい建物です↓
PAP_0010_convert_20121225175636.jpg

本堂の中の様子↓
PAP_0008_convert_20121225175656.jpg

本日のご本尊↓
PAP_0007_convert_20121225175757.jpg

そしてポスターも作ってくださいました↓
PAP_0006_convert_20121225175830.jpg
新聞にも広告を出してくださったそうです。

でも、寒いこともあり、会場は本堂ではなく大広間です。
本番の写真はないのですが、避難所で暮らしていた小学生の女の子NちゃんにDSのカメラで撮ってもらって、それをさらにわたしの携帯電話で撮って↓
PAP_0005_convert_20121225175901.jpg
雰囲気だけでも…f(^_^;)

今回は清涼院のお檀家さんだけでなく、以前、別の避難所で家族が聴いていた、とおっしゃる人もお越しになっていたり、新聞をご覧になって来て下さった人もあり、いろいろつらい想いを聞かせてくださる方もあったり。震災から9カ月と少し、避難所は閉所になったとはいえ、雰囲気は決して明るいと言い切れないものもありましたが、再びご縁をいただけて良かったと思っています。


そして今回はせっかく気仙沼まで来たので、
震災前からお付き合いのある少林寺さま(※その時のブログはコチラ)にも連れて行っていただきました。
所長さん、住職さん、保母さんたち…皆さんと笑顔の再会です。

まけないタオルは6月に手渡ししたのですが、その後少林寺さまの保育園の秋の運動会でお遊戯にして皆さんで踊ってくださったことを知りました。
良い子たちのダンスの様子↓
PAP_0002_convert_20121225180042.jpg

PAP_0003_convert_20121225175947.jpg
とってもうれしいです!!!(≧▽≦)
実際、この運動会のあと、父兄の方々からメールなどいただきました。
子ども達の姿を見て、歌を聴き、元気づけられました、というメッセージ。
有り難いです!

そんな運動会の話やら何やら、いろいろ語りながら、みんなでお茶をしました。
6月に訪ねた時(※その時のブログはコチラ)とは明らかに異なり、皆さん元気を取り戻しておられて、ほっとします(*^_^*)


その後、28日には気仙沼市の介護老人保健施設・はまなすの丘へ慰問コンサートに行きました。
PAP_0001_convert_20121225180027.jpg

施設外観↓
PAP_0000_convert_20121225180010.jpg

本番の様子を写した写真はありませんが、はまなすの丘の職員さんのブログに、コンサートの様子が記されています(※コチラ)。よろしければご覧くださいね。


この時、入所者のおばあさんから

 唄うよりも、海に向かって祈ってくれ
 たくさんの人が死んだんだぞ

と言われました。
認知症の人ですが、だからこそほんとうの気持ちをぶつけてくださったようにも思えました。
わたしはおばあさんの深い悲しみと憤りに触れてはっとして、
曹洞宗の檀信徒の方が多い中、お念仏をお唱えしました。
すると

 なんだそれは
 呪文みてだな

と言われてしまったのです。
笑い声まで起きたので、これはいかんと思い、せいいっぱい説明したところ
ざわざわしていた皆さんが
ひととき
しん
となられました。

 あみださまは
 いつもそばにいてくださいます


あの時、施設から見えた海の色は
太平洋にしては濃い色だったような気がします。
3月のように、ちらちら粉雪の降る、冬の海でした。
かなしみと共に、忘れることができない光景です。


後に「春の雪」という追悼曲を書いたとき
このおばあさんのことを
施設のことを
何度か思い出しました。
ここ本吉町には長く滞在したこともあり
 ふるさとの海
という言葉が浮かびました。
かんたんなワードですが、
とてもとても深い意味を持って選んだひとことです。
おばあさんのおかげなのかもしれません。


その後、風邪をひいてしまったやなせでしたが
29日は白石市カフェミルトンでのライブ。
2011年
何度も何度も宮城県に足を運んだわたしの
最後のしめくくりは
やはり原点・ミルトン。
ミルトンとの出会いがなければ
何もかもなかった
今ある縁のすべての始まり
そんな気がしています。

写真は
ありませんが!m(__)m

結局風邪でへろへろになり
そのまま一泊だけしてすぐ広島へ。
まずはダウン
からの
2012年になりました、とさ。

でもでも
皆さん
今年もお世話になりました。
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いいたします!


合掌(*^人^*)





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-31 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

兵庫・高松寺「親鸞聖人750回大遠忌法要 併 客殿落慶法要」

23日は神戸市の浄土真宗本願寺派・高松寺さまに行って来ました。
img050_convert_20121225171235.jpg
素敵なポスターです(*^_^*)
PAP_0016_convert_20121225171555.jpg

今回は報恩講であり、親鸞聖人750回大遠忌法要と客殿落慶法要でもありました。

PAP_0017_convert_20121225171110.jpg

モダンな本堂です↓(*^_^*)
PAP_0019_convert_20121225171438.jpg

PAP_0018_convert_20121225171507.jpg

中の様子↓
PAP_0015_convert_20121225171612.jpg
本番の写真はありませんm(__)m

ご住職の谷川弘顕先生の前でのトーク&コンサート、正直言ってとても緊張しました。
でも、先生は既にわたしの本も読んでくださっていて、並々ならぬ想いでご依頼くださったようでした。是非とも、とおっしゃるお言葉に甘えて、拙いながら精一杯お届けしました。
特に「シチュー」。
いつもに増して力が入りました。
おかげさまで、先生始め、皆さんとても喜んでくださって、寒い日でしたが心はあたたかくなりました。
本当にありがとうございました。

 いのちの気づきの最(再)出発をしたいと心に誓っております
 その意味でご来教を…


いただいたお手紙にありました。
こんな目下のわたしに、なんとていねいな文章でしょうか。
その中に流れる想い、何度読み返しても泣けて来ます。

誰に何を言われても
自分がとても迷っていても

 あなたの生き様の根底に お念仏に生き生かされている表現が
 歌となって響きとなって
 あらわされているのだろうと

と書いてくださった先生の想いを
忘れたくないと
念仏者
とは名乗れないままのわたしは
それでも心熱く思うのでした。

尊いご縁をありがとうございました。

深謝合掌
 






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-23 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

富山・照伝寺「報恩講・しまい講 やなせななトーク&コンサート」

21日は富山県に行って来ました。
PAP_0031_convert_20121225163303.jpg
サンダーバードにも、ずいぶんお世話になっています。

雪の季節、音響スタッフには車で奈良から向かってもらうので心配でしたが、この度は降りませんでした。暖冬でしょうか?
何はともあれ、お天気が良くてよかったです。

こちらこの度の会所・富山市にある浄土真宗本願寺派の照伝寺さま↓
PAP_0028_convert_20121225163405.jpg

PAP_0030_convert_20121225163319.jpg

金沢学院大学の教授であるご住職・田邊正彰先生は、東北の宮城県・福島県で学生さんたちと共にボランティア活動をなさっている際、まけない!タオルプロジェクトと、やなせななの歌をお知りになったとのことでした。それで、今回のご依頼をしてくださったのです。何とも有り難いご縁です。

先生が作られた、被災地の現状を知らせるスライド↓
PAP_0024_convert_20121225163756.jpg

まけないタオルのことも掲示してくださっています↓
PAP_0022_convert_20121225163830.jpg

さらにやなせのCD・本もこうして宣伝してくださり、何よりも全種類ご購入済みでした!
PAP_0023_convert_20121225163815.jpg
ありがとうございます!(*^人^*)

本日のポスター↓
PAP_0029_convert_20121225163349.jpg

本堂の中の様子↓
PAP_0026_convert_20121225163423.jpg

本日のご本尊↓
PAP_0025_convert_20121225163719.jpg

報恩講のご縁でしたが、被災地支援がメインのコンサートとなりました。
CA3F03920001_convert_20121225163915.jpg

皆さん日ごろから先生のボランティア活動についてお聞きだからなのか、大変熱心で、多大なるご協力を賜りました。心よりお礼申し上げます。
CA3F03940001_convert_20121225163946.jpg
ありがとうございました(*^人^*)


照伝寺さまには、来年もご縁をいただく予定です。



こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-22 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

東京・「音の風コンサート~僕らが東北で歌い吹かせた風は」

和歌山県でのコンサートを終えたら、すぐに東京に向かいました。
12月18日は、曹洞宗の宗務庁がある東京グランドホテルにて開かれる「音の風コンサート」に出演するためです。
img048_convert_20121225153058.jpg

音の風コンサートは、カウンターテナー歌手の池田弦さんがプロデュースされているものです。
コンサートパンフレットより、弦さんの言葉↓(※原文まま)
***************************************
3.11大地震の後、私達は自分たちに何ができるのか考えました。「音楽は無力なのか」「歌はどんな力を秘めているのか」「子供達に何を見せ、何を聴かせなければならないのか」。
この夏、子供達と向かった各地で、被災された方々、私たちを迎え入れてくださった地域の皆さんとの数多い出会いがありました。そして、皆さんと共に歌った時間の中から、『音楽で人は通じ合える』という確かなものを感じることができました。あの時、私達が「東北で歌い吹かせた風」、そして今日、またここに仲間が集い「新しく吹く風」。一人でも多くの方に、この“音の風”を届けたい。そして共に“音の風”になりたい、と強く願い、この活動を支えてくださっている全ての方々に感謝しながら、私達はこの活動を続けたいと思います。
***************************************
SH3L00270001.jpg
弦さんとは、まけない!タオルプロジェクト代表の三部義道さんの紹介で出会いました。三部さんがご住職を務めておられる松林寺がある山形県最上町とゆかりのある弦さん。ひょんなことから、「まけないタオル」を合唱曲としてご指導いただくことになりました(※編曲は奥田祐さん)。以来、何度か公演をご一緒しています。上記の文章から伝わるように、とても熱い心の持ち主なのです(*^_^*)

弦さんが指導されている子ども達の合唱団は、被災地各所を回り、大変好評だったそうです。
旅の様子など↓(※コンサートパンフレットより)
img049_convert_20121225153716.jpg

今回は3部構成。
まずは弦さんと、池田敏美さん(ヴァイオリン)、渡邊敦子さん(ソプラノ)、淵本祐子さん(ピアノ)によるコンサート。本格的なクラシックの演奏家の皆さんですが、クリスマスソングも含め、大人からお子どもまで誰もが知っている曲を楽しいトークと共に演奏してくださいます。

2部は、三部義道さんと早坂文明さん、そしてやなせの鼎談。
そしてやなせのミニコンサート(※「まけないタオル」など)。
3部は、久喜児童合唱団・東京こどもオペラ合唱団・女声合唱団ヴェネーレ・まけないタオル最上町コーラス隊(山形)の合同合唱によるコンサート。
まけないタオルコーラス隊の中には、福島県浪江町から避難せざるをえなかったご一家も所属されています。夏のコンサート(※その時のブログはコチラ)では涙・涙でしたが、今回は暮らしも落ち着かれたそうで、笑顔が見えました。よかった~(*^_^*)

合唱団リハーサルの様子↓
PAP_0038_convert_20121225155324.jpg

ランチレセプションでは、被災地の現状が報告されました。
PAP_0036_convert_20121225160538.jpg

ロビーではまけないタオル募金など、被災地支援グッズ等が販売されています。
PAP_0037_convert_20121225160431.jpg

そして本番↓
PAP_0033_convert_20121225160640.jpg

子ども達が客席で踊りや手話もしてくれます(*^_^*)
PAP_0035_convert_20121225160605.jpg

PAP_0034_convert_20121225160622.jpg
やなせななの出演部分の写真はありませんm(__)m

この合唱「まけないタオル」は大変好評で、各地で歌われています。
学校の教材になったり、やなせが伺ったお寺さんでもコーラスグループを結成しておられる場合、歌いたい、と何度も言われました。有り難いことです(*^人^*)
自分が作った歌が、誰かの唄っておられる歌になるなんて。
わたしの手を離れて、広がってゆくなんて。うれしいうれしいことでした。皆さんが実際に口伝えで歌ってくださっている現場に立ち会わせていただくことは、何物にも代えがたい喜びです。
アレンジして下さった奥田さん、ご指導して下さっている弦さん、渡邊さん、いつも美しいヴァイオリンを聴かせてくださる敏美さん、淵本さん始めピアニストの方々、本当にありがとうございました。
皆さんの音楽への愛が、多くの人のご縁を繋いでいったのだと思います。
これからも、ジャンルは異なりますが、共に音の風の中、被災地支援に関わらずご一緒したいです(*^人^*)

なお、このコンサートでの「まけないタオル」合唱は、下記のyoutube動画でご覧いただけます。


追記:
打ち上げも楽しかったです(*^_^*)
翌日の昼も、忘年会と称してまだビールを飲んでいたのは、チームまけないタオルのドラえもん(三部さん)とのび太くん(早坂さん)でした。とほほ。
PAP_0032_convert_20121225160720.jpg



こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-19 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

和歌山・海南市人権集会コンサート

人権関連の行事はまだまだ続きます。
12月17日は、和歌山県海南市に行って来ました。
PAP_0004_convert_20121225141949.jpg

今回は日方地区人権尊重推進委員会さまからのご依頼です。
会場は、海南保健福祉センター↓
PAP_0003_convert_20121225142006.jpg

PAP_0002_convert_20121225142140.jpg

ポスターも作って下さいました↓
PAP_0000_convert_20121225142035.jpg
これを見て、親戚の女の子も来てくれていました(*^_^*)

中の様子↓
PAP_0001_convert_20121225142051.jpg

今回のテーマは、「いのちのふるさとを求めて」
CA3F03810001_convert_20121225142336.jpg
式典などはなく、やなせのコンサート&トークを70分ほど休憩なしでお届けしました。
ご来場者も多く、客席はほぼ満員。終演後皆さんからあたたかい応援のことばをかけていただくこともできました。
和歌山県、何度も訪れて、次第に空気に慣れて来たような。
海と蜜柑の町は、皆さん明るくやさしいです(*^_^*)


お世話になった皆さん、ありがとうございました。







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-17 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

街の灯のCMが見れます。

東北六県で8月に放映された、曹洞宗東北管区テレビCMが、この度web上でもご覧いただけることになりました。
やなせななの「街の灯」がBGMとして使用されています。
曹洞宗東北管区教化センターのページの、「TVCM」の項目にアップされています。
15秒の短いものですが、震災向き合い支え合う心を伝える、素敵なCMです。
ご覧いただけると幸いです。
なお、携帯電話からご覧の方は、このブログから動画を見ることができないようです。あしからずご了承ください。

★曹洞宗東北管区教化センターのページはコチラ(←クリックしてね)

★やなせなな「街の灯」動画↓↓↓





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-13 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

兵庫・世界連邦運動協会加古川支部「第16回平和のつどい」

雲南市から戻った翌日は、兵庫県加古川市でコンサートでした。
今回は世界連邦運動協会加古川支部主催の「第16回平和のつどい」に出させていただくことになったのです。ご縁を結んでくださったのは、天台宗・鶴林寺さま。以前コンサートに伺ったのですが(※その時のブログはコチラ)、好評だったとのこと。うれしいです(*^_^*)
その時の歌を聞いてくださったご住職の幹 栄盛さんより、今回のご依頼をいただきました。幹さんは世界連邦運動協会加古川支部長をお務めなのです。


素敵なポスターを作ってくださいました。
PAP_0005_convert_20121225140033.jpg

本日の会場は、加古川市民会館小ホール。
外観↓
PAP_0007_convert_20121225140149.jpg

エントランス↓
PAP_0008_convert_20121225140225.jpg

看板です↓
PAP_0006_convert_20121225140452.jpg

ロビーには、加古川支部の継続事業であるカンボジア学校建設募金の活動に関連して、カンボジアの子ども達の絵や、加古川市内の小中学生の絵が展示されていました。
PAP_0009_convert_20121225140745.jpg
この日は、コンサートの前に小中学生の作文コンクールの優秀作品表彰式と作文朗読もあります。

会場の様子↓
PAP_0010_convert_20121225141026.jpg

垂れ幕↓
PAP_0012_convert_20121225140955.jpg

舞台から客席を見て↓
PAP_0011_convert_20121225141009.jpg
やはり今日も満員のお客さまでした。作文発表のお子さんのご家族も多かったようです。

作文朗読のあとは、やなせのコンサート↓
img046_convert_20121225141056.jpg

img047_convert_20121225141115.jpg
平和をテーマにお話と歌をお届けしました。
演題は「心から心へと伝えられるあいのうた」です。
皆さんとても熱心に聴いてくださったようで、応援メッセージ多数いただきました。

お世話になった皆さん、本当にありがとうございました(*^_^*)








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-12 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

島根・雲南市人権センター「定例公開講座」

さてさて
人権週間はまだまだ続きます!
今度のご依頼人は、島根県雲南市の人権センターさんです。
以前出雲市でコンサートをさせていただいた折(※その時のブログはコチラ)に足を運んでくださり、ご依頼をいただく運びとなりました。

今回は飛行機で出雲空港へ向かいました。
PAP_0024_convert_20121225060512.jpg
伊丹から乗った飛行機は、席が横並び3列しかない、まるで空飛ぶバス(-_-)
それまで結構なローカル線・プロペラ機にも乗って来ましたが、
これまでにないほど小さな機体で
めちゃくちゃ
揺れました(T_T)

空港までは人権センターの職員のNさんが迎えに来てくださいました。
同い年ということもあり、明るいNさんのお話に大笑い。
市内で一泊した翌朝の12月10日、会場入りです。
今回は加茂文化ホール・ラメールのふれあいホールという会場。
PAP_0019_convert_20121225060818.jpg

外観↓
PAP_0017_convert_20121225060904.jpg
なんですか!これは!(*_*)

何とも個性的な建物ですね!
PAP_0016_convert_20121225060938.jpg

ホールの扉にはポスターが
PAP_0020_convert_20121225060702.jpg

素敵に作っていただきました(*^_^*)
PAP_0018_convert_20121225060834.jpg
タイトルは、やなせの本『歌う。尼さん』の中から「いのちの振り子を揺らして」とつけてくださいました。これも担当者Nさんの案です。とても素敵ですね。

ホールの中。
これまた不思議な雰囲気です。
PAP_0021_convert_20121225060615.jpg

天井↓
PAP_0022_convert_20121225060556.jpg

ステージから↓
PAP_0023_convert_20121225060532.jpg


午前中リハーサルをして、昼食のお弁当をいただきましたが
なんと、全てがお野菜のマクロビ弁当でした。
もう素晴らしく美味しく、かつボリュームもあり、感動しきりだったのですが、食べることに夢中で写真を撮ることを忘れていました…(>_<)あれはどちらのお弁当だったのでしょうか。もう一度食べたい!二度とない味です!

さてさて
美味しいお食事をいただき、いよいよ本番。
P1030054_convert_20121225060330.jpg

P1030058_convert_20121225060358.jpg

お天気は少し雨降りでしたが、たくさんの人がお越しくださいまして、客席はほぼ満員でした。
これも人権センターの皆さんのおかげです(*^人^*)
P1030061_convert_20121225060423.jpg
中でも特に担当者・Nさんのおかげで、皆さんも大変熱心に耳を傾けていただくことができました。
手ごたえを感じた公演。
本当にありがとうございました!


追記:
終演後、飛行機の出発まで時間があったので、限られた時間ではありましたが観光案内をしていただきました。須賀神社へ(^O^)
PAP_0015_convert_20121225060957.jpg

PAP_0013_convert_20121225061056.jpg

独特のしめ縄が印象的です↓
PAP_0014_convert_20121225061028.jpg











こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-10 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

広島・「呉市豊公民館 人権講演会」

さらに続きます、人権週間。
ということで、8日は広島県呉市に行きました。
呉は以前もコンサートに伺ったことがあるので(※その時のブログはコチラ)、近い
そう思っていましたが
またしても、平成の大合併を忘れておりまして
大誤算(>_<)
呉は呉でも、ご依頼人は豊町の人です。
豊町って
どこにあるのかというと、
瀬戸内海に浮かぶ大崎下島という島なのです。
PAP_0010_convert_20121225045100.jpg
島!(*_*)
初上陸です!

奈良県からどうやって行くかというと、新大阪から新幹線を乗り継いで三原まで行き、そこからJRの在来線で30分かけて竹原という駅へ。
PAP_0011_convert_20121225045036.jpg
駅からは、船に乗り換えるため港へ行くのですが、歩くと少し遠く、車(タクシー)しか交通手段がありません。タクシーでは10分ほどで着きますが、
PAP_0009_convert_20121225045122.jpg
イマイチ自分がどこにいるのかわからず、港の地図で位置確認。
PAP_0012_convert_20121225045019.jpg

高速船で50分かかります。
PAP_0005_convert_20121225045307.jpg
我が家から考えると、目的地の豊町大長港まで至るには乗り換えが6回もあり、なんとも遠いです(+_+)
でも
眼下に広がる海!
PAP_0007_convert_20121225045218.jpg
何て美しいのでしょうか。移動の疲れなど吹き飛びます(*^_^*)

12月とはいえ、瀬戸内海は日中さほど寒くありません。
わたしは甲板に座り、ひとり、ずっと波を見ていました。
そして
♪瀬戸は~日暮れて~
と唄わずにいられなかったのです。
PAP_0008_convert_20121225045138.jpg
観光船ではないので、誰も潮風の強い甲板にはいません。
それを良いことに大声熱唱。

船は各島の港を回ります。
こんな船があったんだなあ。
乗り降りする人を見ながら、島で暮らすってどういう感じなのかなと考えたりしていました。

そうこうしていると、着きました大長港。
PAP_0006_convert_20121225045244.jpg
ここは早生蜜柑の産地だそうです。

公民館の方に迎えていただき、会場へ。
今回は豊公民館 堀ばたホールというところです。
外観↓
PAP_0004_convert_20121225045328.jpg

PAP_0003_convert_20121225045427.jpg

垂れ幕↓
PAP_0002_convert_20121225045410.jpg
今回の題目は「心から心へと伝えられるあいのうた」です。

客席↓
PAP_0001_convert_20121225045354.jpg
とても美しいホールです(*^_^*)
お客さんも満席で、即興の「瀬戸の花嫁」も含め、10曲をトークと共にお届けしました。
写真はありませんm(__)m

その後は一泊して、帰路に。
帰り見送ってくださった担当者のOさんから、いろいろお話を聞かせていただきました。
毎回知らされることですが、どういった想いでやなせをお招きくださったのか、その背景にある人生の苦悩に触れて、胸が痛みつつも同時に感銘を受けることが多いのでした。
いろんなことがあるけれど、背負って懸命に生きておられる方々の多いことを知らされます。

寅さんの映画に出て来るような大長港の待合室でお話をした後、あたたかい気持ちになったわたしは、再び船に乗り、帰路に着きました。
今度は甲板に出ず、室内でぼんやり。


さてさて
このあと
まさに「男はつらいよ」の映画のような出来事があったのです。


船は無事、竹原港へ着きました。
案内通りJRの駅までタクシーに乗ろうとしたら、
ちょっと待って
港にはそもそもタクシーなど止まっていないことに気づきます。
どうしよう!(T_T)

オロオロしていたら、同じ船に乗っていたひとりのおばちゃんが、
「わたしの車で送ってあげようか?」
と声をかけてくださるではありませんか!(^O^)

わたしはやさいいおばちゃんの車で、
竹原駅ではなく、新幹線の三原駅まで送っていただけることになりました。

道中、いろんな話をしました。
おばちゃんがどんな人生を送って来たのか。
今、どんな暮らしを送っているのか。
なぜこうして、見ず知らずの人を車に乗せるのか。

「せちがらい世の中でしょ。
 誰も他人を信用しないじゃない。悲しいよねえ。
 だからせめて、自分は誰かにやさしくしたいなあって。思ってるのよ。」

おばちゃんは、煙草をふかしながら、ガラガラした声で話します。
わたしと歳の変わらないお嬢さんがふたりいて
長年お店を営み、ずっと女手ひとつで娘さんを育てたと教えてくれました。
今はもう独立しているので、おばちゃんは悠々自適の暮らし。
でも、ひょんなことから週に数回、豊町のお菓子(みかんの)工場で働くことになったのだとか。
人当たりが良くて、どこかなつかしい印象を受ける話し方でした。

そうしてお話をしながら40分くらい走った頃でしょうか。
おばちゃんは、家に忘れ物をしたから…とか何とか言って、ご自分のおうちに立ち寄られました。
数分間、わたしは車の中で待っていましたが、間もなくおばちゃんは戻り、そこから15分ほどで竹原駅へ。

駅に着き、車から降りようとしたわたしに
「気をつけてね」
そう声をかけてくれたおばちゃんはお土産を渡してくださったのです。
それは、新聞紙にくるまれたお魚でした。
そうなのです。
おうちに寄った理由は、
わたしに魚を持たせるためだったのです。
「まっすぐおうちに帰れるんでしょう?じゃあこれ、ご家族の皆さんと食べて」
おばちゃんの笑顔を見て
胸にじーんと熱いものが込み上げました。
こんなやさしい人がいたなんて。

感謝してもし切れない想いを胸に、
何度も何度もお礼を言って、わたしは新幹線に乗りました。


船から見た風景も
島も
蜜柑の色も
公民館の職員さんの人生も
おばちゃんのやさしさも
みんな
みんな
映画の中のもののようです。


20代のころ
寅さんにあこがれています、と言ったことがあったけど
ほんとうに寅さんになったような
なれたような
そんな
不思議な一日でした。

忘れられない想い出が、またひとつ増えました。






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-09 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・「東大阪エイフボランタリーネットワーク講演会」

7日は東大阪市にある、市立男女共同参画センター・イコーラムホールでコンサートでした。
近鉄若江岩田駅すぐです。
PAP_0013_convert_20121225043225.jpg

チラシ↓
隰帶シ比シ壹メ繝ゥ繧キ_convert_20121225043456

主催は、NPO法人東大阪エイフボランタリーネットワークさんです。
今回のテーマは子宮ガン。最初に産婦人科のお医者さまである西岡良泰先生の講演があり、その後はやなせのコンサートでした。
題目は「わたしの子宮ガン体験」。
そのものズバリで、いつもよりやや多めにガンについてのお話をしましたが、何もわたしの病気のことばかりお伝えしても仕方がありません。苦悩と向き合うことをテーマにお話と歌をお届けし、その中でこの度もまた被災地支援の歌とお話をさせていただきました。まけないタオルは、いつも皆さんからたくさんのご支援をいただきます。ありがとうございました。

本番の写真や、外観の写真の写真などは今回ありませんm(__)m


女性ばかりのお客さまで、皆さん明るく活発でした。
とにかく、とても熱気があり、終演後はたくさんの応援をいただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

子宮と卵巣を失うことは、かなしいものです。
未婚で子どもがいなければ、なおさら。
でも、失くしたからといって、いのちある限りは、どうってことない。
皆さんの応援を聞き
同じ体験を持つ方々の多さを知らされ
生かされているんだもの、元気出して行こう、と改めて思いました(^O^)
先のことはわからないけど、とにかく今は!





こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-12-07 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT