やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

レコーディング終了!

今日(日曜日)は、朝からスタジオに入って、まけない!タオルプロジェクトのテーマソングのレコーディングでした。
110626_1346+01_convert_20110627004144.jpg
2曲を録るのにおよそ12時間かかりましたが、
自分の印象としては、これが妥当というか、
順調に作業が進んだなあという感じです(*^_^*)


伴奏のメンバーは、いつも地元・関西でのライブでサポートしてもらっている皆さん。
ピアノ・黒石純子さん↓
110626_1344+01_convert_20110627003040.jpg

110626_1343+01_convert_20110627003430.jpg

ギター・岡部昭さん↓
110626_1503+02_convert_20110627003605.jpg

ベース・黒石昇さん↓
110626_1053+01_convert_20110627003847.jpg

ドラム・森本耕司さん↓
110626_1053+02_convert_20110627004016.jpg

110626_1052+01_convert_20110627004336.jpg

アルバム『願い』のレコーディングを共にして以来、音の結束はずいぶん固くなりました。
バンドメンバーには、いつもほんとうに助けてもらっています。
みんながいなければ、わたしの曲は完成しません。
あれこれと知恵を出していただき、ふむふむなるほど、ではやってみましょう、の繰り返しで、スタジオリハサールもずいぶん重ねました。
伴奏者には根気と忍耐、そして、やなせとの信頼関係がないと、こういったことはなかなかできないと思っています。
ありがたいです。ほんとに。

作業合間のメンバー↓
110626_1035+01_convert_20110627004808.jpg
雰囲気はいつもなごやか。

そしてレコーディングエンジニアも、お寺コンサートやライブ、音源作りなど、いつもいつもお世話になっているNMGスタジオの三輪さん↓
110626_1345+01_convert_20110627004603.jpg

あすかちゃん↓
110626_1035+02_convert_20110627004746.jpg

110626_1039+01_convert_20110627004833.jpg
これがまた、強力なサポーターなのです。
わたしの歌(人間性)の、表も裏も熟知しているエンジニアあってのレコーディング。
まさに「チーム」です。

みんなまけないタオルを手に、がんばってくれました。
110626_1344+02_convert_20110627004859.jpg
被災地でのことを思い出すと、ついつい歌声に力が入り過ぎてしまうわたしに
NMGスタジオ社長の朝倉さんは
「みんなで楽しくやろうや、という気持ちで歌ったらええのんちゃう」とアドバイス。
がんばれ、と言われる人の気持ちを考えてみては、と言われたときは、
目からウロコでした。

まけないぞ
は、震災支援のためだけの掛け声ではなくて
すぐに立ち止まってしまう
この弱くてナサケナイわたしを励ましてくれることばでもあるのだから。
yanasenaan_convert_20110627012430.jpg


CDは8月発売予定です。
カップリング曲で、鎮魂歌の「千年眠れ」も完成しました。
作詞は「まけないタオル」と同じく、宮城県山元町の徳本寺ご住職・早坂文明さん。

詞の世界に添って曲を表現できたのかどうかは、わたしは作詞者本人じゃないので、最後の最後まで、絶対にわかりません。
でも、早坂さんがお坊さんとして詞を書かれたのならば
わたしも尼さんとして、精一杯曲を書き、歌いました。

イメージは湧いても、なかなかできなかった曲。
でも、山元町をこの足で訪れたことが、よかったような気がしています。
わたしなりの鎮魂・追悼の想いを、
被災された早坂さんの詞を手掛かりとして、
曲にさせていただいたら
このような形になったという感じです。

その曲世界に、黒石純子(長月佑佳)さん・黒石昇さんの「グレグレデュオ」のサウンドがばっちりハマったような。
とにかく、悔いのない仕上がりになりました。
「まけないタオル」が太陽ならば、この歌は月です。
どうぞお楽しみに。



さてー
あしたはミックスダウンです。

ミックスダウンとは?
前にも書きましたが、
おにぎりを作るようなものです。

今の音は、
ほかほかごはんと、梅干しと、のり、って感じの状態なんですよね。
それを、梅干しをくるんだごはんを握って、のりを巻いて、おにぎりにする。
あしたのミックスはそんな作業
だと
わたしは
思っています
けど
あれ
違うかな…汗

何はともあれ
音のバランスを考えて、配置して、質感を決めて…etc
CDとして聴きやすい音に整えてゆくのです。
エンジニア三輪さんの腕が頼り。
やなせは作業を見守りつつ、
そうですかね、うーんどうでしょう、いやいやいいですね
とかとか
偉そうに意見して
イメージを固めて行くのです。
とにかくこれでもプロデューサーですのでねえ。へへへ。


今日のブログは長くなりました。
すみません。
あしたもがんばりますよっ(*^▽^*)









こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-27 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

寄り添うタオル

コンサートラッシュも終わり、留守中たまりにたまった事務仕事も、ようやく少しずつ目処が立って来ました。
でも、ブログは…(-_-;)
コンサートの記録を全部アップしようと思うと、20カ所分くらい、まだ書けていないものがあるんです。
今週から来週にかけて、少しずつでもさかのぼり日記をアップしたいと思っていますので、どうぞお楽しみに(*^_^*)

さてさて
そんな中、きのう「チームまけないタオル」代表の三部義道和尚さんから、とっても有り難く、うれしいメールをいただきました。
そのメールには、ある写真が添付されていたのです。


震災発生の日から3ヶ月目の6月11日。
被災された方々から依頼を受けた、宮城県石巻市渡波の洞源院さんが、石巻・女川・東松島の3カ所で追悼法要を行われたそうです。
三部さんから送られた写真は、その法要の様子でした。
P6114039_convert_20110623173200.jpg
見ると、参列者の皆さんが、そろって頭に「まけないタオル」をかぶっておられるのです!
追悼法要当日は雨だったそうで、皆さん雨をよけるため、頭にまけないタオルをかぶってお勤めされたというわけです。これは、タオルの両端にゴムを通して、頭にかぶることができるようにしたものだとか。

★法要の様子は新聞(コチラ)にも取り上げられています。


ご詠歌をお唱えの様子。
洞源院の奥さまの姿が写っています。
今月初めにお会いしたとき、わたしにご詠歌を聴かせて下さいました。
心のこもった美しいお声で、とても胸にしみたのです。
P6114036_convert_20110623174131.jpg
きびしいけど、とびきりあたたかい。
大好きな洞源院のお母さんの声が、聞こえて来るようです。

祈るお姿。
P6114199_convert_20110623173717.jpg
まけないタオルは、皆さんに少しでも寄り添うことが、できたのかな。
そう思うと、やっぱりちょっとだけ、泣けました。
遠く離れているけれど、わたしも共に祈りたい。そう思いました。


さてさて。
今度の日曜日は、「まけないタオル」テーマソングのレコーディングです。
CDのカップリング曲も、ようやく完成しました。
どうなるのか、我ながらドキドキわくわくです(*^_^*)






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-23 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

富山・浄蓮寺「永代経法要コンサート」

6月19日は、富山県にある浄土真宗本願寺派・浄蓮寺さまでのコンサートでした。
前日、母校龍谷大学の講義にパネラーとして出席させていただいた後(※その時のブログはコチラ)、京都駅からサンダーバードに乗って、一路北陸へ。
富山は先々週の4~5日に行ったばかりです(※その時のブログはコチラ
いやあ、ご縁が重なり有り難いです(*^_^*)

今回お招きくださった浄蓮寺さまは、昨年8月、富山の上新川組というエリアの親鸞聖人750回大遠忌法要で出会いました。大遠忌法要でコンサートをさせていただいた私をご覧になり、お声をかけて下さったというわけです。
その後も、NNNドキュメント'11をご覧くださったり、ずっと応援していただいておりました。


富山駅から車で20~30分でしょうか。
やって来ました
110619_0712+02_convert_20110720062008.jpg
浄蓮寺さま。

本堂を通りから臨んで↓
110619_0712+03_convert_20110720062052.jpg

通りには、大きな大きな看板も設置して下さっていました↓
110619_0712+01_convert_20110720061916.jpg
こんなものを作っていただいたのは初めてで、とてもうれしく、また大きさにめちゃくちゃ驚きました!
ありがとうございます(≧▽≦)

境内に入って、本堂に近づいてみました↓
110619_0713+01_convert_20110720062129.jpg

本日のご本尊↓
110619_0715+02_convert_20110720062313.jpg

そして、ご本尊の周囲(お内陣)の様子↓
110619_0715+01_convert_20110720062245.jpg

110619_0716+01_convert_20110720062411.jpg

110619_0716+02_convert_20110720062557.jpg

本堂というのは不思議なもので、ご住職始めお寺に住む方々のお人柄が表れるような気がします。
いわばお寺の「顔」なんでしょうかね。
今回お訪ねした浄蓮寺さまのお内陣は、シンプルで、無駄なものが一切なく、とっても美しかったのでした。
もちろん、他のお寺さまの本堂も、それぞれに美しいです。
自坊も、歴代のご門徒さんの心に支えられて建立されたわけですから、思いがいっぱい詰まっているような気がして、大好きですし。一生懸命お掃除もします。
でも、この浄蓮寺さまの、ぴしっときりっとしたお内陣は、他ではあまり見たことがない独特の雰囲気でした。
いやいや、素晴らしい。
すごく気に入ってしまい、同時に感動しました(*^_^*)

そして客席↓
110619_0715+03_convert_20110720062520.jpg

法要は朝からスタートし、献花献灯があって、お勤め。
その後、龍谷大学准教授の松尾宣昭先生のご法話。
110619_1046+01_convert_20110720062636.jpg

お昼ご飯を挟んで、午後からはやなせのコンサートでした。
CA3F01520001_convert_20110720062851.jpg

CA3F01490001_convert_20110720062722.jpg
「心にしみる癒しの歌」と題して下さり、皆さん大変熱心に耳を傾けて下さいました。
休憩を挟んで、およそ1時間半。
ほんとうにありがとうございました。

CA3F01500001_convert_20110720062804.jpg
忘れられないコンサートの想い出が、また1つ増えたなあと思った一日でした。


合掌(*^人^*)













こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-20 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都・龍谷大学「協定型インターンシップ」

6月18日は、わたしの母校・龍谷大学よりご依頼をいただき、京都の本願寺のお隣りにある大宮学舎へ行って来ました。
今回はコンサートではありません。
「協定型インターンシップ」という職業体験の講義の受講生を対象に、事前学習の一環として企画されたパネルディスカッションに、卒業生のひとり(パネラー)として出席するためです。
このディスカッションのテーマは

― 私にとっての職業 職業を通じて考える人生 ―

最初このお話が来た時は、
無理無理無理無理
だと思いました。
その理由は
わたしは「職業とはこのようなものですぞ~」と
堂々と言えるような感覚で
社会人をしているわけではない、と咄嗟に思ったからです。

今、お寺の住職です、なんて名乗っていますが、
うちは本当に小さな小さなお寺で、
代々兼業しないと生きていけなかったのです。
曾祖父も祖父も父も、みんなお坊さん一本道の人生ではありませんでした。僧侶となっても常に在家の立場で迷い、悩んでいたように思います。そしてわたしもまた、その姿を継いでいるわけです。

では、住職以外の仕事は何か?というと
歌手。
ってこれまた曖昧な職ですよね。

資格を取ったわけではありません。
とにかくがむしゃらに
しつこく
地道に
やめるにやめられないままやって来て
なんとかシンガーソングライターとして歌う尼さんとしてやっている現状。
今もしょっちゅう迷いながら
時に深く悩みながら
どうにかこうにか続けている、という感じ。

ほんとうにこんなんですけど、学生さんの参考になるのですか?大丈夫ですか?
と大学側に尋ねたところ
いいのです、との返答。
ならば、と心を決めて
県庁の立派な方(75年卒)や、会社の社長さん(79年卒)と共に
このディスカッションに臨むこととなりました。

そして久しぶりにやって来ました
110618_1214+01_convert_20110720002402.jpg
龍谷大学。

110618_1214+02_convert_20110720002426.jpg
大宮学舎は明治時代に建てられたもの。
今は重要文化財なのです!

なつかしい学び舎の廊下↓
110618_1306+01_convert_20110720002507.jpg

まずは先生方や他のパネラーさんと、教室で打ち合わせがてら昼食。
でも、やなせは自分が思っている以上にすごく緊張してしまって、全く食欲が湧きませんでした…すみません(T_T)

そして向かった教室↓
110618_1305+01_convert_20110720002448.jpg
ついこの間、ここで講義を受けたような気がしてしまいますが、もう15年近く前になります。
あの時、教壇に立っていた先生のうち、少なくとも2人は亡くなられました。
もっときちんと勉強しておけばよかった、と
今さらながら後悔してしまい、胸が痛みました。

そんななつかしの教室で教壇に立ち
目の前の学生さんを見ると
うへー
怖い
それが第一印象です。
イマドキの若者が
若者がああああああ
鋭い視線でこちらを見ています。
それだけでもちびってしまいそうでした(失礼)。

でも
他のパネラーのお二人は違います。
さすがだなあ
と思う、若者の心のつかみ方。
人を惹きつける話。
そこに立っているだけで、オーラが出て来るというかね。
いやースゴイ。スゴイなあ。
長らく社会で働き、多くの人を指導して、夢を追いかけ仕事を成し遂げて来た人のオーラ。
勉強になるなあ、と、隣りで感動してしまったのですから、
わたしはまだまだ、心を学生側に残しているんですよね。
それを痛感しました。
痛感しながらも
せっかくのお役目ですから
自分なりの話をさせていただきました。

学生さんの目は、最後まで何だか怖かったです。
どこかに
もうひとりの自分がいて
こっちを見ているような気がして。


役不足だったかな、と
ちょこっとへこんで帰ったのですが
その後、
何人かの学生さんの感想を、間接的に聞かせていただきました。
中に

 「あきらめきれないことがあるなら、あきらめなくていい」
 と言っていたのが、とても印象に残った

という一文がありました。
おお
わたしが言ったことを
おぼえていてくれたんだね。
ことばが届いていたんだなあと、感激。

でも
実はね
これ
わたしのことばじゃないのです。
ゴメンナサイ。
この名言は
甲本ヒロトさんの歌の一節。
ブルーハーツの「泣かないで恋人よ」という名曲の中に

 あきらめきれぬことがあるなら
 あきらめきれぬと あきらめる
 あきらめきれぬことがあるなら
 それは きっといいことだ

という歌詞があって、
わたしはこの歌に、めちゃくちゃ支えられてここまで来ました。
だからこそ、言ったのです。
それが届いて、うれしいかったなあ。
とっても。

とはいえ
ヒロトの言葉を引用しているわたしは
やっぱり
まだまだ
道の途中なんだなあ。


良い勉強をさせていただきました。
先生方
パネラーの先輩方
そして学生さん
ほんとうに
ありがとうございました(*^_^*)
 

長くなりました。
最後に、youtubeで見つけた「泣かないで恋人よ」を貼っておきます。
携帯電話からは見られないようですけど…ゴメンナサイm(__)m












こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-18 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

曹洞宗北海道第二宗務所寺族研修会

6月16日は、北海道の札幌市へ行って来ました。
2月に札幌市内のお寺さまの涅槃会にお招きいただいたことがご縁となって、北海道第二宗務所の教化主事・松井宏文さんが、寺族研修会の講師という役を依頼してくださったのです(*^_^*)

というわけで、大阪・関西空港から札幌・千歳空港へ行き、そこから電車でやって来ました。
110617_0904+01_convert_20110719231243.jpg
札幌駅。

今回は市内中心部にあるホテルでの研修会で、お寺の奥さまが対象です。
110616_1145+01_convert_20110719231125.jpg

会場の様子↓
110616_1144+01_convert_20110719231042.jpg
ご本尊です。

110616_1644+01_convert_20110719231205.jpg

曹洞宗の寺族研修会にお招きいただくのは、岩手・青森・宮城に次いで4回目になります。
今回はメインとして、宮城県を訪れたときのお話をさせていただきました。
110616_1743~01
その時も、曹洞宗のお寺さんを中心に回らせていただき、和尚さん方にお世話になったので、同じ宗派の方々にはお話ししやすかったです。
もちろん、「まけない!タオル」のお話もしましたよ~
110616_1744~01

とはいえ、お寺の奥さまというのは、尼さんみたいなもの。
先輩方を前にして、かなり緊張していたのは、ここだけの話です(っていうか毎回…汗)。
じゅうぶんなことができたのかどうか。
いやいや、まだまだ勉強勉強ですね。


お招きくださった松井さん、
未熟なわたしの話に耳を傾けてくださった寺族の皆さん
本当にありがとうございました。

また行きたいです北海道!



合掌(*^人^*)







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-17 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

あとひとふんばり

宮城県まけないタオルお届けツアーから戻って3日目。
まだまだ休めない日が続いています。

今日はあと数時間後に自坊を出て、札幌へ。
寺族研修会の講師という大役を仰せつかっておりますので、これまた必死でがんばります。
その後は母校・龍谷大学で、大先輩方とともに、ある特殊講義に出させていただき、
その後はすぐ富山県へ。

これでやっとコンサート・講演は一区切りつきますが
東日本大震災支援歌「まけないタオル」のバンドレコーディングなど
気が抜けない日々は続きます。

旅の報告ブログは、来週くらいから書けると思いますので
ここをのぞいてくださる皆さん
もうちょっとだけお待ちくださいねm(__)m


まけないタオル
といえば
いくつかの新聞やテレビ番組などでも取り上げていただいたようです。
わたし自身はぜんぜん見ていなくて
どんな報道だったのかもよく知らないままだったのですが
お友達がネット上に掲載されていた記事(コチラ)を教えてくれました。

それからそれから
きのうは、ワタクシが準レギュラーコメンテーターをやらせていただいている関西の夕方のニュースバラエティ『かんさい情報ネットten!』で、まけないタオルを取り上げていただきました。
体調的には、正直言ってまだ旅の疲れが抜けず、結構ヘロヘロでしたが
皆さんにあたたかく応援していただき
ほっとしました(*^_^*)

こつこつと息長く
支援、というか
ご縁を
つなげて広げて行けたらいいなと思っています。
168_2.jpg


7月以降
新たに一般公開のライブも続々と決まっております。
休むことのない2011年
歌う尼さんは
まだまだ
走ります!






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-15 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

取り急ぎ~宮城県から帰って来ました。

本日夕刻
宮城県内「まけないタオル配布ツアー」から帰って来ました。

6日(月)から始まった旅。
初日は、まけないタオルプロジェクト代表の三部義道さんに同伴していただき、山元町にある徳本寺ご住職・早坂文明さんのお寺を訪問しました。早坂さんは、まけないタオルテーマソングの作詞者です。
兼務をなさっているお寺は、津波の被害に遭われました。
何もなくなって土台だけが残ったお寺や墓地などを拝見し、いろいろなお話をを聞かせていただきました。

翌日7日(火)は三部さんと共に石巻市に移動。
法山寺幼稚園と、昨年お世話になった洞源院さんを訪ね、コンサートとタオル配布をさせていただきました。

8日(水)は気仙沼市に移動。
昨年お世話になった少林寺さんの保育園と、避難所になっている小泉中学校、仙翁寺さん、清涼院さんの計4カ所を訪ね、コンサートとタオル配布をさせていただきました。

9日(木)は三部さんと別れ、栗原市に移動。
一昨年・昨年とお世話になった通大寺に伺い、ご住職・金田諦應さんと合流。
金田さんのお世話で、避難所になっている一迫老人福祉センター、花山老人福祉センター、国立花山青少年自然の家、栗駒伝創館、金成 延年閣の、計5カ所を回りました。
ここではタオル配布がメインで、コンサートをしたのは延年閣のみ。
でも、各地で必ず「まけないタオル」と「ふるさと」を歌いました。
また、一昨年お世話になった柳徳寺さまも訪ね、被害状況等お話を伺いました。

10日(金)は、金田さんに同伴していただき、山元町の県立山元支援学校でコンサートを。山元町災害ボランティアセンターさんのお世話になりました。
その後、地元のりんごラジオに出演。
移動して、亘理町の高音寺さん(レッツゴーわたり)を訪問しました。ここでは「まけないタオル」「翼をください」「ふるさと」を歌いました。
その後、仙台市若林区に移動。昨年お世話になった昌林寺さんがいらっしゃる避難所でコンサート。終演後はお寺も訪問させていただきました。
その後、白石市カフェミルトンさんに移動。ここで金田さんとお別れしました。
夜はミルトンの常連さんたちとお話をして、お食事して、ミニライブ。

11日(土)は山形県最上町に移動。
まけないタオルプロジェクト代表の三部義道さんのお寺(松林寺)の法要に出席し、「七夕」「まけないタオル」「ふるさと」を歌い、少しお話もさせていただきました。

そして本日12日(日)帰宅したというわけです。
松林寺さんを含めて20カ所を訪問しましたが、その中で歌った場所は15カ所。
ご恩のある人々がいらっしゃる場所を、順番に塗りつぶして行くような旅でした。
移動距離も長く、結構ハードでしたが、体調も崩さず、毎日心を込めて歌い続けることができたような気がしています。

いろんな出会いがありました。
せつない別れもありました。
うれしいこともたくさんたくさん。
かなしいことも。目にしました。聞かせていただきました。
そして
修行のようだ、と思った時間もあったけれど。

でも
とにかく
ご縁をいただいて
ほんとうによかったと思っています。
多くの人々の尊い人生に、ほんの少しだけど、触れることができたような気がしています。


きのう
松林寺さんの法要で
手を合わせたら
涙が出て来ました。

偶然の出会いの重なり合いが
わたしをここに導いてくれた。

走馬燈のように、いろんな記憶がよぎりました。
抱き合って
泣いて
語り合って
笑って
飲んで
食べて
歌って
なんて楽しかったのでしょうか。


生きててよかったね
また会えてよかったね
歌をありがとうね
またね
またね


ありがとうございました。
闇の中
光に照らされて
深いぬくもりを知りました。


復興への道のりは長く険しいと思います。
これからも
わたしにできることを続けます。

それと
この度、友愛を深めたひとびととのお付き合いを
単純に続けてゆきたいなあと思うのです。
支援うんぬんは全く関係ありません。
また行きます。
たいせつな人が住んでいる
宮城も福島も山形も。
またね
またね。


各地の詳細は
また改めてブログに書こうと思っています。

それから
留守中にいただいたお問い合わせ、書類やメールについてですが
今からとにかく急いで返信等に取り組みます。
ただ、
何しろさすがに疲労困憊
あしたもスタジオ
あさってもテレビ出演
しあさってからコンサートのため北海道への旅
などで
なかなか家にいられないので
遅れたらすみません。
がんばりますので、どうかどうかお待ち下さい。
ほんとうに申し訳ございません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。


ではでは。

168_2.jpg







こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-12 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

まけないタオルツアー~宮城県に行って来ます。

6月に入ってからの5日間は
京都、大阪、富山と
コンサート&トークをやらせていただきました。
各会場で
毎回皆さんが
とっても熱心に耳を傾けてくださって
やなせが取り組んでいる募金活動にも、多大なるご協力いただいております。
ありがとうございます!(*^_^*)

5月から続いているのコンサートルポは
11カ所分
写真はいっぱい保存してあるのですが
まだこちらのブログにアップできていません…ゴメンナサイ(-_-;)
でも
バタバタしているうちに
あしたから1週間
宮城県へ行くことになりました。


3月11日に大震災が起こってから、初めてです。

以前お世話になったひとびと
やさしくしてくれた皆さん
いっしょに笑ったひと
共に手をあわせたひと
おいしいごはんを食べて
クダラナイ話に笑って
お酒を酌み交わしたひとびと

どうしていたんだろう。
この3ヶ月間。
なにを見て
なにを思ったのだろう。


わたしは
3月11日深夜のニュースを見て
もう
あの町はなくなってしまったんだと思うと
ことばが見つからなかった。
愕然とした。
そして
もしかしたら
二度と会えないかもしれない、と思うと
泣けた。

ただ、じっとして
ただ、茫然として
なんにもできないまま時間が過ぎたけれど

不思議なご縁の中
こうしてまた
宮城を訪ねることができるなんて。
ほとけさまに
感謝。


やなせななは東日本大震災支援「まけない!タオルプロジェクト」に携わらせていただくことになり
あしかから
タオルと歌をお届けして回ります。

img121_convert_20110520095110.jpg

まけない!タオルプロジェクト代表の三部義道さんのブログにも、今回のタオル配布ツアーの話が書かれてありますので、よろしければご覧下さいね(*^_^*)
★ブログ「なあむ」大震災53~タオル配布ツアー


あー
結局眠れなかったよ。
土日のコンサートで力を使い果たして
すごく疲れたはずなのに

心がふるえている。
頭の芯が冴えている。

少し眠っても
なぜか目が覚めるので
ブログ更新してみました。


タオルツアーへの意気込みですが
うーんと
ただ
会いに行きます。
それだけなんだよなあ。
わたし
なんにもできないから。
ただ
会いに。
それ以上でも
それ以下でもない
気持ち。

それなのに
どうして
今また
涙が出るのかな。

浮かんで来るお顔が
いっぱいあって。
それが記憶の中では
みんな笑顔だから。

もうすぐ
会えるね。


そして
夜明けだ。
行って来ます。





と、いうわけなので
しばらくお問い合わせやメッセージなどに対して、もろもろのお返事ができません。
ご迷惑をお掛けいたしますが、しばらくお待ち下さいませ。
お急ぎの際には、携帯でしたら連絡が可能です。


あと、ブログも更新できません。
だから
ツイッターは時々更新します。

ツイッター
結構不評です。
わかるわかる。
わたしも以前は苦手でした。
ブログより短文だし
慣れないと読みづらいし。
でも
携帯電話からすぐ書き込めるので
更新します。
どうかご理解いただき、よかったらご覧くださいね。


ではではー(*^▽^)ノ






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-06 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

富山・善興寺「帰真慶讃法要~東日本大震災支援コンサート」

本日5日は富山県にある善興寺さまよりお招きいただき、高岡市に行って来ました。

最近よく乗っております、サンダーバードで北陸へ。
110604_2149+01_convert_20110705174804.jpg
高岡駅から善興寺さまは、車で15分弱でしょうか。

今回のご縁を頂戴した理由はは、いくつかあるのです。
まずは、善興寺の若院さんが、やなせの大学(真宗学専攻)の先輩だったこと。
そして、若院さんの妹さんが、やなせの部活(軽音楽部)の先輩だったこと。
さらに、前住職である飛鳥寛栗先生が、龍谷大学校友会から「龍谷賞」を贈られたとき、やなせは若手に送られる「龍谷奨励賞」をいただいたこと(※その時のブログはコチラ)。
飛鳥寛栗先生は、近現代の仏教音楽の膨大な資料をまとめ上げ、歴史を研究された方なのです。
ご著書↓
110705_1845~010001

そんなこんなで、お声をかけていただいたというわけでした(*^_^*)
学生時代は何も意識していませんでしたが、こうして卒業後12年も経ってつながってゆくのですから、いやいや~ご縁って不思議ですね(*^人^*)

今回は帰真慶讃法要というお寺の行事ですが、この度の地震を受けて、お勤めの後は「東日本大震災支援コンサート」となりました。
作っていただいたチラシ↓
c234682fdf7230036f2f663ccd159253_convert_20110705175617.gif

本日の会所である善興寺さま↓
110605_1022+01_convert_20110705180311.jpg

110605_1022+02_convert_20110705180337.jpg

通りから見えるところにポスターが↓
110605_1021+01_convert_20110705180248.jpg

本堂外観↓
110605_1023+01_convert_20110705180726.jpg

本日のご本尊です↓
110605_1011+01_convert_20110705180114.jpg

そして、今回の法要の主役とも言える、実如上人から授けられたというご本尊↓
110605_1011+02_convert_20110705180145.jpg
一年に一度だけ、こうして皆さまの前に姿を現すそうです。

美しい絵画が数多く飾られている善興寺さま。
中でも印象的なのは、20世紀を代表する板画(版画)家・棟方志功さんの絵です。
110605_1014+01_convert_20110705180206.jpg

善興寺さまで制作もされたそうですよ。
その時いらっしゃったお部屋がこちら↓
110605_1027+01_convert_20110705180906.jpg
なんという美しいお座敷でしょうか。このケイタイカメラで撮った写真では、全く伝わらないのが残念。
ほんとうに素敵なお部屋でした。
110605_1029+01_convert_20110705180930.jpg

もちろん棟方さんの絵もあります↓
110605_1026+01_convert_20110705180844.jpg

座敷の外は、これまた素晴らしいお庭↓
110605_1427+01_convert_20110705181004.jpg

池には大きな鯉がたくさん泳いでいました↓
110605_1025+01_convert_20110705180749.jpg

いろいろ拝見させていただき、午後からはお勤め。
その後、やなせのコンサートとなりました。
CA3F01440001_convert_20110705181130.jpg

満堂の人々↓
CA3F01430001_convert_20110705181107.jpg
熱心に耳を傾けて下さって、ありがとうございました。
まけないタオルプロジェクトにも、多大なるご協力をいただきました。


今回は、ご住職と同年代の門徒さん方と、若院さんと同年代の門徒さん、二世代の皆さんが、それぞれ役割を分担して、お寺の行事・コンサートをお手伝い下さっていたようです。
皆さんあたたかくて、もっと長い時間滞在したいなあと後ろ髪引かれる思いでした。

スタッフをして下さった方のブログも発見しましたよ↓
★南部白雲工房ブログはコチラ

そして、善興寺さまのブログはコチラ(←クリックしてね)。
写真も載っています(*^_^*)


長らく途絶えていた学生時代のご縁が、ひょんなところから復活した、今回のコンサートでした。
この再会をたいせつに、お念仏の道を共に歩むお同行として、これからもどうぞよろしくお願いいたしますm(__)m


合掌(*^人^*)








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-05 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪・願泉寺「南郡組仏婦・若婦聞法の集い~東日本大震災支援法座」

本日・4日は大阪の貝塚市にある願泉寺さまへ行って来ました。
今回は、この願泉寺さまがあるエリア・南郡組の婦人会の集いにお招きいただいたのです。
貝塚といえば、わたしの母方の祖母の実家がある町で、近隣には親戚もいます。もともと大阪の泉州地方とは浅からぬご縁があるからなのか、こうして歌いに行かせていただくこともしばしばです。

本日の会所である願泉寺さま↓
110604_1413+01_convert_20110701103650.jpg

こちらは貝塚御坊と呼ばれ、大変大きなお寺さまです。
110604_1409+01_convert_20110701103412.jpg
昔は寺内町の領主さまだったそうですよ。

この辺りは、願泉寺さまを中心とした寺町↓
110604_1411+01_convert_20110701103529.jpg
わたしの母や、母の同級生は願泉寺さまを「ぼっかんさん」と呼んで親しんでいます。
それにしても、なぜ地元の人に「ぼっかんさん」と呼ばれているのでしょうかね。
閑話休題。
平成16年から修復工事が行われていたそうですが、無事に工事が終わったようです。

通りから見た山門↓
110604_1410+01_convert_20110701103434.jpg

110604_1411+02_convert_20110701103558.jpg

太鼓楼↓
110604_1412+01_convert_20110701103622.jpg

本日のご本尊です↓
110604_1659+01_convert_20110701103938.jpg

そしてしんらんさま↓
110604_1700+02_convert_20110701104001.jpg
長い修復を終えたお内陣は、ほんとうに美しく輝いておりました(*^_^*)

この日はお勤めのあと、榮俊英先生によるご法話がありました。
110604_1415+01_convert_20110701103726.jpg
満堂の人々。

その後、やなせのコンサート。
CA3F01410001_convert_20110701104033.jpg

今回は、東日本大震災支援法座ということで、義援金を集めておられました。
また、南郡組にある正光寺さまは、東北では比較的少ない真宗寺院の中、福島県の相馬地方にお念仏の教えが広がっていたことに心を傾けておられて、支援活動を行っておられるとのことでした。
福島県飯舘村の本をいただきました↓
110701_1103~010001
やなせも2005年くらいから、しばしば福島県内で歌を歌う機会をいただきました。
応援してくださっている方も暮らしておられる街が、いくつもあります。
地震・津波の被害に加えて、原発の放射能という目に見えない脅威にさらされている福島。
一日も早い原発問題の解決と、被害を受けた地域の復興が望まれます。

今回の義援金箱↓
110604_1433+01_convert_20110701103919.jpg
たくさんの募金が集まったようでした。

やなせの「まけない!タオル」も、大勢の方がご協力くださいました。
ありがとうございました。
いよいよ来週は、タオル配布ツアー開始で、宮城県へ行きます。
関西の皆さんの想いを届けられたらいいなあ。


と、その前に。
あしたは富山県でチャリティコンサートです。
南海電車~JRを乗り継いで、いざ高岡へ!


合掌(*^人^*)








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 未分類 | 2011-06-04 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT