やなせななブログ

シンガーソングライター・やなせななのブログです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

短編映画『祭りのあと』明日クランクイン!

このブログでも書きましたが、今年は映画制作に初挑戦いたします。
わたしの初めての脚本作品 短編映画『祭りのあと』
いよいよ明日クランクインです!

脚本を書いたのは8年前で
今年の2月から映像化に向けて動き始めました。

監督は、舞台演出家・脚本家の渡辺和徳さん。
2012 - コピー (2)

そして、渡辺さんの演劇ユニット・9PROJECTの全面協力をいただき、
俳優の高野愛さんと、小川智之さんにご出演いただきます。
1496210960336 - コピー

主演は、最近ニューアルバムをリリースされたばかりの、シンガーソングライター・大塚まさじさん。
IMG_4758 - コピー

相手役を演じるのは、映像初出演の島田和香子さん。
IMG_4793 - コピー

そして、広瀬美砂さん。
広瀬さん


撮影は、昨年からお世話になっている、中西順巳社長率いる有限会社タイムリー
撮影を補佐してくれるのは、従兄で、CM製作会社に勤める株式会社キネファイブ遠藤直樹さん

会議や打ち合わせを重ね、
1500202270250.jpg

1500202288675.jpg

1500202312301.jpg

リハーサルや
1500202342009.jpg

1500202380502.jpg

1500202404210.jpg

稽古を行い
19075169_10210005735089147_1924471715_n.jpg

19073937_10210005734729138_2081697912_n.jpg

いよいよ始まる撮影
初めての経験なので、とにかくドキドキわくわくです(*^^)
酷暑ですが、がんばりますよっ!


クラウドファンディングにもエントリーしておりますが
おかげさまで、最初の目標金額は達成されました!!!!
スタッフ、キャスト一同驚きと感動でいっぱいです(*^人^)
ご支援、ほんとうにありがとうございます!!!

ですが、映像制作には大変お金がかかります。
そこで、皆さんの応援を支えに、更なる目標に向かってチャレンジを継続中です。
ここでも既に皆さまからのご支援があり、お気持ちを励みにがんばっております!

そして、クラウドファンディングをきっかけに、ひとりでも多くの人に、この作品のことを知っていただきたいと思っています。
映像制作の進み具合などは、A-portで1,000円のご支援をしていただけば、活動報告として読んでいただくことができますので
どうぞよろしくお願いいたします!!!
メイン2 - コピー


◆短編映画『祭りのあと』公式ホームページはコチラ

クラウドファンディングにも挑戦中!
◆朝日新聞社 A-port
今後ともあたたかいご支援を、よろしくお願いいたします!

nana_bag_indigo - コピー
イラスト・みよこみよこ



こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2017-07-16 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

池田弦さんを偲ぶ会

ここしばらくは北海道~東京~仙台というライブツアーで、旅に出ておりました。
戻ってすぐに学校公演があったので、相変わらずのバタバタな毎日です。
そしてこれから先の週末は、文化の秋、ということで毎週コンサート(※自主開催でないものを含む)。
有り難いことです(*^人^)
そんな、ツアーの話はまた後日。

ということで
少し前のことになりますが、今日は、
池田弦さんとのお別れに、山形県へ行ったお話など。


池田弦さんは、日本では数少ないカウンターテナーの歌手です。
わたしより7つ上の1968年生まれ。
国立音楽大学声楽科を卒業後、海外留学を経て、オペラ歌手としてデビュー。
数々のオペラに出演されるほか、NHKのドキュメンタリー番組の主題歌を唄われたり、また、数多くの合唱団を指導され、いろいろな音楽イベントをプロデュースされて来ました。

そんな弦さんとわたしの出会いは、2011年の夏でした。
東日本大震災復興支援歌「まけないタオル」(作詞:早坂文明、作曲:やなせなな)を、合唱曲として指導してくださったことが縁となり、8月21日に山形県最上町の中央公民館大ホールで開催された『東日本大震災復興・被災者支援コンサート~今、最上から東北に音の風を吹かせて』で共演したのが、最初です。
音の風コンサート最上
その時の様子は、ブログ(★コチラ)にも書いていました。

自分が作った歌が、合唱曲になったのはこれが初めての経験でした。
聞いた時は鳥肌が立ち、思わず涙が出ましたね。
特に震災直後で、まだまだ誰もが不安定な感情を抱えていた時期でしたから、この歌を唄いながら泣いている人もたくさんいらっしゃったことを覚えています。

その後も、東京、最上町(2度目)、埼玉と、合計4回の共演がありましたが、弦さんはいつも合唱団の子どもたちに囲まれていて、にこにこ元気いっぱいでした。
また、折に触れてFacebookやtwitterで、わたしにもやさしい声をかけてくださり
2014年の末に都内で講演会をした時には、お忙しい中、駆けつけてくださいました。

結局
それが弦さんと会った最後になってしまった。

今年の7月6日、弦さんは虚血性心疾患でご自宅で倒れ、そのままお亡くなりになったのです。
まだ48歳。
突然のお別れでした。
この度、弦さんとゆかりのある山形県最上町でお別れの会をするというお知らせをいただいたので、わたしも参列させていただくことになりました。
決して長いお付き合いではありませんでしたが、震災、そして支援歌を共に歌うという深いつながりに、ただただ感謝。

いっしょにコンサートをした、最上町の公民館です。
1476440895368.jpg

この日の空は、雲ひとつない青空でした。
1476440908845.jpg

アスパラガスの産地である最上町。
アスパラの美味しい時期に、最上で飲みましょうね、って言ってたのに
と、悔やまれます。
そんな話をしながら、最上の和尚さんとおそばをいただく。
1476440848738.jpg
大きくて甘いアスパラの天ぷらが、せつなかったです。


お別れ会の会場ホールに入ると、エントランスに弦さんのこれまでの功績が展示されていました。
1476441014773.jpg

1476441002593.jpg

震災以降の活動も。
1476440958186.jpg

1476440987827.jpg

弦さんに音楽を教わった子どもたちのメッセージを読むと、目頭が熱くなります。
1476440923479.jpg

公民館大ホールのステージ。
1476441028229.jpg

1476440871819.jpg

会は、弦さんの一生や功績を振り返る映像や
縁ある人の想いに触れる時間
そしてお母様のバイオリニスト・池田敏美さんを始めとする音楽の演奏、という構成でした。
泣きながら弦さんへの想いを伝える教え子の青年のことばに、会場が涙で包まれ
また、町の人々からどれほど愛されていたのか
音楽教育にどれだけ大きな功績を残していたのか
改めて知らされ、強い感銘を受けました。

そしてわたしも唄わせていただきました。
shinobukai5.jpg

shinobukai4.jpg

「まけないタオル」も、皆さんといっしょに。
shinobukai6.jpg

その後、「ビリーブ」や「千の風になって」などを会場全員で唄いましたが
「ビリーブ」を唄うと思わず嗚咽になってしまいました。
あの曲、弦さんが子どもたちの合唱団に指揮されているときに初めて聞いて
それまで知らなかったのですが、すごくいい曲だなあって感動したんですよね。
弦さんの好きな曲だったそうです。
だから、なんだか胸が詰まってしまいましたね。


2011年12月18日 東京グランドホテルで開催された「音の風」コンサートのパンフレットに書かれていた弦さんの言葉です。

==============================================================

 本日は“音の風”コンサートにご来場いただき、ありがとうございます。

 3.11大地震の後、私達は自分たちに何ができるのか考えました。
「音楽は無力なのか」「歌はどんな力を秘めているのか」「子供達に何を見せ、何を聴かせなければならないのか」。
 この夏、子供達と向かった各地で、被災された方々、私たちを迎え入れてくださった地域の皆さんとの数多い出会いがありました。
 そして、皆さんと共に歌った時間の中から、『音楽で人は通じ合える』という確かなものを感じることができました。
 あの時、私達が「東北で歌い吹かせた風」、そして今日、またここに仲間が集い「新しく吹く風」。
 一人でも多くの方に、この“音の風”を届けたい、そして共に“音の風”になりたい、と強く願い、この活動を支えてくださっている全ての方々に感謝しながら、私達はこれからもこの活動を続けたいと思います。

 音の風 代表 池田弦
音の風パンフ


帰り道すがら、まけないタオルプロジェクト代表の三部義道さんが
「弦ちゃんは、何か役割を持って生まれて来て、それを果たすために生きたんだね」
と、ぽつり。

音楽家として、人知れず、苦しみもがいていたのかもしれませんが
人前ではいつも笑顔を絶やさず、音楽を奏でる喜びと、歌の持つ力を伝え続けてくださった弦さん。
ほんとうにありがとうございました。
音の風は、わたしも含めて、弦さんを知る多くの人々のいのちの上を、今も吹き渡っています。




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2016-10-14 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

堀下さゆりさん『うたかたの日々』

先日、YAMAHA会員誌『音遊人』秋号が発刊されました。
こちらでエッセイ「やなせなな ひだまりの唄」を連載して、今年で11年目となります。
もともとは隔月のペースで刊行され、一般の書店でも販売されていた音楽雑誌でしたが、
現在では季刊、そしてYAMAHA会員様専用の会員情報誌となっています。

myujin 2016 autumn
カラーでボリュームもあり、音楽好きの方にはたまらない内容ですので
よろしければ是非ご購読くださいね。
★YAMAHA会員情報誌『音遊人』サイトはコチラ

連載49回目となる今回ご紹介したのは、福島県相馬市出身のシンガーソングライター・堀下さゆりさんです。
5年前に初めて相馬市内のスーパー・フレスコキクチでライブをご一緒して以来、大ファンになってしまいました(*^^)
エッセイでは、出会いからのことなどいろいろ書いてますので、是非読んでいただけるとうれしいです。

utakata.jpg
そんな彼女、実は今年7月にフルアルバムとしては9年ぶりとなる『うたかたの日々』(DDCZ-2098)をリリースされました。
ポップなメロディと、さゆりちゃんにしか出せないファニーボイス
そして、“あたりまえ”の毎日のいとおしさを、はっとするような視点から描き出す歌詞
もうとっても素敵なのです!

ダイジェスト版動画↓


今回の作品では
「線香花火」のような、どこかなつかしさも感じる恋の歌もかわいくて
また「手紙」のような、思わず涙がにじんでくるような、かなしくもあたたかい心情をつづった歌
どれも素敵なのですけど
やはりこちらの記事(←クリック!)に佐々木モトアキさんも取り上げられている「今日は寝てしまおう」は名曲です。
動画もぜひご覧くださいね↓


以前何度かごいっしょさせていただきましたが
さゆりちゃんの出演中、涙ぼろぼろだったことも少なくありません。
またどこかでいっしょにライブできたらいいなあ(*^▽^)



☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜☆゜+..+゜


8月24日にアルバム『夜が明けるよ』(DDCZ-2103)が発売となりました!!!
yanasenana jk - コピー
11曲+おまけ を収めたフルアルバムで
amazonなどのwebショップでお取り寄せができるほか
全国のCDショップどちらからでも、時間はかかりますが、お取り寄せは可能です!
ぜひぜひお手に取ってご覧くださいね。

アルバムの特設ページは★コチラ


発売に際して、CD発売記念ライブを各地で開催いたします。
情報はスケジュールページに随時アップしておりますので、お近くの方は、ご都合がよろしければ是非お越しください!
夜が明けるよツアー後半戦

さらに、来年2月5日(日)に、大編成でのスペシャルコンサートを大阪で開催することになりました。
★特設ページはコチラ(←クリック!)
総勢13名のミュージシャンと、『夜が明けるよ』からの曲のほか、これまでのオリジナル曲を新しいアレンジでお送りいたします。
こちらも是非是非!\(*^▽^)/
夜が明けるよスペシャルコンサート
素敵なポスターのイラストを描いてくださったのは、イラストレーターのみよこみよこさん。



こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2016-09-02 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

お話 という仕事

ご無沙汰しておりますブログ。
最近はもっぱらツイッターを利用しており…よろしければそちらもご覧くださいね。

さて、やなせななホームページの方では、ライブ情報更新いたしました。
東北の予定が多いですが、よろしければお近くの方はぜひお越しください(*^人^)
★スケジュールページはコチラ

そして、ブログでも宣伝しておりました、名古屋・中日文化センターの講座も
まだあと5回ありますので、途中からの受講も可能だそうです!
歌は基本的に唄いませんが、よろしければこちらも!

歌を唄わない講座
といえば
わたしのもとには「講演」のご依頼もけっこうあります。
歌よりもお話を、と言われると
シンガーソングライターとしては少し残念なのですが
でも
お話に対する要望が多いこともまた有り難いし勉強になるし
やるからには
歌と同じくらい一生懸命
伝えたいことを明確に
全力でがんばろう!と思うわけです。
そうなると
いつも宿題(課題)に追われる学生のようになってしまいました(-_-)

今度、ひょんなことから
能楽と仏教について
おおぜいの人の前でお話をするという仕事を引き受けることになりました。

能楽―
今から26年前の14歳の9月に習い始め
何を勘違いしたのか、夢中になりすぎてプロを目指すようになり
7年間、当時の持ちうる力をすべて注いで学んだけれど
全力疾走で息が切れるように、21歳であっさり挫折
背中を向けたまま20年近くが過ぎてしまった、ほろ苦い想い出です。

今回は、もちろん、能楽の専門的な話を期待されていたわけではなく
仏教の一般的な話を先方は所望されていて
その中で、そういえばお若い頃にお能をされてませんでしたか?ぜひそのことも盛り込んでくださいよ
という感じで話が進み
気がつくと会場は能楽堂で
テーマも「能と仏教」になっていたのでした。

これはたいへん
というわけで
押入れをひっくり返して
ずっと手にしていなかった謡本や解説書
仕舞の形附本や扇などを取り出してみると
ふたをしていたものがあふれだすように
時間はさかのぼって
いろんな感動がよみがえりました。

そして
10代の頃にはわからなかった
能が描くドラマのテーマの深さや
ことばの美しさなどに
新たな魅力を感じてわくわくしています。

なんか
また
ちょっと
ほんのちょっとだけ
習いたい
ような気持ち
って
今は時間がないのでむずかしいけど
でも
やっぱり
能っていいなあ。
しみじみ。

そんなこんなで
次回の講演が楽しみになってきました。
これは残念ながら一般公開しない講演会ですが
名古屋の定期講座でも、せっかくだから話そうかな
と思ったりしております(*^m^)v


20年前のわたし↓
nougaku 7 - コピー
大好きだった演目『清経』のツレです(*^^)




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ
にほんブログ村


| 日々の雑記 | 2015-08-12 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

東奔西走な日々。

母校の終幕式コンサート&カナダ仏教大会のご報告以来、すっかりご無沙汰になっておりましたこのブログ。
スミマセン m(__)m
蒸し暑い毎日が続いておりますね。
熱中症にも気をつけなくてはなりませんし
豪雨や台風の各地の被害も心配なところです。

わたしはというと
その後もずっとコンサート&講演会が続き、
北は宮城県から南は鹿児島まで
相変わらずの東奔西走でした。

その中でも、このブログでも告知しておりました
やなせななソロライブ「ななcafe~大阪」、無事に終了しました\(*^▽^)/
ご来場の皆さま、ありがとうございました!!!

大阪市のSoap opera classicsで、ピアニストの大山りほさんとデュオ。
1436836335839.jpg

今回はグランドピアノから、りほさんの素敵な音が奏でられ
お客さまもおかげさまで満席で
新曲も唄ったりして(*^^)v
終演後、たくさんの方々の笑顔を涙に会うことができて
ほんとうに
ほんとうに
しあわせでした。

11216711_596366890465858_6192068923708742110_n.jpg

11698601_596366927132521_399199596588242434_n.jpg
写真はSoap opera classics様のfacebookページより拝借しました(*^^)

終演後、新曲はいつCDになるのですか?
と多くの皆さんからお声をかけていただき、
それはもう、素直にうれしかったです!(*^ー^)


次のアルバムは
制作過程でなんやかんやと紆余曲折あったのですが
ようやくCD化への道が見えて来ました。
まだこれから、いろんな作業工程があり、
さらに曲制作だけでなく、周辺のことも、もろもろあるので
発売は来年かなあという感じです。
のんびりですが
どうか引き続き応援よろしくお願いします(*^人^)


ありがとうございました!
1436836374835.jpg




こちらランキングにも参加しております(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

こちら↓は、あと数日で卒業します。さらば30代!(*^▽^)ノ~~~
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-07-11 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

お別れ

つい先日、お世話になったお坊さんが突然の病で亡くなられた。
まだ50代前半という若さだった。
わたしの歌を心から好きになってくださった人で
他人の痛みを見過ごすことのできない
ほんとうにあたたかい
熱い心をお持ちの方だった。

来月、東日本大震災復興支援関連の集いでお会いする予定で
そのときに、どうしてもお礼を言わなければならないことがあったのに
言えないままになってしまった。
3年、いや正式には4年、続けてご一緒した活動
その人のいない風景を想像できなくて
今でもこみあげてくるものがある。

それなのに
にんげん(わたし)はとても愚かで

日々の暮らしの中
愚痴を言ったり
文句を言ったり
不平不満ばかり
さらには絶望までしてみたり

そんな自分が恥ずかしい。


と思っていたら
とても尊敬し
一方的に憧れていたひとりのミュージシャンが
先月亡くなっていたことを知った。
唯一無二のうたごえを持つ人で
まだ30代
一度も会ったことはなく
ほんとうに、ただうたごえが好きで
その歌には何度も救われた。
だから
まるで旧知の友人が亡くなったように
ショックが大きすぎて
泣いた。



いのちには限りがある。
いつかかならず去りゆくさだめ
それは、誰も逃れられない。

わかっているのに
わからなくなるのは
ある意味では生き物の、にんげんの、救いなのかもしれないけれど
でも
わからなくなるのは
申し訳ないと
こんなとき
思い知らされる。

限りあるいのちは
粗末にしてはいけない
もったいない

かなしみに出会うたびに痛感して

わたしには何もできないけど
生かされている限りは
できることをしなくては、と
心から思った。


00022654_72F.jpg






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-05-27 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

群馬県・恩林寺さまコンサートの写真

来月はやなせななソロライブです↓↓↓
ななcafe 大阪vol.
日時:6月26日(金) 開場/18:30 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:Soap opera classics(大阪市中央区西心斎橋1-6-8 トムズハウス4階)
料金:前売/3,000円 当日/3,500円
(※ドリンク+フード代1,100円が別途必要となりますのでご注意ください)
ご予約は…
1・やなせななホームページ お問い合わせフォームより
 「ご意見・応援メッセージ」のところに、お名前、必要枚数、チケット送付先の郵便番号、住所をご明記の上「6月26日やなせななライブ希望」と書いてお送りください。
2・電話受付はSoap opera classicsまで  電話:06-6121-6688

ポスター2
チケット好評発売中です!
皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)


つい先日、東京の株式会社イシダのJさんから
5月1日に群馬県の恩林寺さま(臨済宗)で開かれた妙音の夕べの写真をお送りいただきました。

リハーサルのときのものと、本番中の思わぬ角度からの一枚。
img001.jpg

img002.jpg
群馬県は、奈良からはけっこう遠くて
途中電車が動いていなかったり
いろいろありましたが
でも
楽しかったなあ。

びゅんびゅん通り過ぎて行くような毎日ですが
ひとつひとつのコンサートの出会い、別れ
泣いたり笑ったり
尊い瞬間の連続で今があるんだなあと
改めて感じました。






こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-05-18 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日から東北へ

このところ全国的に気候の変動が激しい毎日が続いています。
夏のように気温が上がり、毛布やらストーブやらを片付けたら
一気に冬に逆戻り。
おかげで風邪っぽいというかあちこち痛くて
体がしんどいと思考もマイナスに…(-_-)
みなさんもどうぞお気をつけて。

そんな中ですが
明日から久しぶりの東北ツアーです。
福島~宮城へ。
お近くの方は是非お越しください♪

仙台でライブ詳細です↓↓↓
ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

チケットは残席わずかとなりましたが、好評発売中です!
皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333

今回は新曲もお届けする予定ですので
どうぞお楽しみに♪


あたらしいCDのリリースは
まだちょっと先になりそうですが
準備は少しずつ進んでいます。ゆっくりゆっくり。じっくりじっくり。
方向性やメッセージはこれまでと変わらず一貫しているのですが
サウンド面は良いご縁にも恵まれて
これまでにない新しいものが出来上がる予感。
自分でもわくわく、そわそわしている感じです(*^^)

こちら↓は2009年リリースの「さくら」
撮影は京都市内です。








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-04-09 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

なんてかわいい!仙台弁こけし!

4月12日(日)仙台でライブがあります\(*^▽^*)/
詳細です↓↓↓

ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333



わたしは奈良県在住ですが、縁あって現在宮城県でライブを開催したり、ラジオ番組をやらせていただいたりしております(*^^)v
宮城県は、デビュー間もない2004年から、年に何度かライブのために訪れていた場所で
2011年3月11日の震災後は、それまでの縁もあり、毎月のように宮城県へ通うようになりました。
その中で再会や、新たな出会いが重なって
生きている今・今が「はじまり」なんだという新たな気持ち、そして願いを込めて
週の始まりの月曜日に『やなせなな はじまりの日』をスタートさせることになりました。

なんということもない、エッセイのような語りは奈良弁で
皆さんからのお手紙を読んだり
やなせななの曲やら好きな曲やら
いろいろとランダムに音楽をかけてのゆるゆる20分間
番組のおかげで
さらにさまざまな出会いが生まれて感謝しております(*^人^)

そんな中、今日は、仙台弁で話すこけしさんをご紹介しました。

わたしが“仙台弁こけし”さんを知ったのは、ツイッターです。
偶然、どなたかがリツイートしているのを見て、あまりにもかわいい、表情豊かなこけしのイラストに目が止まりました。
さらに、そのこけし、すごくなまっているのです(*^▽^)
仙台弁は、奈良県民にはわからない部分もありますが、語感がとてもかわいくて、ほっこりしました。
そして番組でご紹介したいとお願いしたところ、テーマソング「はじまりの日~あいのうた」の四コマ漫画を描いてくださったのでした。
コチラです↓↓↓
あだりめの日々_4コママンガ

作者は、宮城県在住のイラストレーター・jugo(ジュゴ)さん。
震災を機に、当時住んでいた東京から地元宮城へ戻り、田舎にあるご主人の実家で、ご家族8人でわいわいにぎやかに暮らしておられるとのこと。

そもそも仙台弁こけしを描き始めたきっかけは、
LINEスタンプを作ってみたいという興味からスタートし、
どんなスタンプを作ろうかと思ったときに、
家族の日常会話で使う訛りが面白いと感じていたこと、
また、こけしが好きで、東北の伝統工芸を応援したい
という気持ちがあって、仙台弁こけしが生まれたのだそうです。
仙台弁の面白さやあたたかさを伝えていきたいという、jugoさんの願いがこもっているとお聞きしました。

ちなみに、仙台弁こけしのLINEスタンプも大好評発売中です(40種類1セットで100円)

◎仙台弁こけしホームページはコチラ


番組テーマソング「はじまりの日~あいのうた」のライブ動画です↓↓


こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-03-23 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

タヌキが出た!

こちらのブログでもお伝えしておりますが
4月に仙台でのライブがあります\(*^▽^*)/
詳細です↓↓↓

ななcafe vol.4~あの日の花が咲くころ
日時:4月12日(日) 開場/19:00 開演/19:30 終演予定/20:45
会場:カフェモーツァルトアトリエ(仙台市青葉区米ケ袋1-1-13 B1階)
料金:3,800円(税込、ドリンク代別)
発売:ローソンチケット 0570-084-002 Lコード/21690
※ローソン店頭での購入方法は、前回のブログ(コチラ)をご参考になさってくださいね!

皆さまのお越しをお待ちしております(*^人^)
この公演に関するお問い合わせ:電話/090-8612-8685
会場に関するお問い合わせ:カフェモーツァルト・アトリエ:電話/022-266-5333


おしゃれなカフェでのライブ告知をしていますが
わたしが住んでいるのは、そういうものとは縁遠い奈良県の田舎町です。
うしろは小山、前は田畑という環境。
kyouonnji.jpg

つい先日、うちのお寺で法要があり
つつがなく終了してほっと一息ついたころ
天井からものすごい足音がしました。

ドスドスドスドタドタ
ガリガリドスンドスン

我が家もネズミには長年悩まされてきましたが
明らかにネズミではない音です。
もっと大きな
うちのネコほどはあるだろう、という感じの「なにか」。
でも、まあいいかな、と無視していましたが、
あまりにも大きな音でドタドタガリガリ
しまいには天井か壁をぶち破って出てくるんじゃないか、というくらいになり
きわめつけは

チャ~ジョロジョロジョロ~

と水音まで
まさか何者かが天井で小便をしているのでは…と恐ろしくなったので
出入りに大工さんに見ていただきました。

天井にしみ
屋根裏に枯葉を集めたような痕跡
イタチでしょうね、もしくは大きなネズミという可能性も捨てきれません
という答えをいただき
そうか、と納得しつつ
ネズミかもと言われるとなぜか安心してしまって
さてどうしたものかなあと
わりとのんびり考えていたところ
事態は急変しました。

夜中に家の小さな中庭(※ほぼ家の中のような場所)に
タヌキが出たのです。
威嚇しているからなのか、冬の終わりだからなのか
ふっくらして、毛がふさふさのタヌキ。
このあたりの道端で、全く見かけないということはありませんでしたが
こんな至近距離で会ったのは初めてです。

ネット上にあったタヌキの写真を拝借↓
thumb5.jpg

ガラス越しでしたが
我が家のネコがじーっと見ていました。
うう~と唸ることもせず、茫然と。怖かったのでしょうね。

タヌキはそんなわたしとぎんじろう・こゆき(ネコ)を見て
すっくと立ち上がりました。
二本足で立つタヌキ
しっぽも太く
そりゃあ怖いです。

こんな感じ↓
1425541728064.jpg

その後、ガルルルとも聞こえる声を残し、床下へと消えたタヌキさん。
床下か、天井か、壁か
どこかわかりませんが
まあ、近くに今もいると思います。
ときどき
誰もいない方向からトコトコガサガサと音がするし。
ああどうしたものか。

そして、ふと思いました。
日本の昔話には、頻繁にタヌキが出てくるなあと。
ただしこの場合の「狸」は
ハクビシンやテン、イタチ、アナグマ…いろんなタヌキっぽい動物を、ぜんぶ「狸」と呼んでいたようなのですが…
里にもよく下りてきて
家の天井や床下に共存し
あいているお寺があれば住まいし
人間が近づくと怖がって二本足で立つ
その姿が、昔むかしの暗闇の中で見ると、人間に化けているように見えたのかもしれません。
信楽焼のタヌキさんも、そういう姿をヒントに作られたのかもしれませんし
ムジナ入道 なんていうお話もありましたよね(笑)

人間の身近にいる動物、タヌキ。
改めていろいろ考えさせられます…(ー_ー)








こんなところにも参加してみました(*^▽^*)
ポチっとクリックしていただけると、うれしいです。
↓↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ シンガーソングライターへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村

| 日々の雑記 | 2015-03-05 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT